横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市鶴見区馬場で築20年目にて初めての屋根と外壁メンテナンス、その事前調査

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市鶴見区馬場で築20年目にて初めての屋根と外壁メンテナンス、その事前調査

    更新日:2019年4月20日

    本日は横浜市鶴見区馬場A様宅にて行いました、屋根外壁の点検調査の様子をお伝えいたします。A様宅は築20年程の建物で今回が初めてのメンテナンスになるとのことです。現在は雨漏りなどの不具合はないようですが、屋根・外壁ともに汚れが目立つようになってきたのをきっかけに、塗装によるメンテナンスをお考えとのことです。早速屋根の調査から行います。

    「屋根の様子」

    屋根の様子 棟板金の釘浮き

    現在雨漏りなどの不具合はないとのことですが、20年間メンテナンスを行っていないとなると、屋根表面だけではなく、下地や天井裏の様子も気にいなります。ご覧の通り、屋根材表面は色褪せ、コケや花粉などの付着物が拡がっております。撥水効果も無いので屋根材が雨水を吸い込み、ひびや割れのリスクが高まっております。また、棟板金の浮きや釘浮きも見受けられます。こちらは下地(貫板)の劣化が窺えます。このままですと強風時に飛散する恐れがございます。屋根に関しては棟板金の交換や防水紙を新たにする屋根カバー工法を含め、いくつかのプランのご提案をいたしたいと思います。

    「外壁の様子」

    外壁材のひび コケの繁殖

    外壁につきましても至る所での汚れや黒ずみが見受けられます。特にサイディングボードの目地やサッシ廻りに打たれているコーキングの劣化には注意が必要です。コーキングの劣化を放っておくと、そこから雨水が浸入し、ボード自体の浮きにつながります。浮いたボードは元には戻らず、ひびや割れにつながり、しまいには外れてしまう恐れが生じます。勿論、雨漏りの原因にもつながります。不具合が生じてからでは余計にコストがかかり、建物の寿命も縮めてしまいます。

    A様宅

    外壁につきましてはひびや割れの補修を行い、コーキングの打ち換えが必須です。高圧洗浄でこびりついた汚れを落とした後に塗装を行うのが良いでしょう。ここでしっかりとメンテナンスを行うことにより、この先も末永く安心して過ごしていただけます。メンテナンスは不具合が起こる前に行うのが大切です。街の外壁塗装やさんでは、点検調査は無料です。お気軽にご相談ください。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2019-09-18 16:31:06 大井町金子にて外壁塗装の調査、築30年が経過し破風や戸袋など木部の塗膜が剥離してきています

      IMG_8524

      ...続きを読む

      2019-09-17 16:30:02 中井町北田にて外壁メンテナンス調査、台風の影響で外壁にひび割れが発生!雨樋も破損していました

      IMG_8524

      ...続きを読む

      2019-09-15 08:51:53 横浜市青葉区大場町にて汚れ目立つ外壁は高圧洗浄後に低汚染塗料で外壁塗装

      IMG_8524

      本日は横浜市青葉区大場町A様宅にて行いました、外壁調査の様子をお伝えいたします。A様宅では外壁の汚れやコケの拡がりが目立つようになり、今回、メンテナンスにあたるにつれてのご相談をいただきました。 A様宅、外壁の様子 築は18年ほど、気になる汚れに関してはご自身で洗浄などを行っていたそうですが、年々手に負えないくらいに...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る