横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 高津区梶ケ谷にて屋根カバー工事と、遮熱塗料のサーモアイウォール(ND-152)を.....

    川崎市高津区の施工事例

    高津区梶ケ谷にて屋根カバー工事と、遮熱塗料のサーモアイウォール(ND-152)を使用して外壁塗装工事を行いました

    【施工前】
    施工前

    【施工後】
    施工後

    【お問い合わせのきっかけ】

     高津区梶ケ谷にお住まいのお客様より、築20年が経過したので、屋根と外壁のメンテナンスをお願いしたい、との依頼を承りました。調査に伺ったところ、使用しているスレート屋根は、ニチハ株式会社が製造・販売していたパミールを使用していました。すでに劣化で一部が剥離してきていおり、塗装ができない状態にありました。外壁はすでに塗膜が劣化した状態で、シーリングも経年劣化により打ち替えの時期に来ていました。外壁に関してはシーリングの打ち替え工事と外壁の塗装工事を、屋根に関しては野地板の状態はわるくなかったので、屋根カバー工法による工事を行いました。


    ITS事業部:魚住


     高津区梶ケ谷にお住まいのお客様より、築20年が経過したので、屋根と外壁のメンテナンスをお願いしたい、との依頼を承りました。調査に伺ったところ、使用しているスレート屋根は、ニチハ株式会社が製造・販売していたパミールを使用していました。すでに劣化で一部が剥離してきていおり、塗装ができない状態にありました。外壁はすでに塗膜が劣化した状態で、シーリングも経年劣化により打ち替えの時期に来ていました。外壁に関してはシーリングの打ち替え工事と外壁の塗装工事を、屋根に関しては野地板の状態はわるくなかったので、屋根カバー工法による工事を行いました。


    ITS事業部:魚住


    【工事内容】
    外壁塗装 屋根カバー工事
    【工事詳細】
    使用材料
    スーパーガルテクト サーモアイウォールND-152
    施工期間
    28日間
    築年数
    20年
    施工金額
    240万円
    お施主様
    K様邸
    保証
    10年
    外壁塗装

    破損した化粧スレート屋根の点検

    ニチハのパミールを使用 すでに劣化しているパミール

     さっそく屋根に上がらせていただき状態を確認いたします。
     使用している屋根材は化粧スレートが使われています。スレートの中でも、ニチハ株式会社が製造・販売していたパミールでした。このパミールというのは1996年から2008年まで製造された屋根材の一種で、屋根材に対してアスベストが使用禁止になる前に自主的に製造された、ノン・アスベスト素材です。

    剥がれてきているパミール 苔が繁殖

     各メーカーがまだ確かな技術が確立される前に開発されたもので、経年劣化によりどんどんミルフィーユのように剥がれていってしまう現象が起きました。それ以降は製造中止になったのですが、こちらは製造中止になる前のお住まいでした。お客様の屋根もすでに劣化で一部が剥がれてきています。ところどころ白くなっている部分が剥離している部分です。
     パミールは表面が剥がれてしまうため塗装工事をしても効果が得られません。お客様には比較的コストのかからない屋根カバー工法をおすすめいたしました。

     

    チョーキング現象 シーリングが劣化してきている

     続いて外壁の様子を見てみます。
     お客様のお住まいは窯業サイディング外壁になります。ファサードにレンガを模したデザインを使用し、側面と2階はベージュの色を配したおしゃれなデザインのお住まいです。やはり20年経過していますので、近寄ってみますと外壁のあちらこちらで色褪せ、汚れが目立ちます。ただ多少カビが繁殖して汚れているように見える個所がありましたが、苔や藻が繁殖したような個所はありませんでした。直接触って確認しますと、チョーキング現象が出てきています。塗膜が経年劣化して粉化する現象です。

    シーリングが劣化

     外壁に施されているシーリングも同様に劣化してきており、外壁材との間にわずかに隙間が発生してきています。シーリングも8年から10年で寿命がくるために、定期的に打ち替え工事を必要とします。お客様のお住まいも、そろそろシーリングの打ち替えを行っておいたほうがいいでしょう。
     お客様にはシーリング打ち替え工事と、外壁の塗装工事をご提案させていただき、今回の受注となりました。

     

    屋根カバー工事の様子

    外側に養生と仮設足場を設置 屋根にも足場

     まずは足場を設置します。今回は屋根の勾配がかなり急ですので、屋根にも足場を設置いたします。

    ルーフィングを葺いていきます 1階屋根にもふいていきます

     屋根カバー工法というのは、既存の屋根材を撤去せず、その上から新しい防水紙と屋根材を葺いていく工法で、既存の屋根材を撤去する費用と工期を抑えることができます。特にアスベストを含んだ屋根材を撤去するには処分費を含めてかなり高くなってしまうためこの費用を抑えることができる屋根カバー工法はかなりお得な工法といえます。

     既存の棟板金を撤去し、今あるスレートの上に防水紙を被せていきます。使用する防水紙はTAJIMA製TADISセルフです。貼り直しができる遅延粘着型でおよそ2時間で協力に密着します。

