横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 相模原市中央区小山で台風後にお住まい点検、不具合の出ていた棟板金を交換して屋根塗.....

    相模原市中央区の施工事例

    相模原市中央区小山で台風後にお住まい点検、不具合の出ていた棟板金を交換して屋根塗装を行いました

    【施工前】
    屋根塗装ビフォア

    【施工後】
    屋根塗装アフター

    【お問い合わせのきっかけ】

    同じくらいの築年数のご近隣の方が令和元年の台風15号と台風19号で被災してしまったということで、ご自宅のことが心配になり、ご相談いただいた相模原市中央区にお住まいのG様です。お家を点検したところ、幸いなことに被災してはいなかったのですが棟板金には錆があり、釘も浮いている状態でした。前回の屋根塗装から10年以上経過しているということもあり、スレートも色褪せていたので棟板金交換と屋根塗装を行うことになりました。お客様からのご要望で、「屋根塗装するなら夏の暑さを和らげることができる遮熱塗料を使ってみたい」ということで、一液ワイドシリコン遮熱αでスレート屋根の塗り替えを行います。


    ITS事業部:魚住


    同じくらいの築年数のご近隣の方が令和元年の台風15号と台風19号で被災してしまったということで、ご自宅のことが心配になり、ご相談いただいた相模原市中央区にお住まいのG様です。お家を点検したところ、幸いなことに被災してはいなかったのですが棟板金には錆があり、釘も浮いている状態でした。前回の屋根塗装から10年以上経過しているということもあり、スレートも色褪せていたので棟板金交換と屋根塗装を行うことになりました。お客様からのご要望で、「屋根塗装するなら夏の暑さを和らげることができる遮熱塗料を使ってみたい」ということで、一液ワイドシリコン遮熱αでスレート屋根の塗り替えを行います。


