横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 大井町金手にてバルコニーをウレタン防水で改修して雨漏りストップ

    足柄上郡大井町の施工事例

    大井町金手にてバルコニーをウレタン防水で改修して雨漏りストップ

    【施工前】
    施工前の雨漏りしていたバルコニー

    【施工後】
    再度、ウレタン防水されたバルコニー

    【お問い合わせのきっかけ】

    2019年の台風15号の通過中から雨漏りしはじめて、台風19号ではより酷くなってしまったという大井町金手のお客様です。バルコニーから雨漏りが発生しているそうで、出来るだけ早く直したいそうです。一般的な2階建ての戸建て住宅の場合、四方を壁に囲まれているバルコニーやベランダはどうしても雨漏りが発生しやすい場所になります。点検にお伺いしたところ、防水層の上に歩行床を設けるタイプのバルコニーでした。歩行床の下のバルコニーをウレタン防水で直します。


    担当:神子


    2019年の台風15号の通過中から雨漏りしはじめて、台風19号ではより酷くなってしまったという大井町金手のお客様です。バルコニーから雨漏りが発生しているそうで、出来るだけ早く直したいそうです。一般的な2階建ての戸建て住宅の場合、四方を壁に囲まれているバルコニーやベランダはどうしても雨漏りが発生しやすい場所になります。点検にお伺いしたところ、防水層の上に歩行床を設けるタイプのバルコニーでした。歩行床の下のバルコニーをウレタン防水で直します。


    担当:神子


    【工事内容】
    防水工事
    【工事詳細】
    使用材料
    DS カラー・ゼロ
    施工期間
    11日間
    築年数
    築18年
    平米数
    12.5㎡
    施工金額
    詳しくはお尋ねください
    お施主様
    Y様邸
    保証
    補修工事なのでお付けしておりません
    ハウスメーカー
    お近くの工務店
    足場アイコン防水工事

    点検の様子~雨漏りの発生しているバルコニー

    雨漏りしているバルコニー 防水層の上に歩行床が組まれるタイプ

    点検に訪れた際には「これ以上、雨漏りしないように」とブルーシートで養生されていました。防水層の上にフレームを組み、歩行床を設けるタイプのバルコニーです。歩行床を外さない限り、点検ができないので、まずは床を外していきます。

     

    歩行床を支える鉄骨に錆が発生 排水不良も発生

    歩行床を支えているフレームが錆びていました。このような部分が多数あると、強度的にも心配です。また、排水口の周りにはゴミや泥が詰まり、排水不良が発生していました。歩行床のあるタイプのバルコニーは防水層に紫外線が直接当たりにくいので長持ちしやすいのですが、こういったゴミや泥が見えづらいというデメリットもあります。

     

    防水層に裂け目を発見 シーリング材で応急処置

    点検中に防水層が裂けている部分を見つけたので、本格的な防水工事に入る前に応急処置をしておきます。周辺をできるだけ綺麗にしてから、シーリング材を塗布、充填しておきました。これでこの部分から雨水が室内に入り込むことはないでしょう。

     

    施工の様子~ウレタン防水に再度、ウレタン防水

    作業床の分解と撤去 作業床を揃えるフレームがボロボロ

    まずは歩行床の分解と脱着からです。この歩行床は防水工事後に再度、使用しますので丁寧に取り外していきます。歩行床を支えるフレームはこのように組まれています。長年、お手入れされていなかったため、錆が各所に発生している状態です。

     

    スクイーパーでケレン マジックロンでさらに錆落とし

    まずはこのフレームを改修します。スクイーパーで表面の錆を削り落としていきます。フレームに残った細かくこびり付いた錆はマジックロンでケレンしていきます。フレームは歩行面を支えている部分なので、不具合を起こすと大変危険です。

     

    高圧洗浄 防水層も切れになりました

    歩行床を支えるフレームへのケレンが終わったら、バルコニーの防水層を高圧洗浄していきます。フレームに高圧の水流を掛けないよう、各フレームの枠内に入れて洗浄を進めていきます。これまでのゴミ、砂や土が洗い流されて大分、綺麗になりましたね。

     

    歩行床のフレームに錆止め塗布 歩行床のフレーム塗装で保護

    防水工事を始める前に歩行床のフレームを長持ちするようにメンテナンスしておきましょう。まずは下塗りとして錆止めを塗布していきます。その後、中塗りと上塗りを行い、水分と錆から保護してあげます。

     

    バルコニーの床面で怪しい部分はシーリングしておく ウレタン防水層1層目

    歩行床のフレームへの錆からの保護塗装が終わりました。これからウレタン防水層の1層目を形成していくのですが、その前に防水層の傷のある部分などにシーリング材を塗布して保護しておきます。その後、ウレタン防水を塗布し、綺麗な排水勾配が着くように流していきます。

     

    ウレタン防水層2層目 ウレタン防水層にトップコート塗布

    メーカーの定める規定時間が過ぎましたら、ウレタン防水の2層目を形成するためにウレタン防水材を塗布していきます。歩行床のフレームがあるため、結構な手間がかかる作業です。ウレタン防水2層目を形成後、トップコートを行い、この工程は完了です。

     

    フレームに下穴を開ける 木材を抱かせて強度アップ

    防水工事の工程は終わったのですが、歩行床を元に戻さないといけません。錆びているところもあるので、木材を添えて強化します。塗装してあるとは言え、金属に金属を添えると一緒に錆びていくことがありますが、木材ならばその心配はありません。

     

    歩行床の取り付け 歩行床の清掃と散水テスト

    歩行床を元に戻し、固定していきます。歩行床を元に戻しましたら、散水テストと清掃を兼ねて水洗いしていきます。

     

    竣工、雨漏りしていたバルコニーへの防水工事

    バルコニー防水完成

    散水試験でたっぷりと雨水をかけてみましたが、雨漏りは発生しませんでした。これで強い雨の日も安心してお過ごしできると思います。排水口の周りは歩行床の上からも確認できますし、清掃もできますから、こまめに見てあげてください。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-04-13
      横浜市栄区小菅ヶ谷でアパート通路の点検、ウレタン防水層が膨れたり破けたりしておりました

         横浜市栄区小菅ヶ谷にあるアパートのオーナー様より「アパートの通路が以前には見られなかった傷みを感じる」とご不安なご相談がございましたので、実際に点検にお伺いいたしました。築30年以上が経過したアパートとのことですが、これまでにも何度か全体...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-04-08
      横浜市保土ヶ谷区川島町で裂けてしまった屋上のシート防水を補修工事で直します

       横浜市保土ヶ谷区川島町で屋上防水の調査をおこないました。屋上のシートが裂けてしまったので直したい、というご希望でご自身で補修をおこなっているという事でした。屋上に敷いてあるのは塩ビシート防水で、今の状態は2回目の防水工事をおこなった状態です。元々の防水の上に...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-04-05
      横浜市南区弘明寺でアパートの通路や階段の点検、防水層の傷みは雨漏りの原因となります

         横浜市南区上大岡にあるアパートの建物外部の点検を行いました。築30年以上が経過しているRC造のアパートですが、これまでも何度かメンテナンスを行ってきてはいたそうです。しかし、ここ13年は全く何もしていないということで「ここ最近の傷み方が心...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る