横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 逗子市池子にて築25年になる金属サイディング外壁、パーフェクトトップによる塗装工.....

    逗子市の施工事例

    逗子市池子にて築25年になる金属サイディング外壁、パーフェクトトップによる塗装工事を行いました

    【施工前】
    施工前

    【施工後】
    施工後

    【お問い合わせのきっかけ】
    今年で築25年目を迎えるという逗子市池子にお住まいのお客様より、金属サイディング外壁の塗装メンテナンスのご相談を承りました。 今年の台風では運よく大きな被害にはあわれなかったというお客様ですが、台風のあった後にいろいろとお住まいの点検をされた際に、外壁の塗装がだいぶ劣化してきていることに気が付き、今回の塗装メンテナンスのお問い合わせにつながったとの事です。他にも屋根の木部、破風板などが傷んできているとの事で、塗装工事が可能か見てほしいとの事でした。

    【工事内容】
    外壁塗装 破風板板金巻き工事
    【工事詳細】
    施工期間
    10日間
    築年数
    25
    施工金額
    105万円
    お施主様
    保証
    10年
    ハウスメーカー
    ハウスメーカー不明
    外壁塗装

    金属サイディング外壁の点検

    窯業サイディング外壁の点検 塗膜の劣化

    お客様のお住まいは金属サイディング外壁です。築25年になるのですが、今まで外壁の塗装メンテナンスは行っておらず、今回が初めてとの事でした。さすがに25年経過しますと、塗られている塗料の塗膜も劣化してしまい、防水機能も失ってしまって、表面が色褪せうっすらと汚れているように見えます。色が白ですので、防水、防汚機能を失いますと、余計に汚れが目立ってしまいます。特に日中、日光が当たらない北側の壁面、軒天の際の周辺には若干のカビの繁殖が若干見受けられます。カビや藻の繁殖は塗膜が劣化してしまい、塗膜がもつ防汚性能が失われしまい、こうした繁殖に繋がってしまいます。こうした汚れやカビなどは高圧洗浄を行うときれいに落とすことができます。ただ失った防水、防汚機能は塗装でなければ復活できませんので、洗浄で洗い落とした後は塗装を必ず行ったほうがいいでしょう。

    軒天の劣化 破風の塗膜劣化

    お話に合った破風板や軒天なども見てみます。
    破風は屋根の斜面になっている端の側面に充てられている板の部分を破風と言います。風を破ると書くだけに、お住まい側面から吹き付けられる風を分散させ、耐風性を向上させる役割があります。日頃から雨風が吹き付けられる場所だけに塗膜が劣化すると傷みやすい場所でもあります。
    お客様の破風の状態を見ますと、すでに塗膜も劣化してしまい、かなり劣化が進んでいるようです。表面の塗膜が劣化し剥離している状態です。塗膜が劣化してかなりの時間が経過し、雨水が素材の板にまで浸透してしまい、破風板自体まで傷めてしまっているようです。
    お客様には現状を報告いたしまして、外壁の塗装工事と破風板・軒天の補修・塗装工事を承りました。

     

    施工の様子

    足場設置と養生 破風板下の養生

    近隣へのご挨拶を済ませたらまずは足場の設置と養生を行います。安全の確保のためと、塗装を行わない場所を汚さないためです。駐車場のお車へも養生を行い、塗装前の下地作業を行っていきます。
    最初にザラザラとした荒めのスポンジやヘラなどを使用して、ケレン作業を行います。外壁や付帯部分の塗装面の素地を均していきます。付着した固形物や浮いて剥がれそうになっている塗膜などを削ぎ落とし、金属部分の場合は錆を落としていきます。これは素地をきれいにするという意味合いもありますが、塗料が素地に密着しやすいように表面を荒くする目的もあります。こうすることにより塗料が乗りやすくなるのです。

    ケレン作業 外壁の高圧洗浄

    ケレン作業後、高圧洗浄を行い綺麗にしていきます。外壁の汚れだけでなくカビや苔、ケレン作業では落ちなかった塗膜なども高い水圧で洗い落としていきます。ですが水圧があまり高すぎますと外壁の素地まで傷めてしまいますので、水圧調整は慎重に行う必要があります。

    外壁の塗装工事の様子

    下塗り処理 上塗り処理

    下地作業後に、今回塗装しない部分や違う色を塗る部分などに、養生テープやビニールシートなどを使用して細かな養生を施していき、いよいよ塗装作業に入ります。
    塗装工事は下塗り、中塗り、上塗りの全三工程で行います。
    最初に下塗り用塗料であるニッペパーフェクトシーラーで塗布していきます。塗装はローラーと刷毛を使用します。ローラーはスポンジタイプのものと毛足が長い
    マイクロファイバー繊維製のローラーがあり、外壁の上体により使い分けて塗装します。今回はやや毛足が長いタイプを使用し満遍なく隅々まで塗っていきます。下塗り作業は外壁材と仕上げ用塗料との密着性を高めるという役割があります。サイディング表面の凹凸を考慮しながら丁寧に塗っていきます。

