横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 寿命を迎えたサイディングの外壁、張り替え工事のご検討をお勧めします

    寿命を迎えたサイディングの外壁、張り替え工事のご検討をお勧めします

    更新日:2020年2月27日

    皆様は外壁材にも寿命があることはご存知ですか?
    「外壁が劣化したら外壁塗装を行えば解決するのでは?」と思う方もいらっしゃるかと思います。
    しかし既に寿命を迎えた外壁は塗装工事だけでは数年程度しかもちません。
    では、寿命を迎えた外壁の場合、どのような工事を行えば良いのでしょうか?
    張り替え工事

    外壁材の寿命は約30年といわれています

    一般的に幅広く使用されている外壁材の窯業系サイディングは、新築から10年おきに外壁塗装を行い、外観の美しさと機能性を保ちます。
    しかし永遠に塗装工事を繰り返せば良いのではなく、外壁材にもいずれは寿命がやってきます。
    窯業系サイディングの寿命は『約30年』といわれています。
    寿命を迎えた外壁には、『張り替え工事』または『カバー工事』が必要になるのです。
    寿命を迎えたサイディング
    サイディング内部の腐食

    外壁張り替え工事のメリット・デメリット

    張り替え工事とは、現在の外壁を解体、撤去し新しい外壁に張り替える工事です。
    新しい外壁に張り替えるため、新築のような美しい外観になるのはもちろん、張り替えることにより内部の下地なども一緒にメンテナンスを行うことができるため、安心して長く住むことができます。
    また、張り替える外壁材を今までの外壁材とは違う素材のものを選ぶことで、お家の外観の印象を変えられることもメリットのひとつです。
    しかし、構造上、張り替えられない外壁(モルタルやコンクリート)もあったり、大規模工事となるため工期も長く、費用もかかってしまうことはデメリットです。
    張り替え工事作業
    サイディング張り替え
    サイディングが複数箇所変形していたり、外壁材の劣化がひどい場合は、外壁内部の素材が傷んでしまっている可能性もあり、外壁材が寿命を迎えていると考えた方が良いでしょう。劣化しているのが一部分であっても、場合によっては他の部位も寿命を迎えている可能性もあります。
    「そろそろ寿命かな?」と少しでも感じた場合は、外壁の張り替え工事、またはカバー工事のご検討を始めることをお勧めします。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る