    スーパーガルテクトを葺いていく 1階屋根にもスーパーガルテクトを葺いていく

     防水紙を施設後、スーパーガルテクトを葺いていきます。屋根の軒側、下場から丁寧に施設していきます。
     スーパーガルテクトはとても軽くて耐久性が高い素材で、加工もしやすく、よほど大きな屋根でもない限り1日で取り付けが終わるので、施工期間の短縮にもつながる屋根材です。
     1枚1枚ビス止めを行っていきます。ビス止めは下に施設した野地板と、さらにその下にある垂木に沿って行います。下の垂木にまでビスを聞かせる事で、スーパーガルテクトと下地がしっかり固定され強度が増していきます。

    屋根カバー工法完工

     スーパーガルテクトの葺き替えが終わり、続いて屋根のてっぺんの棟板金を設置します。合成樹脂製の貫板から設置し、そこに板金を固定していきます。合成樹脂の貫板は木製と違い腐食しないのでその分長持ちいたします。板金を設置し終わり、スーパーガルテクトによる屋根葺き替え工事が竣工しました。

     

    外壁塗装工事の様子

    既存のシーリングを剥がす シーリングを剥がす

     外壁は塗装作業に入る前に、まずは補修作業から入ります。シーリングの打ち替えです。全ての古いシーリングを撤去することから始めます。カッターやペンチなど使用して撤去していきます。きれいに剥がした後、再度シーリングを充填していくのですが、その前に溝の両端をマスキングテープで覆います。

    シーリングを打ち込む ヘラで均す

     その後で溝に専用の下地材塗布していきシーリング材を充填していきます。シーリングを充填した後、乾く前にヘラで均します。外壁の仕上げにに直接影響しますので丁寧に処理していきます。その後シーリングが完全に乾く前に、マスキングテープを剥がしていきます。

     

    サーモアイウォールシーラー サーモアイウォール

     いよいよ外壁の塗装です。今回塗装に使用する塗料は、遮熱性塗料として有名なサーモアイシリーズです。下塗りに日本サーモアイウォールシーラー、仕上げ塗装にサーモアイウォールを使用します。塗装は屋根と同様、下塗り、中塗り、上塗りの計3回塗装を行います。

    サーモアイウォールシーラーで下塗り 下塗り

     まずは下塗り用のサーモアイシーラーを塗っていきます。やや毛足の長いローラーを使って塗装していきます。毛足が長めですので、レンガ調の段差にもしっかりと塗ることができます。

    ローラーを使用して仕上げ塗装 仕上げ塗装

     下塗り塗布完了後は、充分に乾燥させて、仕上げ用のサーモアイウォールSiを使用して2回の仕上げ塗装を行います。使用する色はND-152番になります。

    上塗り 上塗り
     下地と同様ローラーと刷毛を使い分けて丁寧に塗っていきます。一工程ごとにしっかりと乾燥させ、塗膜の厚みを付けていきます。厚みを付けるために一回の塗装で濃度の高い塗料を調合して塗膜を作るのではなく、適量に調剤した塗料を適切な回数で重ね塗りすることが大切です。

    軒天の塗装 破風板の塗装

     同時に付帯部分も塗っていきます。軒天や破風板をローラを使用して塗っていきます。

     

    屋根カバー工事、外壁塗装工事、竣工

    塗装工事完工

     これで屋根カバー工事、外壁の塗装工事、およびシーリングの打ち替え工事が完了いたしました。最後に複数スタッフにより最終確認を行い、塗装後の塗り残しや色ムラなどをチェック・補修し、工事完了となります。最後はお客様にご確認いただき、工事竣工となります。

     外壁に使用した塗料は屋根にはおなじみの遮熱性塗料サーモアイシリーズを使用しています。直射日光からの熱の伝わりを防ぎ、室温が高まるのを抑える効果があります。夏の暑さ対策としてとても優れた塗料です。屋根・外壁の塗装工事の事でお悩みがございましたら、まずは街の外壁塗装やさんにご連絡ください。

     

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2020-08-12 21:41:30 横浜市栄区本郷台でモルタル壁の点検、築8年目で傷みが出始めておりました

      IMG_8524

       横浜市栄区本郷台にお住いになられているE様より外壁のメンテナンスについてお問い合わせがございました。築8年のモルタル壁のお宅とのことで、汚れも目立ってきて外壁にはメンテナンスが必要になることを知ったそうです。モルタル壁はリシンを混ぜた塗料などにより表面が仕上がっておりますが、その分汚れも付きやすい傾向がございます。まずは横浜市...続きを読む

      2020-08-08 21:52:10 横浜市泉区白百合でモルタル壁の点検、上も見上げればひび割れがありました

      IMG_8524

       横浜市泉区白百合にお住いになられているH様のお宅でモルタル壁の点検を行いました。築14年の建物でこれまでに外壁のメンテナンスは行っていないとの事でした。「これまで不具合はなかったが、最近訪問業者が多い」とご不安なご相談がございましたので、横浜市泉区白百合H様のお宅にお伺いいたしました。新型コロナウイルス(covid-19)の感...続きを読む

      2020-08-07 15:50:44 横浜市保土ヶ谷区仏向町で窯業系サイディングの点検、剥がれや浮き始めはメンテナンスのサインです

      IMG_8524

       横浜市保土ヶ谷区仏向町にお住いにならているF様より「家の外壁が傷み出してきた」とお悩みのご相談がございました。築20年近く経過した建物とのことでした。点検にお伺いすると、使用されている外壁材は、窯業系サイディングでした。横浜市保土ヶ谷区仏向町F様のお宅は、山の斜面に建てられているせいか、建物周囲の環境としては湿気多く、窯業系サ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る