横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • イオン銀行住宅ローン

    HOME > 施工事例 > 小田原市久野で傷んだ木製の幕板を部分的にカバーして補修し、塗装で保護

    小田原市久野の施工事例

    小田原市久野で傷んだ木製の幕板を部分的にカバーして補修し、塗装で保護

    【施工前】
    補修前の幕板

    【施工後】
    補修された幕板

    【お問い合わせのきっかけ】

    「外壁の木部が腐食しており、見映えも悪いし、この先、雨漏りなども心配」という小田原市久野のお客様です。お電話でお話をお伺いした際は『外壁の木部』とおっしゃられていたので、その場所が全く想像できなかったのですが、実際に点検にお伺いしたところ、その部分は幕板でした。現在では幕板というと、珪酸カルシウム板や窯業系の板、樹脂製の板が多いのですが、こちらは何と木材の幕板でした。長年の降雨によって塗膜が剥がれてきて、腐食に繋がったようです。理想はお家全ての幕板を外して、交換してしまうことですが、かなり大掛かりな工事になる上に外壁にも手を加える必要が出てくるので、今回は部分的なカバーの腐食部分の切除、降雨から保護するため塗装を行いました。


    担当:谷


    「外壁の木部が腐食しており、見映えも悪いし、この先、雨漏りなども心配」という小田原市久野のお客様です。お電話でお話をお伺いした際は『外壁の木部』とおっしゃられていたので、その場所が全く想像できなかったのですが、実際に点検にお伺いしたところ、その部分は幕板でした。現在では幕板というと、珪酸カルシウム板や窯業系の板、樹脂製の板が多いのですが、こちらは何と木材の幕板でした。長年の降雨によって塗膜が剥がれてきて、腐食に繋がったようです。理想はお家全ての幕板を外して、交換してしまうことですが、かなり大掛かりな工事になる上に外壁にも手を加える必要が出てくるので、今回は部分的なカバーの腐食部分の切除、降雨から保護するため塗装を行いました。


    担当:谷


    【工事内容】
    その他の工事 幕板の補修
    【工事詳細】
    施工期間
    3日間
    築年数
    築31年
    お施主様
    M様邸
    保証
    補修のためお付けしておりません

    【点検の様子】腐食してしまった外壁の幕板

    外壁の木部とは幕板のことでした 雨水が集中しやすい入り隅の部分が特に腐食

    外壁の木部が腐食してしまったというお客様です。外壁の木部とお聞きした時は「どの部分なのだろう」と考えたのですが、実際にお伺いしてみたら幕板でした。幕板とは建物の境い目に使用されることの多い長い板状のもののことです。戸建て住宅などでは1階と2階の間に用いられることの多い装飾的な意味合いの強い建材です。

     

    入り隅でない部分も傷みが激しい 塗膜劣化も進行中

    モルタル外壁はかなり綺麗なのですが、幕板は腐食している部分があります。特に雨水か集中しやすい入隅部分の幕板の腐食が酷く、塗膜が剥がれ、表面も歪んでいます。他にも塗膜が剥がれだしているところもあり、傷み具合がかなり心配です。調査したところ、木製でした。

     

    【施工の様子】~幕板の補修とカバー工法

    幕板の腐食した部分の切除 腐食した木部

    理想は全ての幕板を交換してしまうことですが、建物の外周を1周していることとかなり大掛かりな工事になりそうなので、これまでのものをできるだけ活かす補修をすることになりました。まずは腐食部分の切除です。結構、腐食しています。

     

    腐食部分にシーリングを充填 シーリングを均して平面に

    腐食部分を切除したにシーリング材を充填し、成形していきます。切除部分が大きいのでやや不安を感じますが、建物も構造的な強さには影響を与える部分ではありませんし、これで防水性能も高めることができます。色が違うために目立っていますが、これから塗装するので大丈夫です。

     

    接着力に定評がある床名人、もちろん幕板にも使えます 部分的な幕板カバー工法

    次は接着剤の出番です。シーリング材では補えない部分はベニヤを貼り付けるカバー工法を行うことにします。接着剤の商品名は床職人ですが、木材の接着に定評があり、さまざまな部分に使えるものなのでご安心ください。

     

    ビスとボンドを併用して固定

    幕板のの1辺を端から端まで覆うことによって段差もなくなりますし、腐食した部分もカバーでき、目立たなくなります。ボンドとビスを併用することによって、より強固に固定します。

     

    塗装でしっかりと保護 二度塗りで耐水性アップ

    木製の幕板は塗膜が弱ったことによって吸水し、それが腐食に繋がっていました。塗装をして防水性を高め、今後の腐食を防止します。これまでの色と同じ白を使用しました。幕板がどんどん健全になっていきます。

     

    【竣工】外壁の幕板補修、部分的なカバー工法とシーリングの充填

    幕板補修工事完了

    幕板の補修が完了しました。幕板は外壁のアクセントとなる部分なので、傷みや腐食があると家全体の見栄えも落ちますよね。部分的にカバーしましたし、塗り替えも行いましたので、かなり綺麗になりました。これでお施主様のお悩みも解決です。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2020-10-19 11:36:44 三浦市三崎にてお住まいの点検調査、サイディングのシーリングが割れてきたら補修を行いましょう

      IMG_8524

       三浦市三崎にお住まいのH様より、外壁のコーキング補修とお住まい全体の点検のご依頼をいただきました。街の外壁塗装やさんでは、お住まい全体を時間をかけて隅々まで調査いたします。点検からお見積もりの作成まで無料にて行っておりますのでぜひご利用ください(無料点検についてはコチラ)。  現在街の外壁塗装やさんでは、マスクの着用や手指の...続きを読む

      2020-10-16 15:57:38 横浜市泉区下飯田町で外壁調査、破風板の継ぎ目に打たれたコーキングが無くなっておりました

      IMG_8524

         屋根や外壁に使用される材料は、屋根と外壁それぞれにたくさんの種類がございます。その中で屋根や外壁に一番多く使用されているのはコーキングかもしれません。シーリングとも呼ばれるこの材料は、どの屋根材や外壁材を使用していたとしてもどこかに使用されていることが非常に多いと感じます。外壁でいうとサイディングを使用した...続きを読む

      2020-10-14 11:29:49 鎌倉市大船にてお住まいの点検調査、笠木が原因の雨漏りはとても多いので外壁塗装と一緒にコーキング補修を行いましょう

      IMG_8524

       鎌倉市大船にお住まいのI様より、外壁の点検調査のご依頼をいただきました。I様邸は築23年で、今回2度目の外壁塗装をご検討中とのことでした。  街の外壁塗装やさんは、新型コロナウイルス対策を徹底してお客様のお住まいに調査に伺っております。詳しくは「新型コロナウイルス対策について」をご覧ください。 モルタルは性質上クラ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る