横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 横浜市保土ヶ谷区仏向町のとある集会所のルーフバルコニーから雨漏り発生、ウレタン防.....

    横浜市保土ヶ谷区の施工事例

    横浜市保土ヶ谷区仏向町のとある集会所のルーフバルコニーから雨漏り発生、ウレタン防水密着工法で雨漏り解消し憩いの場が元通りになりました

    【施工前】
    雨漏りしていたルーフバルコニー

    【施工後】
    ウレタン防水密着工法にて雨漏り解消

    【お問い合わせのきっかけ】


     横浜市保土ヶ谷区にありますとある集会所の組合のご担当者様から、「集会所の一階天井にかなり前から雨染みがあった。最近特に染みが拡がってきたので雨漏りの原因特定と工事の提案が欲しい。」とのお問合せを頂きました。
     集会所は築40年近く経っており、数年内には建て直す予定との事でした。しかし、このコロナ禍でも近隣にお住まいの方の集いの場として使われている大切な場所との事で、予算内で出来る工事でお願いしたいとのご希望がございました。
     現地調査に伺い、まずは天井にある雨染みを見させて頂きます。確かに天井材に雨染みの跡がクッキリと出ており、この雨染みが拡がる時は大雨が降った時限定との事でした。この雨染みの真上はルーフバルコニーになっているとの事。今度はそちらを確認します。ルーフバルコニーに上がる際に気になる事があり、一旦集会所から外に出て確認すると、雨染みがあるラインの真上にはルーフバルコニーと外壁の取合いが生まれている事がすぐに分かります。それを確認した後ルーフバルコニーを見てみますと、予測していたとおり防水層の経年劣化で防水層と外壁の取合いに大きく亀裂が入っておりました。おそらく雨漏りは横殴りの強風を伴う大雨時にここから発生していたと思われます。
     その他見ていきますと、まず平場の防水表面に亀裂が複数ある事も分かりました。また、窯業系サイディングのサッシ廻りに打たれていたシーリング材の硬化やひび割れも確認できます。さらには雨水を樋に流す排水ドレンは鋳物でしたが、相当錆が回ってしまっておりその影響で出来る隙間からも漏水の心配がありました。
     以上の事を現地調査後にご報告し、予算的にまずはルーフバルコニーの防水工事のご提案となり、ご用命頂きました。
     まだそこまで膨れがなかった事から、1液性のウレタン防水密着工法にて施工させて頂きました。
     新型コロナウィルスの感染拡大防止の為、街の外壁塗装やさんでは引き続き新型コロナウィルス対策を徹底し、お客様に安心して調査のご依頼や工事のご用命を頂ける環境を整えております。


    担当:新海



     横浜市保土ヶ谷区にありますとある集会所の組合のご担当者様から、「集会所の一階天井にかなり前から雨染みがあった。最近特に染みが拡がってきたので雨漏りの原因特定と工事の提案が欲しい。」とのお問合せを頂きました。
     集会所は築40年近く経っており、数年内には建て直す予定との事でした。しかし、このコロナ禍でも近隣にお住まいの方の集いの場として使われている大切な場所との事で、予算内で出来る工事でお願いしたいとのご希望がございました。
     現地調査に伺い、まずは天井にある雨染みを見させて頂きます。確かに天井材に雨染みの跡がクッキリと出ており、この雨染みが拡がる時は大雨が降った時限定との事でした。この雨染みの真上はルーフバルコニーになっているとの事。今度はそちらを確認します。ルーフバルコニーに上がる際に気になる事があり、一旦集会所から外に出て確認すると、雨染みがあるラインの真上にはルーフバルコニーと外壁の取合いが生まれている事がすぐに分かります。それを確認した後ルーフバルコニーを見てみますと、予測していたとおり防水層の経年劣化で防水層と外壁の取合いに大きく亀裂が入っておりました。おそらく雨漏りは横殴りの強風を伴う大雨時にここから発生していたと思われます。
     その他見ていきますと、まず平場の防水表面に亀裂が複数ある事も分かりました。また、窯業系サイディングのサッシ廻りに打たれていたシーリング材の硬化やひび割れも確認できます。さらには雨水を樋に流す排水ドレンは鋳物でしたが、相当錆が回ってしまっておりその影響で出来る隙間からも漏水の心配がありました。
     以上の事を現地調査後にご報告し、予算的にまずはルーフバルコニーの防水工事のご提案となり、ご用命頂きました。
     まだそこまで膨れがなかった事から、1液性のウレタン防水密着工法にて施工させて頂きました。
     新型コロナウィルスの感染拡大防止の為、街の外壁塗装やさんでは引き続き新型コロナウィルス対策を徹底し、お客様に安心して調査のご依頼や工事のご用命を頂ける環境を整えております。


