横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 川崎市麻生区向原にてお住まいの点検調査、クラックが発生しやすいモルタルは定期的に.....

    工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
    新型コロナウィルス対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    川崎市麻生区向原にてお住まいの点検調査、クラックが発生しやすいモルタルは定期的に塗装をしてクラックも補修しましょう

    更新日:2021年2月9日

     川崎市麻生区向原にお住まいのS様より、お見積もり作成のご依頼をいただきました。お住まいの状態を確認させていただくため、現地調査に伺いました。調査の様子をご紹介いたします。
     街の外壁塗装やさんでは引き続き新型コロナウイルス対策を徹底して、お客様にご安心いただけるよう点検調査や工事を行なってまいります。
    S様邸

    定期的な塗り替えをしてモルタルのクラックも補修しましょう

    外壁の苔クラック
     まずはモルタル外壁の調査の様子です。モルタルはセメントや砂に水を混ぜて作られている外壁材で、サイディングとは違い職人さんが手作業で仕上げるのが特徴です。手作業なためデザインが豊富なのが魅力なのですが、表面が凸凹しているために汚れが溜まりやすいというデメリットもあります。汚れがたまるとそれを餌に苔やカビが発生してしまいます。新築時や塗り替え後は、塗料が防水効果を発揮してるのですが、経年で塗料が劣化すると防水しきれなくなりモルタルが雨を吸収してしまうことも苔が発生する原因です。また、モルタルにはクラックが発生しやすいです。S様邸のような小さなクラックであれば、今すぐに外壁が崩れるなどの危険はありませんが放置してしまうと大きなクラックになる可能性がありますので、10年を目安に塗り替えと同時にクラックの補修も行いましょう。

    パミールは塗装ではメンテナンスできません

    パミールバルコニーの床
     左の写真は屋根の様子です。S様邸は「パミール」という屋根材を使用しています。パミールは、1996年〜2008年に販売された屋根材なのですが、写真のようにミルフィーユ状に剥離してしまうのが特徴です。最悪の場合、屋根材が落下してしまうこともあります。この状態では塗装だけでは補修ができないので、屋根カバー工事葺き替え工事となります。
     右の写真はバルコニーの床の状態です。ベランダやバルコニーの床には防水層が形成されており、その上にトップコートを塗って防水層を保護しています。しかし紫外線や歩行の衝撃によってトップコートは劣化してしまいますので、屋根や外壁のようにトップコートの塗り替えを行う必要があります。放置してしまうと防水層が傷つき、雨漏りの原因になります。

     以上をS様へご報告し、外壁塗装と屋根カバー工事、バルコニーのトップコート塗り替えをご提案させていただきました。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の外壁塗装やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-06-23
      川崎市中原区宮内で無機塗料のスーパーセランフレックスで外壁塗装工事

         川崎市中原区宮内で外壁塗装工事をおこなっております。  先日屋根のカバー工事が終わり、外壁塗装工事に取り掛かりました。今回お客様の御希望は『耐久性の高い塗料』という事で、一番耐久性が高い無機塗料をご提案しました。  無機塗料は...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-06-22
      横浜市南区永田南で窯業系サイディングの点検、合わせ目に塗られた塗膜がひび割れておりました

         近年の住宅外壁材として多く使用されている窯業系サイディング。そのままの状態では傷んできてしまうため、築10年以降は定期的に塗装でのメンテナンスを行っていかないとより長持ちすることが難しくなります。横浜市南区永田南にお住いになられているU様...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-06-20
      築10年の横浜市港北区小机町のお住まいのサイディング外壁では、細かいクラックが発生しており、シーリング材も劣化が進んでおりました

       横浜市港北区小机町にお住まいのY様より、築10年が経過したお住まいの外壁塗装をご検討中とのお問い合わせをいただき、現地調査にお伺い致しました。  Y様のお住まいの外壁には窯業系サイディングが使用されておりました。一見すると綺麗な白い外壁には問題...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る
      お問い合わせ