    ITS事業部:魚住


    【工事内容】
    屋根塗装 棟板金交換
    【工事詳細】
    使用材料
    ベスコロフィラーHG,一液ワイドシリコン遮熱α
    施工期間
    7日間
    築年数
    築21年
    平米数
    59㎡(屋根)
    施工金額
    詳しくはお尋ねください
    お施主様
    G様邸
    ハウスメーカー
    お知り合いの工務店
    足場アイコン屋根塗装棟板金交換ン
    棟板金釘浮き
    棟板金の浮き
    以前、屋根塗装を行った時、棟板金も簡易的に修理してもらったというG様邸です。それから10年近くの時が過ぎ、棟板金の釘は浮き、錆も出てボロボロになっています。浮いている釘を見ると、かなり錆びており、以前から浮いていたことが分かります。よく飛散しなかったものです。
    スレート屋根の苔
    屋根の苔
    スレート屋根材の方は表面に藻や苔が繁殖しはじめていました。そのせいで汚れては見えますが、スレート自体は割れや欠けもなく、問題はありません。浮きや反りなどの変形はありましたが、最小限に留まっていましたので、問題なく塗装できます。
    高圧洗浄
    傷んだスレート
    足場を仮設したら、しっかりと高圧洗浄を行います。築21年ということもあり、高圧洗浄を行うと脆弱になった塗膜が剥がれてきました。一部、下地が見えてしまっているところもありますが、素地を強化する下塗り材をご用意していますのでご安心ください。
    棟板金撤去
    棟板金設置
    棟板金の交換を行います。これまでの棟板金とそれを固定していた貫板を解体し、撤去します。次に新しい貫板を屋根に固定していきます。棟板金はスレート屋根に直接、固定されているのではなく、この木製の貫板に固定されているのです。
    棟板金交換
    棟板金交換完成
    棟板金を貫板にビスで固定すれば、棟板金交換は完了です。これで強風の時も安心して過ごせる屋根になりました。強風時の被害で一番多くのお問い合わせをいただくのが棟板金です。強風などで年々、釘は緩んできますから築10年を過ぎたら、定期的に点検することをお勧めします。
    棟板金への目荒し
    水切り板金ケレン
    棟板金を新しいものにしましたので、塗装するためにケレンしていきます。ケラバの板金もケレンしていきます。ケレンというのは塗装に適した下地をつくるために、ヤスリなどで下地を整えることです。交換した棟板金は表面がツルツルなので、このままでは塗装に向きません。ケラバの板金は錆が出てきているので、こちらもやはり塗装には向きません。ケレンで塗装面を整えます。
    ハイポンデクロ
    錆止め塗布
    棟板金とケラバの板金には錆止め塗料を塗布しておきます。使用したのは1液ハイポンデクロです。エキポシ樹脂が塗装面に密着することによって、空気をシャットアウトし、錆を防ぎます。これで錆びにくい板金になりました。
    ベスコロフィラー
    屋根塗装下塗り
    築20年を超えていましたので、下塗りにはベスコロフィラーを使用します。ベスコロフィラーは傷んだスレートに浸透し、強くするという下塗り用の塗料です。スレートに浸透すると、これまでよりも強くなる理由を簡単に説明しますと、経年で溶け出したセメントの成分の隙間を塗料の樹脂で埋めてくれるからです。
    下塗り完了
    遮熱塗料
    ベスコロフィラーによる下塗りが完了しました。ベスコロフィラーの色は白ですので、遮熱塗料の下塗りにも効果があるのではないでしょうか。遮熱塗料は1液ワイドシリコン遮熱αを使用します。高反射性顔料の他、セラミックバルーンも含んでいますので、ダブルで遮熱効果を発揮します。
    ますば端を塗装
    棟板金へ塗装
    塗装では塗り忘れのないようにまずは狭い部分や端かに塗っていくのが基本です。まずはケラバの板金と棟板金を塗っていきましょう。色は明るめのローズピンクに近い色を選びました。黒からピンクですからお家のイメージチェンジにもあります。
    板金周りの中塗り
    スレート部分の中塗り
    板金周りの中塗りが終わりましたら、スレート部分の中塗りを行います。これまでと同じ色で綺麗に仕上げていく塗装も楽しいのですが、大きく色を変えていくイメージチェンジの塗装も楽しいものです。屋根に艶が蘇ってきましたね。
    板金周り上塗り
    スレート部分上塗り
    最後は仕上げの上塗りです。下塗りの時と同じくケラバの板金と棟板金から塗っていきます。塗る順番を決めておけば、同じ色を重ね塗りする場合でも、塗り忘れといったミスはなくなります。ケラバの板金から棟板金、棟板金からスレートへ塗装と工程を進めていきます。
    屋根塗装完了
    スレート屋根への塗装と棟板金交換が竣工しました。板金も変えて、屋根塗装を行ったことでこれまでの屋根が見違えるようになりました。お施主様も「屋根も綺麗になったし、夏も涼しくなるということだから来年の夏が待ち遠しいわ」とご満足の言葉もいただきました。保証期間中は定期点検に訪れますので、これからもよろしくお願い致します。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2020-07-08 12:51:01 横浜市戸塚区汲沢にて屋根と外壁の点検調査、色褪せしやすい色は赤で汚れが目立ちにくい色はベージュやアイボリー

      IMG_8524

       横浜市戸塚区汲沢にお住まいのH様より、屋根と外壁の点検調査のご依頼をいただきました。近所の屋根を工事していた業者からH様のお家についてご指摘があったようで、街の外壁塗装やさんにご相談くださいました。お家へ伺い、点検調査を行いました。 屋根の色褪せは屋根劣化のサインで赤は最も色褪せしやすい色  まずは屋根に登...続きを読む

      2020-07-06 12:12:05 逗子市桜山にて葺き替えをして20年経過したお家の点検調査、屋根は定期的に塗装をすることで耐用年数を伸ばすことができます

      IMG_8524

       逗子市桜山にお住まいのK様より、屋根葺き替えから20年経過したお家の点検調査のご依頼をいただきました。  現在もコロナウイルスの感染が広がる中、街の外壁塗装やさんではお客様に安心してご依頼いただけるよう対策を講じて点検調査を行っております。詳しくは「新型コロナウイルスについて」をご覧ください。   ...続きを読む

      2020-07-05 17:25:28 横浜市保土ヶ谷区上菅田町にて築20年以上経過した折板屋根、塗膜が剥がれ錆が屋根全体にまわる前に塗装工事をしておきましょう

      IMG_8524

       横浜市保土ヶ谷区上菅田町にお住まいのU様より、外壁塗装を以前やった時に屋根塗装を同時にしなかった。屋根だけ10年以上何もしていない状態なので心配との事でご相談がございました。折板屋根は金属ですので、錆が回ってしまったら雨漏りにも繋がりますし、錆が回りすぎ腐食が進んだ折板屋根は塗装ができなくなる事もございます。さっそく現地調査に...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る

      質問してね!

      私は街の屋根やさんの人工知能、AIコンシェルジュ!
      何を知りたい?

      9:03

      質問してね!