    担当:新海


    【工事内容】
    防水工事 雨漏り修理
    【工事詳細】
    使用材料
    KFケミカル株式会社 KFシールテクト 
    オート化学工業 オートンイクシード
    施工期間
    3日間
    築年数
    40年
    施工金額
    43万円
    お施主様
    集会所
    ハウスメーカー
    地元工務店
    雨漏り修理防水工事

    【現地調査の様子】

     

    天井に雨漏り

     

     現地調査にお伺いした時の様子です。一階部分の天井材に雨染みが多くある事が確認できます。一部は剥落しそうなほど天井材が湿っており、確認しますとこちらは相当前から雨染みがあり、最近の大雨時に大量に漏れてしまいその後に写真の様に黒ずんでしまったようです。

     幸い漏電もなかったそうですが、見えない屋根裏には分電盤からの配線があるはずです。築年数が経過していると配線表面の被覆が傷んでいたりしますので、最悪は漏水の際に配線を雨水が伝わりそこからショートを起こし、火災に繋がる事もある為、雨漏りしているお住まいは早めに修繕をする必要がございます。漏電し停電を引き起こしてしまうとご自宅ならず、近隣一帯も停電してしまう事もありますので注意しましょう。

     

    かなり長い間放置されていた雨漏り

     

     調査を続けているうちに気になったのが、雨染みが室内を見ている限り直線に拡がっていた事です。こちらの雨染みがある上は居室ではなく、ルーフバルコニーがあるとの事でした。その事をお話で伺った際に気になる事があり集会所の外へ出て雨染み箇所と外観を照らし合わせ見てみますと、雨染みが直線になって現れている箇所は外から見るとルーフバルコニーと外壁の取合い部分と合致している事が分かります(写真右)。この時点ではおそらくですが、ルーフバルコニーの防水層の劣化が外壁との取合い部分にあるのではと推測できます。しかし、確定しているわけではない為、その後ルーフバルコニーを見させて頂きました。

     

    ルーフバルコニーの様子

     

     こちらが二階にありました広めのルーフバルコニーです。先ほどの気になっていた箇所は掃き出し窓の直下、写真の矢印で指しているルーフバルコニーと外壁との取合い部分です。雨染みが直線になって一階天井に現れていた真上は、まさにこのルーフバルコニーと外壁との取合いなのです。築年数が40年程でルーフバルコニー以外からの雨漏りもしていないか確認した所、屋根は数年前に葺き替えを行っているとの事で、一階にある庇やサイディングも確認致しましたが、可能性として一番高いのはこちらのルーフバルコニーと外壁との取合い部分です。もう少し細かくみていきます。

     

    平場と立上りの際に亀裂 平場の亀裂

     

     一枚目の写真の赤い丸の中を見て頂くとすぐにお分かり頂けると思いますが、こちらはルーフバルコニーの立上りの入隅部分です。横に大きく亀裂が入っているのが確認できました。雨漏りするのは強風を伴う大雨時に限定されているとの事でしたので、このルーフバルコニーの立上り部分の大きく割れた亀裂から雨水が入り込んでいると考えられます。また平場にも亀裂が入り雨が降れば防水層の表面から内部へ雨水がジワジワと入り込んでしまう余地が十分にあるような状態でした。この時点で集会所の担当者様とお話をし、今後数年内に建て壊す予定との事もありましたので、予算的にまずはこのルーフバルコニーの修繕して防水工事をとのお話になりました。

     

    シーリングの劣化 ドレンも錆が酷くゴミが流れず溜まっている

     

     また、雨染みの真上には先ほど見たルーフバルコニーの亀裂以外にも、掃き出し窓廻りにあるシーリングが硬化しサイディング外壁から剥離している箇所も部分的に見られましたので、今回は同時にサッシ廻りのシーリングの施工も行う事となりました。他にはこちらの集会所の排水ドレンが鋳物で出来ており相当錆が進んでしまっており、汚れも溜まってしまって詰まってしまっておりました。詰まりは鋳物のストレーナーを外しその場で清掃し、水を流した所問題なく一階へ落ちていく竪樋内を通って外へ排水されている事が確認できました。

     しかし、年数が経っている鋳物排水ドレンは既存の防水層や樋との間に隙間を生じさせ、その出来た隙間から建物内へ漏水してしまう事もある為、今回はルーフバルコニーへウレタン塗膜防水密着工法にて改修すると同時に、排水ドレンもストレーナーごと交換する事となりました。それでは施工の様子です。

     

    【施工の様子、高圧洗浄】

     

    まずは洗浄 汚れは綺麗に流します

     

