横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 川崎市高津区久地で錆が出始めた瓦棒屋根をファインSiで塗り替えてメンテナンス

    川崎市高津区の施工事例

    川崎市高津区久地で錆が出始めた瓦棒屋根をファインSiで塗り替えてメンテナンス

    【施工前】
    塗装前の錆びた瓦棒屋根

    【施工後】
    塗装でメンテナンスされた瓦棒屋根

    【お問い合わせのきっかけ】

    「1階部分のトタン屋根が出てきたので塗装してほしい」と川崎市高津区久地のお客様からご相談をいただきました。点検にお伺いしたところ、お客様が「トタン屋根」と呼んでいたのは金属製の瓦棒屋根で、おそらく亜鉛めっき鋼板のトタンではなく、アルミ・亜鉛メッキ鋼板のガルバリウム鋼板です。トタンよりも数倍、錆に強いと言われるガルバリウム鋼板ですが、そのままにしておくと酸化により鋼板に穴が開いてしまいます。病状が軽いうちにケレンで錆を取り、屋根塗装でメンテナンスを行っておきましょう。


    担当:渡辺


    「1階部分のトタン屋根が出てきたので塗装してほしい」と川崎市高津区久地のお客様からご相談をいただきました。点検にお伺いしたところ、お客様が「トタン屋根」と呼んでいたのは金属製の瓦棒屋根で、おそらく亜鉛めっき鋼板のトタンではなく、アルミ・亜鉛メッキ鋼板のガルバリウム鋼板です。トタンよりも数倍、錆に強いと言われるガルバリウム鋼板ですが、そのままにしておくと酸化により鋼板に穴が開いてしまいます。病状が軽いうちにケレンで錆を取り、屋根塗装でメンテナンスを行っておきましょう。


    担当:渡辺


    【工事内容】
    屋根塗装
    【工事詳細】
    使用材料
    ファインSi
    施工期間
    5日間
    築年数
    築28年
    平米数
    20.5㎡
    施工金額
    詳しくはお尋ねください
    お施主様
    I様邸
    保証
    お付けしておりません
    屋根塗装

    点検の様子~錆が出始めた瓦棒屋根

    塗膜が薄くなった瓦棒屋根 錆ができてしまった金属部分

    お客様に「錆が出始めたので塗装してほしい」とご相談された瓦棒屋根です。既にしっかりとした錆ができはじめつつあります。トタンと呼ばれる亜鉛メッキ鋼板やガルバリウムなどのアルミ・亜鉛メッキ鋼板は予め、最初に錆びさせる成分を決めておき、そこを最初に錆びさせることで基材の鋼板を守るようになっています。

     

    変色してしまった塗膜 変色は瓦棒屋根全体に及ぶ

    最初に錆びさせる成分ですが、それを塗装によって守ることで耐用年数を長くしています。よって瓦棒屋根などの金属屋根を長持ちさせようと思ったら、定期的な塗装が必要となります。こちらの瓦棒屋根、これまでに何回か塗装されているのでしょうが、塗膜が薄くなっており、下地が透けて見えそうな感じです。屋根塗装を行い、保護します。

     

    施工の様子~瓦棒屋根に錆止めを行い、再塗装

    塗装工事開始 瓦棒屋根をケレン

    錆が出始めた金属部分をそのまま塗装しても、すぐに錆が出てきてしまうので、できるだけ錆を落とさなければなりません。その工程がケレンです。付着力が落ちてきた塗膜、錆などを削り落として、下地をできるだけ健全にします。

     

    錆止め塗布 錆止めは下塗りも兼ねている

    ケレンを行った後は清掃を行い、脆弱な塗膜や錆などの削り滓を取り去り、下地を綺麗にします。その後に錆止めを塗っていきます。錆止めを塗るとどうして錆びにくくなるかというと、錆止めによってはめっき鋼板のめっき成分とほぼ同じ成分が含有されているからです。錆が発生した場合、基材を守るような仕組みになっているのです。

     

    仕上げ塗りにはファインSiを使用 ファインSiを2回塗りすれば完成です

    錆止めの塗布が完了しました。乾いたら、ファインSiで仕上げ塗りを行います。ファインSiは素材を問わずに何にでも塗装できる塗料です。もちろん、めっき鋼板との相性も抜群で確実に密着してくれます。ファインSiを2回重ね塗りすれば、終了です。

     

    竣工、瓦棒屋根への塗装

    竣工、下屋の瓦棒屋根塗装

    瓦棒屋根の塗り替えが完了しました。こちらのお家の大屋根(最上階の屋根)は瓦なので塗装などのメンテナンスは不要でした。こちらの瓦棒は約10年に一度の塗り替えが必要ですが、錆びる前に塗装を行うことで寿命を延ばすことも可能です。大切にしてあげてください。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2020-09-29 12:09:08 横浜市磯子区磯子にてスレート屋根の点検調査、スレート屋根は塗膜によって防水機能を保っているため10年前後で塗り替えが必要です

      IMG_8524

       横浜市磯子区磯子にお住まいのY様よりご依頼をいただき、屋根の点検調査に伺いました。  街の外壁塗装やさんでは、新型コロナウイルス対策を徹底して点検調査に伺っておりますのでご安心ください。詳しくは「新型コロナウイルスについて」をご覧ください。 スレート屋根の色あせは塗り替えのサインです  Y様のお住まいはスレー...続きを読む

      2020-09-23 11:47:49 藤沢市石川にて築15年が経つお家の点検調査、擁壁や門も屋根と同じように塗装をお勧めします

      IMG_8524

       藤沢市石川にお住まいのM様より、お家の点検のご依頼をいただき、ご自宅へ点検調査に伺いました。M様のお家は築15年で、初めての塗装をご検討中とのことでした。初めての塗装はいろいろ不安かと思います。街の外壁塗装やさんでは豊富な知識を持ったスタッフがお家の隅々まで調査し、状態をわかりやすくご説明いたします。また、新型コロナウイルス対...続きを読む

      2020-09-17 11:21:23 横浜市青葉区奈良にてお家の点検調査、外壁と一緒に軒天や雨樋など付帯部と呼ばれる場所も塗装をします

      IMG_8524

       横浜市青葉区奈良にお住まいのS様より、お住まいの点検調査とお見積もりの作成のご依頼をいただき、ご自宅へ伺いました。私たち街の外壁塗装やさんでは点検調査〜お見積もりの作成まで無料で行っております(詳しくはこちら)。  いまだ収束の兆しが見えない新型コロナウイルスに多くの方が不安を抱えているかと思います。街の外壁塗装やさんでは新...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る