横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 伊勢原市上粕屋でパーフェクトトップで外壁塗装、幕板を利用してメリハリのあるツート.....

    伊勢原市の施工事例

    伊勢原市上粕屋でパーフェクトトップで外壁塗装、幕板を利用してメリハリのあるツートンへ

    【施工前】
    施工前

    【施工後】
    施工後

    【お問い合わせのきっかけ】

    横浜市泉区で屋根と外壁の塗装工事をおこないました。築15年程経過して、建物の汚れも目立ち始めてきたのでそろそろ綺麗にしたい、というご希望でした。スレート屋根には、日本ペイントのファインパーフェクトベストを、サイディングの外壁には日本ペイントのパーフェクトトップを使用しました。どちらも汚れの元となる『ラジカル』を抑える効果を持っているのが特徴で、耐候性も高いお勧めの塗料です。皆さんが塗り替えをお考えになるきっかけは何でしょうか?汚れが目立ってきたから、同じくらいに建てた回りが塗り替え始めたのでそろそろ、などなど。理由は色々あると思いますが、塗り替えに良い時期を逃してしまい雨漏りしてしまったりすると、建物自体に傷みが進み塗装で大丈夫だったのが、屋根の葺き替えや外壁の張り替えなど大掛かりな工事になる事もあります。今回は傷みが進む前にメンテナンスをしましたので問題なく塗装工事が出来ました。部分的なアクセントに塗り分けをおこなって今までと同じ色合いなのですが、とても明るくなったとお客様に喜んで頂けました。


    ITS事業部:魚住


    横浜市泉区で屋根と外壁の塗装工事をおこないました。築15年程経過して、建物の汚れも目立ち始めてきたのでそろそろ綺麗にしたい、というご希望でした。スレート屋根には、日本ペイントのファインパーフェクトベストを、サイディングの外壁には日本ペイントのパーフェクトトップを使用しました。どちらも汚れの元となる『ラジカル』を抑える効果を持っているのが特徴で、耐候性も高いお勧めの塗料です。皆さんが塗り替えをお考えになるきっかけは何でしょうか?汚れが目立ってきたから、同じくらいに建てた回りが塗り替え始めたのでそろそろ、などなど。理由は色々あると思いますが、塗り替えに良い時期を逃してしまい雨漏りしてしまったりすると、建物自体に傷みが進み塗装で大丈夫だったのが、屋根の葺き替えや外壁の張り替えなど大掛かりな工事になる事もあります。今回は傷みが進む前にメンテナンスをしましたので問題なく塗装工事が出来ました。部分的なアクセントに塗り分けをおこなって今までと同じ色合いなのですが、とても明るくなったとお客様に喜んで頂けました。


    ITS事業部:魚住


    【工事内容】
    外壁塗装 屋根塗装
    【工事詳細】
    使用材料
    ファインパーフェクトベスト,パーフェクトトップ,ベスコロフィラーHG
    施工期間
    14日間
    築年数
    15年
    平米数
    105㎡
    お施主様
    M様邸
    保証
    10年間
    外壁塗装屋根塗装
    外壁塗装,調査
    屋根外壁,塗装前
    建物全体はそれ程傷みがない様に見えます。近くで見るとサイディングの汚れや、破風板の傷みがみえました。これで築15年ということですから、かなり綺麗な建物です。風通しが良かったり、湿気が少なかったりと環境的に良い場所なのかもしれません。
    軒天,上裏,塗装
    目地,シーリング
    バルコニー下の軒天には雨染み等もありません。通風口と思われるものが付けられていますので、これで換気しているのかもしれません。窯業系サイデイングの目地のコーキングは全体的に劣化しています。さすがにここは築15年という経年が現れやすいところです。ひび割れや裂けている部分があるので、打ち替えしてあげましょう。
    幕板,剥がれ
    幕板,サッシ
    1階と2階の間を分けるように幕板が取り付けられています。固定している釘が浮いてきており、その周辺が剥がれだしていました。建物の凹んでいる角を入隅(いりすみ)と言います。風の吹き溜まりになることが多く、そのために外壁やコーキング部分に砂埃などが付着しやすくなります。

    建物全体ではそれ程、傷んでいないように見えますが、外壁塗装や屋根塗装をするなら今が良い時期ではないでしょうか。傷みが進んでしまうと塗装で済むところが屋根葺き替えや外壁の張り替えなどになってしまうこともあるからです。傷みが少ないうちにメンテナンスすることが建物を長持ちさせる秘訣です。
    100404-104435
    100404-111330
    足場仮設後の塗り替えの最初の工程は高圧洗浄です。塗装工事で雨の中でも作業勧められるのはこの高圧洗浄だけです。水を浸かって洗浄をしていくので、雨の中でも問題なく行えるのです。足場にメッシュシートを貼っておりますので、汚れが近所に飛散することはありませんが、雨であれば洗濯物を外に干すことも無いですし、窓を開けることもありませんので、高圧洗浄向きの日と言えます。
    100404-114032
    軒裏や雨樋も綺麗にしていきます。
    100404-121328
    水しぶきでちょっと分かりにくいのですが、土間にこびり付いていたコケも洗い流して元のコンクリートの色に戻してあげました。
    100406-175723
    100406-175737
    洗浄のあとは下地処理に移ります。サイディングの目地のコーキングを打ち替えます。古くなってひびわれたコーキングにカッターを入れて、剥がしていきます。今回は塗装前にコーキングを打ち、塗装を行います。塗装後にコーキングをうち、コーキングを塗らないというやり方も存在します。
    100407-102250
    100407-154224
    剥がした後はシーリングの滓が残っていないかなどを確かめ、残っていた場合は清掃して綺麗に取り去ります。その後、プライマーを塗布し、接着性の向上を図ります。プライマーの後はコーキングを充填していきます。奥まで隙間なく充填し、空気が入らないようにコーキング用のヘラで上から抑えて、成形していきます。
    100406-182910
    100406-182916
    こちらは屋根の施工の様子です。スレート葺きの屋根には棟板金が固定してあります。屋根を葺いたあとに、貫板という木材を打ち付けてから棟板金をかぶせて横から釘で止めます。経年によって、貫板が痩せたり、板金の動きによって釘が抜けてきますので、塗装の前にビスを追加で打ち、固定力をさらに強くしていきます。ねじ込み式のビスは釘と違い抜け難くなっていますので、強風時にも安心です。
    100311-130348
    屋根塗装下塗り
    棟板金をビス止めした後はサビ止めを塗布していきます。白い塗料がサビ止めです。棟板金だけではなく、金属製の雪止めにも塗っていきます。

