横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 横須賀市平作でラジカル塗料のファインパーフェクトベストでスレート屋根塗装

    横須賀市の施工事例

    横須賀市平作でラジカル塗料のファインパーフェクトベストでスレート屋根塗装

    【施工前】
    塗装前のスレート屋根

    【施工後】
    塗装後のスレート屋根

    【お問い合わせのきっかけ】
    「台風の影響で屋根の一部が剥がれてきた。その欠片を見たら、かなり色褪せていたので、直してから屋根塗装してほしい。」と横須賀市平作のお客様からご相談をいただきました。2019年の台風15号と19号は凄まじく、東海・関東・東北と被災した方がたくさんおられます。お客様の屋根はスレート屋根でした。点検したところ、確かに色褪せて苔や藻が生えているものの、屋根材が2箇所欠けていました。スレート屋根は重なっている部分が多く、上の屋根材がある程度、掛けても、その下にスレートがあるため、それが雨漏りに繋がるケースは少ないのです。この程度ならば、問題ないでしょう。ただし、割れた断面は雨水を吸収しやすいので塗装で保護する必要があります。今回はスレート屋根に塗装を行います。

    【工事内容】
    屋根塗装
    【工事詳細】
    使用材料
    ファインパーフェクトベスト
    施工期間
    6日間
    築年数
    13年
    平米数
    122.5㎡(屋根部分)
    施工金額
    詳しくはお尋ねください
    お施主様
    W様邸
    保証
    8年
    ハウスメーカー
    積水ハウス
    足場アイコン台風アイコン屋根塗装

    点検の様子~スレートが欠けて色褪せた屋根

    藻や苔が生えたスレート屋根 棟板金はしっかりしている

    屋根の一部が欠けて落ちてきたというお客様のスレート屋根です。棟の近くのスレートがの端が欠け、その下に重ねられているスレートが見えています。下のスレートが黒いことからも分かるように、欠けてから時間が経過していないようです。

     

    換気棟の通風孔の周辺が変色 換気棟

    屋根は藻や苔が生えていますが、スレート材自体はしっかりしています。換気棟の通風孔周辺が変色していることが、しっかりと機能していることを示しています。まだメンテナンスをしたことがないという話ですが、棟板金もしっかりしています。新築時によい施工がされたようです。

     

    施工の様子~ラジカル塗料でスレート屋根塗装

    足場の仮設 高圧洗浄

    高いところの工事には必須の足場を仮設して早速、工事を進めていきます。まずは高圧洗浄からです。最大で150kpaの水圧をかけられる上に水流に回転まで掛けられるエンジン式の高圧洗浄で洗っていきます。画像でも水流に回転がかかっていることが確認できると思います。

     

    下塗りにシーラー塗布 下塗り完了

    高圧洗浄後は入念な乾燥が必要です。スレート屋根は屋根材と屋根材の重なっている部分が多く、その間に入り込んだ水がなかなか乾かないのです。屋根材と屋根材の重なり部分の感想を確認してから下塗りを行っていきます。この下塗り材はシーラーと呼ばれるもので、仕上げ塗りの塗料を密着させるはたらきがあります。

     

    タスペーサー設置 タスペーサーは屋根材と屋根材の間に挟みます

    下塗りが終了しましたら、スレートの重なり部分に屋根材の下に入った雨水や内部の湿気を逃すための隙間を作ります。タスペーサーと呼ばれるポリカートボネイトの樹脂片を挟み込むことによって隙間を確保します。画像では撮影のために挟み込む途中になっていますが、完全に差し込むとほとんどが隠れてしまうため、目立たなくなります。

     

    ファインパーフェクトベスト 屋根塗装中塗り工程

    ラジカル制御形塗料「ファインパーフェクトベスト」で仕上げ塗りの1回目、屋根塗装の中塗りを行います。塗膜が劣化していくに紫外線が当たるとラジカルと呼ばれる強烈なアルカリ分が発生するからです。そのラジカルをできるだけ発生させないように制御しているのがファインパーフェクトベストです。同じ値段の塗料ならば、他の物よりも耐用年数が長いのが特徴です。

     

    塗った部分と塗ってない部分を比較 中塗り完了

    屋根の塗装した部分と塗装していない部分を比較するため、途中で撮影してみました。高圧洗浄で密着していない塗膜が剥がれてしまったために全然違いますね。色も今回はグレーということありますが… 塗っていない部分を見て、今までこんな屋根の下で生活していたことを考えるとかなり不安な気持ちになります。

     

    屋根の上塗り工程 上塗り完了

    屋根塗装の最後の工程、上塗りです。見た目は中塗り後と変わりませんが、塗膜の厚みを付けるために行います。自然環境下での塗料の完全乾燥は約一年かかります。そのため、何回も塗りを重ねるといつまでたっても乾燥せず、脆弱なものになっしまうため、数回程度が限度です。世の中には厚塗りを謳っている業者もいますが、やり過ぎは厳禁です。

     

    竣工、ラジカル制御塗料によるスレート屋根塗装

    竣工、屋根塗装

    屋根塗装が竣工しました。とても綺麗な屋根になり、お施主様にもご満足いただけました。完成後、ご自分の眼で確認したいという方は足場があるうちでしたら、のぼって確認することが可能です。ご遠慮せずにお申し付けください。ヘルメットもお貸しします。保証は8年をお付けしましたが、それより数年後まで安心してお過ごしいただけます。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2019-11-12 20:06:52 伊勢原市田中でスレート屋根塗装の事前調査、縁切り不足で雨漏りする可能性あり

      IMG_8524

      本日は伊勢原市田中で屋根塗装をご検討されているお客様邸の点検を行いました。屋根塗装のお見積りと台風15号と台風19号で被害を受けているのなら、その部分も直したいということです。伊勢原市は建物被害はあまりなかったようですが、近隣の県があれだけ被害を受けているとなると、やはり不安になりますよね。   お...続きを読む

      2019-11-07 23:07:18 松田町神山で屋根塗装と外壁塗装の事前点検、セメント瓦の屋根は塗装か葺き替えか

      IMG_8524

      築25年以上になるという松田町神山の戸建て住宅です。こちらにお住まいのお客様から「外壁塗装をしてほしい」とのご依頼を受け、今回はその事前点検にお伺いしております。これまで外壁塗装は十数年前に行ったそうです。 赤みが入った明るめのベージュというせいもあるのでしょうが、遠目から見ると前回の外壁塗装から十数年経過している...続きを読む

      2019-11-06 20:48:50 川崎市宮前区宮崎でスレート屋根を塗装後、雨漏りするようになったとご相談

      IMG_8524

      雨漏りの跡ができてしまった室内 数年前、屋根塗装した直後から室内の湿度が高くなったように感じ、最初は「気のせいかな」と思っていたという川崎市宮前区宮崎のお客様です。そのうち、どうも雨の日やその後は室内がかび臭く感じるようになり、「なんでだろう」と考えていたある日、雨漏りがはじまったというお客様です。室内には雨染みがで...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る