横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 大和市上草柳で床が沈み、裂け始めたバルコニーをFRP防水で改修

    大和市の施工事例

    大和市上草柳で床が沈み、裂け始めたバルコニーをFRP防水で改修

    【施工前】
    改修前のバルコニー

    【施工後】
    改修後のバルコニー

    【お問い合わせのきっかけ】

    台風で被災したアンテナを修理してもらった際、その電気屋さんからお家のことでさまざまなことを指摘されたということです。特にバルコニーの床に関しては「今のひび割れが裂けて、沈み込む」と言われたそうで、そんなことはないだろうとタカをくくっていたら、本当にそのようになりビックリしたそうです。調査にお伺いしたところ、確かにバルコニーの床が裂けて沈み込んでいました。裂けて沈み込んだ部分は新たに下地を作り直してFRP防水を行い、その他の部分はトップコートで保護することになりました。


    ITS事業部:魚住


    台風で被災したアンテナを修理してもらった際、その電気屋さんからお家のことでさまざまなことを指摘されたということです。特にバルコニーの床に関しては「今のひび割れが裂けて、沈み込む」と言われたそうで、そんなことはないだろうとタカをくくっていたら、本当にそのようになりビックリしたそうです。調査にお伺いしたところ、確かにバルコニーの床が裂けて沈み込んでいました。裂けて沈み込んだ部分は新たに下地を作り直してFRP防水を行い、その他の部分はトップコートで保護することになりました。


    ITS事業部:魚住


    【工事内容】
    防水工事
    【工事詳細】
    使用材料
    ウレアックスHG
    施工期間
    6日間
    築年数
    11年
    平米数
    7.77㎡(バルコニー)
    施工金額
    詳しくはお尋ねください
    お施主様
    I様邸
    保証
    部分補修なのでお付けしておりません
    ハウスメーカー
    ハウスメーカー不明
    防水工事

    点検の様子~床面に亀裂の入ったFRP防水のバルコニー

    裂け始めたバルコニー 完全に裂けている

    亀裂という言葉が当てはまらないくらい裂けています。断面や床面の模様を見るとFRP防水であることが分かります。FRP防水は軽くて硬くて丈夫なのでバルコニーの防水工法としてよく選択されるのですが、柔軟性がないため、裂けるように割れてしまうことがあります。

     

    違う部分の染み 毛羽立ちが見られる床

    恐らく、下地と密着しておらず浮いていたのでしょう。その時に無理な力が加わり、割れてしまったようです。他にもトップコートが剥げて、ガラスセンスが毛羽立っている部分もあります。こちらは削ってトップコートの塗布が必要です。浮いており、裂けてしまった部分はこれまでのFRP防水を撤去して再度、FRP防水のやり直し、他の部分はトップコートを再塗布を行います。

     

    施工の様子~FRP防水のやり直しとトップコート塗布

    バルコニーの床を解体 下地を清掃

    FRP防水層を撤去していきます。叩き割るとガラス繊維が飛び散りますので、ひびを入れてそれに合わせて切り取ったりという作業を続け、綺麗に剥がせるまでになりました。下地が汚れていることから雨水が入っていたことがうかがえます。雨漏りせずに済んだのはラッキーでした。

     

    新規下地 ガラスマット設置

    新しい下地を作成し、ガラスマットを敷いていきます。下地に密着するよう施工を進めていきましょう。ガラスマットは文字通り、ガラス繊維で編まれたマットでこの繊維がFRP防水の秘密です。

     

    ガラスマットを拡げていく ポリエステル樹脂を含侵

    ガラスマットにポリエステル樹脂を含侵させて、防水層を形成していきます。ちなみに腕に覚えがあるなら、木工で木型を作り、そこにガラスマットを被せ、ポリエステル樹脂を含侵させて車のボディやバンパーの他、さまざまな樹脂製品を作ることが可能です。

     

    トップコートを行う場所の表面処理 アセトン葺き

    健全な部分は毛羽立っているガラス繊維などを削り取り、トップコートを再塗布します。FRP防水はメンブレン防水ですので、複雑な場所にも施工可能です。限度はありますが、健全な既存の防水層とやり直した防水層を合わせるということもできます。今回はまさしくそのケースで改修を行いました。

     

    竣工、割れて裂けたFRP防水の改修

    バルコニー防水完了

    FRP防水の改修が完了しました。バルコニーやベランダの防水層の不具合はすぐに雨漏りに繋がります。防水層の傷や剥がれは放置してはならないのです。幸いにもこちらでは雨漏りは起こらなかったそうですが、見つけた場合はすぐに信頼できる業者に相談しましょう。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2019-11-11 20:08:06 秦野市平沢で窯業系サイディングにカタツムリの食痕を発見、外壁が食べられている!?

      IMG_8524

      秦野市平沢のお客様から「1階の陸屋根の防水工事のお見積りをお願いしたい」とのご依頼を受け、その調査にお伺いしました。あまり見たことのないタイプのお家で、2階は普通の屋根の寄棟屋根なのですが、1階は全て陸屋根です。   そろそろ防水工事が必要な陸屋根 陸屋根はパラペット(棟壁)が低く、柵などを設けなけ...続きを読む

      2019-10-30 20:06:24 小田原市鴨宮で塩ビシート防水されたマンション屋上の雨漏り点検

      IMG_8524

      不動産管理会社から小田原市鴨宮の3階建てマンションで3階のお部屋の1室から雨漏りしているので、屋上防水の点検をしてほしいとご依頼を承りました。ワンルームタイプで賃貸マンションとして貸し出しているそうです。建物の中央には大きな天窓が備えられ、かなり雰囲気のいいマンションです。   屋上もかなり広いです...続きを読む

      2019-10-18 17:55:05 大井町金子で法人様の社屋のシート防水された屋上を防水工事前に点検

      IMG_8524

      大井町金子に社屋を構える法人様から「屋上の防水工事のお見積りをお願いしたい」とご依頼を承り、本日はその調査に参りました。大きな会社だけに社屋もかなり広く、屋上も結構な広さです。   屋上はシート防水で通気緩衝工法 屋上はシート防水が行われていました。塩ビシート防水で、脱気筒があることから通気緩衝工法で...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る