    塗装のほとんどは下塗り・中塗り・上塗りの3回塗りで仕上げます。下塗りに使用したのは『ベスコロフィラーHG』です。膜厚となるのが特徴の塗料で、傷んだスレートを保護して光沢を蘇らせるお薦めの下塗り剤です。
    ファインパーフェクトベスト
    屋根塗装下塗り1回目
    屋根塗装の仕上げに使用した塗料は日本ペイントの『ファインパーフェクトベスト』です。劣化の原因になるラジカルを抑制する効果があり、耐久性が高いお薦めの塗料です。コストパフォーマンスも高い塗料です。

    仕上げの塗料は2回塗るのですが、今おこなっている工程は1回目の中塗りです。
    100313-172931
    100313-172938
    2回目の上塗りに入ります。仕上げの塗料の性能を発揮するには2回塗りが基本です。

    屋根の塗装工事が完成しました。表面の傷みもなくなり、美しい艶が蘇りました。もともと傷みの少なかったスレート屋根がさらに綺麗になりました。鮮やかなグリーンの家に大変身です。
    100313-160855
    100313-174625
    続いては外壁の塗装開始です。こちらも屋根塗装と同じく、まずは下塗りから始めます。仕上げの塗料がしっかりと密着させる為に必ず行わなければならいない工程です。こちらのお家の外壁には2種類のサイディングが使われており、今回の塗装では塗り分けして、ツートンをお家にすることを計画しています。
    100314-160918
    100317-114049
    下塗りの後は仕上げ用塗料での塗装一回目、中塗りを行っていきます。仕上がり時の塗りムラを無くす為にも2回の重ね塗りで仕上げます。気のせいかもしれませんが、2回目の塗りでは下地の隠蔽率も上がり、それだけに色も濃くなったように見えます。
    100413-110239
    100413-120646
    違うパターンのサイディングです。下塗りは一緒ですが、こちらは少し薄めのベージュにしています。こちらも中塗りですが、日当たりによって色の見え方は全く違います。こちらの方が暗めで濃く見えますね。日の当たり方や見る角度によって建物の印象は全く変わります。
    100413-152203
    100413-160743
    2度塗りで色がしっかりと出ているのがわかります。薄い色では2回塗りをすると濃くなったように見えることがあります。石目調のサイディングなので、意匠性の高い凹凸が仕上がりの良いアクセントになりました。
    屋根外壁塗装,完了
    塗っている最中のものよりも、実際の仕上がりは明るく見えます。色は面積が広がると明るく見えますので、色を決める際もその点を意識してご提案していきます。印象が明るくなったと、お客様にも喜んで頂けました。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2020-07-06 12:12:05 逗子市桜山にて葺き替えをして20年経過したお家の点検調査、屋根は定期的に塗装をすることで耐用年数を伸ばすことができます

      IMG_8524

       逗子市桜山にお住まいのK様より、屋根葺き替えから20年経過したお家の点検調査のご依頼をいただきました。  現在もコロナウイルスの感染が広がる中、街の外壁塗装やさんではお客様に安心してご依頼いただけるよう対策を講じて点検調査を行っております。詳しくは「新型コロナウイルスについて」をご覧ください。   ...続きを読む

      2020-07-05 17:25:28 横浜市保土ヶ谷区上菅田町にて築20年以上経過した折板屋根、塗膜が剥がれ錆が屋根全体にまわる前に塗装工事をしておきましょう

      IMG_8524

       横浜市保土ヶ谷区上菅田町にお住まいのU様より、外壁塗装を以前やった時に屋根塗装を同時にしなかった。屋根だけ10年以上何もしていない状態なので心配との事でご相談がございました。折板屋根は金属ですので、錆が回ってしまったら雨漏りにも繋がりますし、錆が回りすぎ腐食が進んだ折板屋根は塗装ができなくなる事もございます。さっそく現地調査に...続きを読む

      2020-07-02 11:48:53 横浜市金沢区長浜にて築18年の屋根と外壁の点検調査、美観と防水性を保つために約7~8年で塗装がおすすめです

      IMG_8524

       横浜市金沢区長浜にお住まいのK様より、築18年のお住まいの屋根外壁塗装を考えているとご相談をいただきました。今回K様はお家を建ててから初めて塗装を検討されたそうです。大切なお住まいの工事を検討する際にはわからないことがたくさんあり不安かと思います。塗装工事を初めてお考えの方はこちらをご覧ください。   ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る

      質問してね!

      私は街の屋根やさんの人工知能、AIコンシェルジュ!
      何を知りたい?

      9:03

      質問してね!