横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 金属サイディングの外壁の一番の敵はサビ!原因に繋がるものとは?

    金属サイディングの外壁の一番の敵はサビ!原因に繋がるものとは?

    更新日:2019年12月23日

    皆様がお住まいになられているお家の外壁はどのような外壁でしょうか。
    あまり気にされたことのない方もいらっしゃるかと思います。そんな方は是非一度、お家の外壁を見てみてください。
    外壁の種類はいくつか存在し、主に「モルタル」「窯業系サイディング」「金属サイディング」の3種類に分けられます。
    外壁の種類によって外観等の特徴も変わりますし、また、外壁の種類によってクラック(ひび割れ)が発生しやすかったり、苔や藻、カビ等が発生しやすかったり・・・気を付けるべき点がいくつかあります。
    では、『金属サイディング』の外壁の方は一体何に気を付けるべきなのでしょうか?
    今回は、金属サイディングの一番の敵とは何なのか、ご説明させていただきます。
    金属サイディングのお住まい
    金属サイディングの家

    まずはじめに 金属サイディングとは

    お家の外壁といっても、パッと見て種類がすぐわかる方もなかなかいらっしゃらないかと思います。
    まずはじめに、金属サイディングの外壁の特徴をご説明いたします。
    金属サイディングと聞くと、金属でできている外壁なのかな?とイメージする方も多いと思いますが、その通りです。
    金属サイディングとは、ステンレス、アルミ、ガルバリウム鋼板等の金属から作られた外壁材のことです。
    ステンレスとアルミは高価なので、一般的にはガルバリウム鋼板から作られたものが多く普及しています。
    最近ではレンガ調等にインクジェット塗装されたものもあり、金属サイディングも窯業系サイディングに負けないくらいデザインの多様性があります。
    サビ
    サビている外壁

    金属サイディングの外壁の一番の敵とは

    金属サイディングの外壁は、金属から作られた外壁材であるということはわかりました。
    では、金属サイディングの外壁の一番の敵とは何でしょうか。
    皆様は、金属製の物が劣化したり古くなったとき、どのような状態を想像しますか?想像してみてください。
    ・・・そう、サビです。金属サイディングの一番の敵は、『サビ』です。
    モルタルと窯業系サイディングは、塗膜が傷むと雨水が外壁材に染み込みやすいですが、金属サイディングは雨水が外壁に染み込みません。その代わり、金属サイディングは水に触れるとサビやすくなるのです。
    つまり、金属サイディングの外壁はサビさせないように気を付けなければなりません。
    では、サビが発生する原因は何でしょうか。
    チョーキング(白亜化)現象
    傷がついている外壁

    金属サイディングの外壁のサビの原因に繋がるもの

    金属サイディングの一番の敵はサビで、また、サビの原因にはいくつかあるかと思いますが、"水分"もサビの原因の一つです。金属サイディングの外壁が、下記のような状態になっている場合は要注意です。

    ・苔や藻、カビが発生している
    ⇒モルタルや窯業系サイディングよりは発生しにくいですが、条件次第では発生します。発生すると水分を滞留し、サビの原因に繋がります。
    ・ボード間のコーキング(シーリング)の劣化
    ⇒防水性を弱め、サビの原因に繋がります。
    ・塗料の劣化 チョーキング(白亜化)現象が見受けられた場合等
    ⇒チョーキング(白亜化)現象は塗料の劣化のサインです。塗料が劣化すると防水性能が弱まります。
    ・塗膜が剥げ、表面に傷がついている
    ⇒サビが進行しやすくなり大幅に寿命を縮めます。

    金属サイディングのお家にお住まいの方は、一度外壁の状態をチェックし、サビの発生を防いであげることが大切です。
    サビは外壁が劣化してきた証拠です。もしサビが発生した場合は、一度点検を依頼することをお勧めします。
    その他サビ以外にも何かご不安なことや心配なことがございましたら、街の外壁塗装やさんにお気軽に何でもご相談ください。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る