横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 川崎市川崎区殿町にて屋上のひび割れを通気緩衝工法のウレタン防水工事で改修し雨漏り.....

    川崎市川崎区の施工事例

    川崎市川崎区殿町にて屋上のひび割れを通気緩衝工法のウレタン防水工事で改修し雨漏りの不安解消

    【施工前】
    ウレタン防水工事前の屋上

    【施工後】
    ウレタン防水で雨漏りの不安がなくなった屋上

    【お問い合わせのきっかけ】

    「屋上の床面のひび割れがだんだんと拡がってきて、不安を感じている。雨漏りしないか心配なので防水工事を検討している。」と川崎市川崎区殿町のお客様からご相談を承りました。詳しくお話を聞いたところ、建物は3階建てで、屋上は洗濯物を干したり、植物などを育てたりとさまざまなことに活用しているそうで、歩行可能な屋上ということです。現在は雨漏りしていないそうですが、このところはひびの大きさが拡がる速さを早く感じられるとのことでした。点検の結果、大きなクラック(ひび割れ)が四方に拡がっており、雨漏りが既に起こっていてもおかしくはない状態でした。既に下地に雨水が染み込んでいる可能性もあるため、乾燥時にその水蒸気を抜くことができる通気緩衝工法、既存の防水層を撤去せずに施工できるウレタン防水工事を行うことになりました。


    担当:岡野


    「屋上の床面のひび割れがだんだんと拡がってきて、不安を感じている。雨漏りしないか心配なので防水工事を検討している。」と川崎市川崎区殿町のお客様からご相談を承りました。詳しくお話を聞いたところ、建物は3階建てで、屋上は洗濯物を干したり、植物などを育てたりとさまざまなことに活用しているそうで、歩行可能な屋上ということです。現在は雨漏りしていないそうですが、このところはひびの大きさが拡がる速さを早く感じられるとのことでした。点検の結果、大きなクラック(ひび割れ)が四方に拡がっており、雨漏りが既に起こっていてもおかしくはない状態でした。既に下地に雨水が染み込んでいる可能性もあるため、乾燥時にその水蒸気を抜くことができる通気緩衝工法、既存の防水層を撤去せずに施工できるウレタン防水工事を行うことになりました。


    担当:岡野


    【工事内容】
    防水工事
    【工事詳細】
    使用材料
    エクセルトップ
    施工期間
    12日間
    築年数
    築25年
    平米数
    30.1㎡(施工面積)
    施工金額
    詳しくはお尋ねください
    お施主様
    H様邸
    保証
    ひび割れ補修が含まれているためお付けしておりません
    ハウスメーカー
    お知り合いの工務店
    3階建て防水工事

    点検の様子~大きなクラックがある屋上の床面

    洗濯物干場として使われていた屋上 椅子なども置かれており、多目的スペースとしても活用されていた屋上

    洗濯物を干す物干し台があります。水道の蛇口とホースがあります。椅子も置かれています。この屋上は様々なことに活用されているようです。活用される機会が多ければ、それだけ披露していく機会も多くなり、メンテナンスも必要になります。

     

    打設されたコンクリートのひび 立ち上がりの壁にもひび

    屋上の床面には縦横に大きなクラックが走っています。その数は多くないのですが、端から端まで続いており、立ち上がり部の壁に達していました。床面はコンクリート防水と言われるポリマーセメント系の防水工事がされているようです。この上から塗布できるウレタン防水工事を行います。

     

    施工の様子~通気緩衝工法によるウレタン防水

    清掃と荷物の片付け 高圧洗浄で床面を綺麗に

    物干し台や椅子を片付けながら、清掃していきます。ある程度、清掃をしたら、高圧洗浄でこれから防水工事を行う面を綺麗にしていきます。屋上やバルコニー、ベランダなどは四方を壁に囲まれているため、汚れが溜まりやすい部分です。高圧洗浄で長年の汚れがどんどん落ちていきます。

     

    切れになった床面 荷物は塔屋の方へ片付け

    床面が綺麗になったところでクラックの全貌が見えてきました。さまざまな方向に走っていることが分かります。ちょつと深刻な状態です。モルタルの内壁に垂直に走っているクラックは等間隔なのでパネルの継ぎ目です。こちらもメンテナンスは必要ですが、床面ほど深刻ではありません。

     

    ポリマーセメントで下地調整 ポリマーセメントで下地調整と不陸調整

    ポリマーセメントで床面の下地調整を行います。クラックを埋めるのはもちろんのこと、不陸調整(排水できるように床面の勾配を整えること)もしっかりと行います。これで床面のクラックは埋まりました。これからウレタン防水工事を行い、確かな防水性能を確保します。