    下塗りを終えて後は一度十分に乾燥させます。乾燥させた後中塗り、上塗りの作業に移ります。都度きちんと乾燥させるのは塗膜の厚みをしっかりとつけて塗料が持つ本来の効果を得るためです。
    中塗り、上塗りは仕上げ塗装となり、お客様と相談して決めた色の塗料を使用します。今回の仕上げ用塗料はニッペパーフェクトトップです。コストパフォーマンスが高く防汚性に優れた住宅外壁用塗料です。
    下地に塗った塗膜を覆いつくすように丁寧に塗っていきます。

    仕上げ塗装後のサイディング外壁 仕上げ塗装後

    中塗り塗装後、再度しっかりと乾燥させて上塗り塗装に移ります。都度都度しっかりと乾燥させることにより塗膜の厚みを増していきます。色自体は一度の塗装で塗り替える事ができますが、二度塗ることにより塗膜を厚くし塗り斑を抑え、塗料メーカーが期待する機能を存分に発揮させることができます。

    付帯部分の塗装 軒天の塗装

    軒天・破風板など付帯部分の塗装に移ります。
    こちらもローラーと刷毛を駆使して丁寧に塗っていきます。使用する塗料はニッペのケンエースです。

    ガルバリウム鋼板での板金巻き ガルバリウム鋼板の板金巻き完成

    今回、破風板の傷みが激しい個所に関しては、先に補修から行います。傷みの激しい箇所に関しては今回は表面にガルバリウム鋼板製の板金を巻く補修工事を行います。
    破風板の表面の劣化が進んでしまい、上から塗装工事を行っても凸凹が残ってしまい美観的に改善されないような場合、傷んだ板の上からガルバリウム鋼板を巻くカバー工法が効果的です。工事後は塗装よりもはるかに長い耐久性を誇り、長い間美観を保つことができます。
    ケレン作業を行った後に、破風板表面にコーキング処理を行い、ガルバリウム鋼板の板金をあてがった後、釘で固定していきます。美観的にも新築同様の美しさになり、塗装以上に長期にわたり美観を保つことができます。また防水効果や耐久性もぐっと上がりました。
    これで工事は完了です。

     

    金属サイディング外壁の塗装工事、竣工

    塗装工事完工

    長く住まわれた馴染み深いお住まいが、また新築当時のように美しく生まれ変わり、お客様も大変満足されたご様子でした。
    今回は築25年目で初めてのメンテナンスという事でしたが、やはり外壁や屋根は傷みだす前に、定期的にメンテナンスを行ったほうが最終的にはリーズナブルに維持することができます。大きく傷んでしまいますと塗装だけでは補えず補修に大きな出費をすることになりかねません。10年あたりを目安に定期的なメンテナンスをおすすめします。

     

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2019-11-11 20:08:06 秦野市平沢で窯業系サイディングにカタツムリの食痕を発見、外壁が食べられている!?

      IMG_8524

      秦野市平沢のお客様から「1階の陸屋根の防水工事のお見積りをお願いしたい」とのご依頼を受け、その調査にお伺いしました。あまり見たことのないタイプのお家で、2階は普通の屋根の寄棟屋根なのですが、1階は全て陸屋根です。   そろそろ防水工事が必要な陸屋根 陸屋根はパラペット(棟壁)が低く、柵などを設けなけ...続きを読む

      2019-11-10 18:38:46 海老名市勝瀬で窯業系サイディングの外壁塗装とジョリパッドの塀塗装の事前点検

      IMG_8524

      海老名市勝瀬にお住まいのお客様から「2回目の外壁塗装を考えており、今回は塀も塗りたいのだが、塀の塗装にも対応していただけますか」とご相談を承りました。弊社は建設されたものでしたら、ほぼ全ての塗装に対応しております。もちろん、塀も例外ではななく、しっかりと塗装致します。   お客様のお家は窯業系サイデ...続きを読む

      2019-11-07 23:07:18 松田町神山で屋根塗装と外壁塗装の事前点検、セメント瓦の屋根は塗装か葺き替えか

      IMG_8524

      築25年以上になるという松田町神山の戸建て住宅です。こちらにお住まいのお客様から「外壁塗装をしてほしい」とのご依頼を受け、今回はその事前点検にお伺いしております。これまで外壁塗装は十数年前に行ったそうです。 赤みが入った明るめのベージュというせいもあるのでしょうが、遠目から見ると前回の外壁塗装から十数年経過している...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る