横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 相模原市中央区田名で前回の屋根塗装から6年経過したアーバニーを再塗装

    相模原市中央区の施工事例

    相模原市中央区田名で前回の屋根塗装から6年経過したアーバニーを再塗装

    【施工前】
    屋根塗装前のアーバニー

    【施工後】
    屋根塗装で綺麗になったアーバニー

    【お問い合わせのきっかけ】
    約6年前に屋根塗装を行ったという相模原市中央区田名のお客様です。6年程度しか経過していないのに、かなり傷みが出てきているように思え、再塗装が必要とお考えになり、ご相談くださいました。スレート屋根を塗装した場合、一般的な耐用年数は8年~12年と言われています。この8年~12年は絶対に傷みが出ないというわけではありません。徐々に傷んでくるのです。点検の結果、確かにお客様の屋根は色褪せが激しく、すぐとは言わないまでも近いうちに塗装した方がいい状態でした。今回はアーバニーの屋根塗装とバルコニー床面のトップコート塗布を行いました。

    【工事内容】
    屋根塗装 防水工事
    【工事詳細】
    使用材料
    サーモアイ4F
    施工期間
    5日間
    築年数
    築17年
    平米数
    205.7㎡(屋根部分)
    施工金額
    詳しくはお尋ねください
    お施主様
    S様邸
    保証
    10年
    ハウスメーカー
    お近くの工務店
    屋根塗装防水工事
    色褪せたアーバニー
    元々はもっと濃い色だった
    お客様の屋根はスレートでその中でも高級感があるアーバニーという製品で葺かれていました。画像のようにアーバニーはランダムに葺いたように見える屋根材で、高級感のある屋根材です。ただ、縦方向に刻まれたスリットのせいで割れやすいという性質を持っています。お客様の屋根は割れているところはないので色褪せているとは感じられるものの、健全な状態です。
    下屋の様子
    小さな屋上
    下屋(1階部分の屋根)はかなり色濃く見えますが、これは苔などの汚れがついているせいで黒くなっているからです。お客様のお家はとても珍しい造りで、2階の屋根の上にバルコニーが設けられていました。どちらかというと、こちらのバルコニーの床面のトップコートが劣化しており、屋根よりも優先した方がいいような状態でした。
    サーモアイシーラーで下塗り
    クール赤錆
    お客様は高耐久の塗料を使用し、長持ちさせたいということで、今回はフッ素塗料のサーモアイ4Fで屋根塗装することになりました。期待耐用年数は12~15年といったところです。高圧洗浄後、サーモアイ専用の下塗り剤、サーモアイシーラーで下塗りをしていきます。下塗りが乾きましたら、いよいよサーモアイ4Fの出番です。
    サーモアイ4F
    縁切り
    今回は赤錆色を選びました。実をいうと塗料は同じ色を選んでも、ロット(生産単位)によって色が微妙に異なることがあるそうです。塗料メーカーではそのため、できるだけまとめて発注することを推奨しています。

    スレート屋根の場合、屋根内部に入ってしまった雨水や湿気を排出するため、スレートとスレートの重なり部分に適切な隙間を設ける必要があります。普通はタスペーサーという樹脂製の小片をスレートとスレートの重なり部分に挿入し、隙間を確保するのですが、アーバニーは特殊な形状なので、それが不可能です。かわすきを手作業で差し込み、隙間を確保していきます。
    水切り金具を塗装
    仕上げの上塗り
    屋根でも、外壁でも、塗装は通常、3回の工程で仕上げていきます。シーラーなどで下塗り、仕上げ用塗料で中塗り、仕上げ用塗料で上塗りの計3回です。塗り残しなどがないかをチェックし、問題がないようでしたら、屋根塗装は完了です。
    屋根塗装、完了
    サーモアイ4Fによる尾根塗装が完了しました。遮熱塗料のサーモアイで塗りましたので、夏場は室温が上がりにくく、快適に過ごせるでしょう。エアコンなどの稼働率も下げられるので光熱費の削減にもなります。
    バルコニー床をアセトン拭き
    トップコート塗布
    屋根よりも深刻だったのは屋上のバルコニーでした。表面のトップコートに細かいひびがはいっていたので、放置しておくと防水層が傷むことになります。こちらにはトップコートを行い、防水層に雨水が直接触れることを塞ぎます。
    バルコニーのトップコート完了
    バルコニーなどの防水層は紫外線に弱いものも多く、それを防いでいるのがトップコートになります。トップコートを定期的に塗布してあげれば、寿命を延ばすこともできるのです。こちらも忘れずに行いたいメンテナンスです。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2019-11-12 20:06:52 伊勢原市田中でスレート屋根塗装の事前調査、縁切り不足で雨漏りする可能性あり

      IMG_8524

      本日は伊勢原市田中で屋根塗装をご検討されているお客様邸の点検を行いました。屋根塗装のお見積りと台風15号と台風19号で被害を受けているのなら、その部分も直したいということです。伊勢原市は建物被害はあまりなかったようですが、近隣の県があれだけ被害を受けているとなると、やはり不安になりますよね。   お...続きを読む

      2019-11-11 20:08:06 秦野市平沢で窯業系サイディングにカタツムリの食痕を発見、外壁が食べられている!?

      IMG_8524

      秦野市平沢のお客様から「1階の陸屋根の防水工事のお見積りをお願いしたい」とのご依頼を受け、その調査にお伺いしました。あまり見たことのないタイプのお家で、2階は普通の屋根の寄棟屋根なのですが、1階は全て陸屋根です。   そろそろ防水工事が必要な陸屋根 陸屋根はパラペット(棟壁)が低く、柵などを設けなけ...続きを読む

      2019-11-07 23:07:18 松田町神山で屋根塗装と外壁塗装の事前点検、セメント瓦の屋根は塗装か葺き替えか

      IMG_8524

      築25年以上になるという松田町神山の戸建て住宅です。こちらにお住まいのお客様から「外壁塗装をしてほしい」とのご依頼を受け、今回はその事前点検にお伺いしております。これまで外壁塗装は十数年前に行ったそうです。 赤みが入った明るめのベージュというせいもあるのでしょうが、遠目から見ると前回の外壁塗装から十数年経過している...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る