横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 伊勢原市田中でスレート屋根塗装の事前調査、縁切り不足で雨漏りする可能性あり

    新型コロナウイルス対策に関して

    新型コロナウイルス対策に関して

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    伊勢原市田中でスレート屋根塗装の事前調査、縁切り不足で雨漏りする可能性あり

    更新日:2019年11月12日

    本日は伊勢原市田中で屋根塗装をご検討されているお客様邸の点検を行いました。屋根塗装のお見積りと台風15号と台風19号で被害を受けているのなら、その部分も直したいということです。伊勢原市は建物被害はあまりなかったようですが、近隣の県があれだけ被害を受けているとなると、やはり不安になりますよね。

     

    スレート屋根、全景

    お客様のお家はスレート屋根でした。スレート屋根は瓦屋根とは違い、屋根塗装によるメンテナンスが必要になります。比較的、大きな屋根のお家で以前の屋根塗装からかなりの年月が経過しているらしく、褪色や変色が見られます。

     

    雨水の流れが多い部分はやはり傷みが早い

    苔で汚れている屋根 汚れがひどい谷板金周辺

    スレート屋根を観察してみますと、やはり雨水の流れが多い部分だったり、滞留しやすいの部分の塗膜の傷みが大きいことが分かります。雨水の流れる量が多くなる軒先のスレート、雨水が多く流れ込んでくる谷板金周辺の変色が多いことが分かります。

     

    縁切り不足の屋根

    汚れが軒先に集中 縁切り不足

    軒先に苔が生えいます。このまま放置しますと、やがては屋根全面に拡がっていくでしょう。それよりも危険なのが縁切り不足です。スレート屋根は屋根材の重なり部分に適切な隙間を必要とします。屋根材の下に入った雨水やその蒸気を逃がすためです。通常はタスペーサーというポリカーボネイト製の製品を挿入して隙間を確保しますが、こちらの屋根にはそれがありませんし、スクイーパーの入る隙間もありません。このままだと雨漏りに繋がりますので、早急に改善が必要です。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る

      質問してね!

      私は街の屋根やさんの人工知能、AIコンシェルジュ!
      何を知りたい?

      9:03

      質問してね!