     

    ウレタン防水のプライマー プライマー塗布完了

    ウレタン防水層をしっかりと形成するために、まずはプライマーを塗布していきます。プライマーはUSウレタンプライマーを使用しました。ウレタン防水材のコンクリート下地用プライマーで、確かな防水層を形成するためには欠かせません。

     

    通気緩衝シート貼り 通気緩衝シートのズレを防止するためメッシュテープを貼ります

    床面に通気緩衝シートを敷設していきます。このシートは「通気」の文字通り、水蒸気などの気体は通すものです。これまでにクラックから浸入した雨水が水蒸気になった時に通過させて、乾燥を促し、下地の健全性を向上させるのです。通気緩衝シートの繋ぎ目にはメッシュテープを貼り、ズレを防止します。

     

    通気緩衝工法シート貼り完了 脱気筒の設置

    通気緩衝シートの敷設が終わりました。通気緩衝シートに通気性があると言っても、ウレタン防水層には通気性がないため、脱気筒を取り付けます。通気緩衝シートを通過した水蒸気はこの脱気筒から外部に排出されるのです。効率よく水蒸気を排出できるよう床面の一番高い位置に取り付けます。

     

    立ち上がり部 立ち上がり部にメッシュシートとウレタン防水材を塗布

    立ち上がりと床面の取り合いにメッシュシートを貼り付けながら、ウレタン防水材を塗布していきます。立ち上がりはほぼ垂直ですので、塗布されたウレタン防水材は粘度が高くても下へと向かって流れていきます。繊維でその流れをできるだけ防止するのがメッシュシートなのです。

     

    ウレタン防水1層目塗布 ウレタン防水1層目塗布完了

    床面の勾配の度合いに合わせてウレタン防水材を塗布しています。平らな陸屋根と言っても、排水のために勾配が着けられているため、それに合わせて塗布する順番を変えていかなければなりません。反面ずつの塗布が終わり、ウレタン防水1層目の工程が終わりました。

     

    防水材はエクセルトップを使用 防水層2層目も立ち上がり部を塗布

    ウレタン防水層の1層目が乾燥しましたら、2層目を形成していきます。2層目もやはり立ち上がり部から施工していきます。ちなみにウレタン防水材は立ち上がり部用のものと平らな床面用のものがあります。それぞれで粘度を変えることによって、排水性能を落とすことなく塗布できるようになっているのです。

     

    トップコートを立ち上がり部に塗布塗布 トップコートを平部(床面)に塗布塗布

    ウレタン防水層2層目の塗布が終わり、乾燥しましたら、トップコートを塗布していきます。トップコートはウレタン防水層を紫外線から守るものです。5~7年ごとにトップコートの塗り替えを行うとウレタン防水の耐用年数も長くなりますので、お薦めです。

     

    竣工、通気緩衝工法による屋上へのウレタン防水工事

    屋上のウレタン防水工事完了

    屋上への通気緩衝工法による屋上へのウレタン防水工事が竣工しました。通気緩衝工法なので、これまで染み込んだ雨水の水蒸気によってウレタン防水層が膨れてしまうこともありません。トップコートはお施主様が明るい色にイメージチェンジしたいということで明るめのグリーンになりました。こりで雨漏りの心配とも決別できました。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-04-13
      横浜市栄区小菅ヶ谷でアパート通路の点検、ウレタン防水層が膨れたり破けたりしておりました

         横浜市栄区小菅ヶ谷にあるアパートのオーナー様より「アパートの通路が以前には見られなかった傷みを感じる」とご不安なご相談がございましたので、実際に点検にお伺いいたしました。築30年以上が経過したアパートとのことですが、これまでにも何度か全体...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-04-08
      横浜市保土ヶ谷区川島町で裂けてしまった屋上のシート防水を補修工事で直します

       横浜市保土ヶ谷区川島町で屋上防水の調査をおこないました。屋上のシートが裂けてしまったので直したい、というご希望でご自身で補修をおこなっているという事でした。屋上に敷いてあるのは塩ビシート防水で、今の状態は2回目の防水工事をおこなった状態です。元々の防水の上に...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-04-05
      横浜市南区弘明寺でアパートの通路や階段の点検、防水層の傷みは雨漏りの原因となります

         横浜市南区上大岡にあるアパートの建物外部の点検を行いました。築30年以上が経過しているRC造のアパートですが、これまでも何度かメンテナンスを行ってきてはいたそうです。しかし、ここ13年は全く何もしていないということで「ここ最近の傷み方が心...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る