横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市瀬谷区阿久和西のお住まいでは屋根塗装を行った際の縁切り、タスペーサーの設置.....

    工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
    新型コロナウィルス対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市瀬谷区阿久和西のお住まいでは屋根塗装を行った際の縁切り、タスペーサーの設置が不十分でした

    更新日:2021年4月9日

     今回は3年ほど前に近所の工務店に依頼をして屋根の塗装を行ったという、横浜市瀬谷区阿久和西のお住まいでの点検、調査の様子を紹介いたします。

     

    一度塗装メンテナンスを行った屋根

     

     塗装塗装メンテナンスを行って約3年ということで、屋根にはツヤがあり綺麗な印象を受けました。

     

    屋根材同士の間には隙間が必要

     

    屋根材同士には隙間が設けられています 隙間が塞がっています

     

     屋根の調査を進めていきます。左上の写真のように、本来は屋根材が重なり合う箇所には隙間が空いています。隙間が空いていると水が入り込み雨漏りしてしまうと思われがちですが、スレート屋根は屋根材の下に雨水が入り込んでも問題のないように作られています。屋根材の下に入り込んだ水が下へ下へと流れ落ちる構造になっているため、右上の写真のように適切な隙間が設けられていないと、雨水が屋根材の下に滞留してしまいます。お住まいの内部ではまだ雨漏りは確認していないとのことでしたが、雨水の滞留は雨漏りの大きな原因にもなりますので注意が必要です。

     

    縁切り、タスペーサーの設置も適切に

     

    タスペーサーが適切に設置されていません 塗膜が浮き上がっています

     

     屋根の塗装時にその適切な隙間を設けるためには縁切りやタスペーサーの差し込みといった作業を行います。左上の写真ではタスペーサーが差し込まれていますが、設置する位置が適切ではありません。屋根材同士がぶつかり合う箇所は屋根材の下に入り込んだ水の通り道になりますので、ここにタスペーサーを差し込んでしまうと雨水が滞留しやすくなります。右上の写真では屋根材の下で滞留した水分が逃げ場を失い、塗膜を押し上げてしまっています。ここから塗装が剝がれることで、また屋根材が水分を吸収しやすくもなります。

     お住まいの屋根塗装を行う際には、縁切りやタスペーサーの設置が確実に行われることを確認することが大切です。この僅かな隙間を設ける作業が抜けていると雨漏りの危険性が非常に高くなります。

     

     私達、街の外壁塗装やさんでは、点検と調査をしっかりと行い、適切なご提案と工事を行います。お住まいの屋根のことでお困りのことがございましたら、なんでもお気軽にお問い合わせください。なお、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、調査、点検、工事は安心してお任せください。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の外壁塗装やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-06-24
      横浜市緑区白山にて、ファインパーフェクトベストでスレート屋根の塗装を行いました

       横浜市緑区白山のN様邸でスレート屋根の塗装メンテナンスを行いました。お住まいは1年を通して紫外線や雨によるダメージを受けています。定期的に塗装をしてお住まいを長持ちさせましょう。街の外壁塗装やさんでは新型コロナウイルス対策を徹底しております。 高圧洗浄...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-06-21
      川崎市幸区遠藤町にて、築10年のスレート屋根にメンテナンスをご検討中のお住まいの調査を行い、屋根塗装によるメンテナンスをご提案

       川崎市幸区にお住まいのS様は、お住まいが築10年が経過したことで、屋根のメンテナンスをお考えになっていると街の外壁塗装やさんにお問い合わせを下さいました。S様のお住まいの屋根材にはスレート材が使用されておりました。スレート屋根は基本的に約10年に一度...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-06-21
      横浜市港北区新吉田町にて築10年経過したスレート屋根、苔やカビの付着や棟板金の劣化が窺えたために屋根塗装でメンテナンスをしましょう

       横浜市港北区新吉田町にお住まいのH様より、そろそろ築10年になり屋根塗装を検討していると私たち、街の外壁塗装やさんへお問合せを頂きました。  外壁は普段から見ていてまだそこまで、といった感じだが屋根だけは素人では見られないのでという事でのお問合せでした...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る
      お問い合わせ