     まずは塗装といえば既存の汚れを撤去するために、高圧な水で洗浄作業を行う工程から始まります。隅々まで高圧な水をかけて長年かけて溜まってしまった汚れを洗い流します。鋳物排水ドレン廻りも綺麗に清掃し、乾燥を待ってから次の工程へと移ります。再度確認の為に平場と亀裂が大きかった立上り箇所へ高圧な水をかけた所、時間が経過してからやはりポタポタと漏水しておりました。

     

    【ケレン作業】

     

    ケレン作業 立上り部分もしっかりとケレンを行う

     

     高圧洗浄作業が終わったら次は下地処理としてケレン作業を行います。カワスキ等で平場と立上りの表面の残った汚れを取り除き、この後塗布しますプライマーの密着性を高めるために必ず必要な工程となります。ケレン作業を行いませんと、仕上がりに大きく影響してしまいます。期待している耐用年数ももたずに防水層が傷んでしまう事も十分に考えられますので、ケレン作業や清掃を行います。

     

    【平場メッシュ補強】

     

    シールとメッシュクロスで補強 オートンクイックで亀裂を補修

     

     こちらはケレン作業を終えた後に行う補修の様子です。現地調査時にも見られた平場の亀裂に補強用メッシュを張り、その上からオート化学工業の防水下地処理専用のオートンQイックシーラント、よく現場でオートンクイックと呼ばれる速乾性1液タイプのノンブリードタイプのポリウレタン系シーリング材で補強を行います。ノンブリードとはその上に塗布する塗料を傷めつけない成分が入っているという意味です。そのシーリングをたっぷりとメッシュの上から充填した後にへらで均して亀裂を埋めます。

     平場の亀裂はそこまで多くなかった為、平場の補修はすぐに終わりました。

     

    【プライマー塗布、改修ドレン取付開始】

     

    下塗り塗布 改修ドレンの取付

     

     下地処理が終わったらいよいよKFケミカル株式会社のKFシールテクトUB-1プライマーを塗布していきます(写真左)。このシリーズの特徴は速乾性に優れております。理由として、ベースとなるウレタン塗料のベースに硬化促進剤を入れることで乾燥時間をあまり設けずにトップコートまで仕上げる事ができる点です。工期短縮にもつながる優れた1液性のウレタン塗膜防水です。こちらを丁寧にケレン作業と補修で綺麗になったルーフバルコニーの平場と立上りに塗り込みます。

     プライマーを塗布した後に、新しく改修用ドレンを取り付けます。写真右の様が既存の排水ドレンに差し込む改修用ドレンです。こちらは取り付ける前にオートンクイックで隙間が出来ないようにシーリング処理を施している所です。この後既存の排水ドレンに入れ込みます。勾配がある程度ついている箇所でも、改修用ドレンを使うと大雨時に排水ドレン廻りに雨水が溜まりやすくなります。ある程度広さがあるルーフバルコニーなら問題ないのですが、戸建住宅に見られる一般的な広さのバルコニーやベランダでは大雨時に雨水が室内に入る程嵩が上がる事もある為、ある程度雨水が溜まってきたらバルコニー内から雨水を外へ逃がすためにオーバーフロー管を取り付ける事もあります。

     

    取付後もクロス補強 極力段差が出来ないよう叩きます

     

     改修ドレンをしっかり叩き段差が極力でないように取り付けた後は補強用メッシュを張り、立上りの入隅部や改修ドレン廻りにオートンクイックをたっぷりと使用しヘラで均し下処理を行います。ウレタン防水密着工法時の補強用メッシュは下地が水分を吸いすぎてしまい、膨れが酷い場合の時は意味がありませんので、そのような場合はそもそも密着工法ではなく下地と防水層の間に出来てしまう水分・水蒸気を抜くために通気緩衝工法を行います。それぞれの下地に合った工法があります。補強用メッシュは伸びる力に対して強くなりますので、補強が必要な箇所にはプライマー後に使用します。

    【入隅部シール、立上り部メッシュ補強】

     

    入隅シール クロスメッシュで補強

     

     改修ドレンを取り付けたら、平場と立上り部分の入隅になる箇所へオートンクイックを使ってシーリングを打っておきます。その後立上り部分に全て補強用メッシュを入れて下準備をしておきます。今回雨漏りに直結していた箇所はまさにこの入隅部の劣化によるものでした。

     ウレタン塗膜で覆われて見えなくなる箇所ですが、入隅部へのシーリングをしっかり行う事により、亀裂や破断がなるべく起きないように下地処理をしておくことが重要なのです。お住まいは寒暖差や地震、風雨の影響で揺れが生じます。その揺れがジワジワとお住まいを傷めつけられてしまうと今回の様に雨漏りに繋がる事もあります。それは防水だけではなく屋根や外壁も同様です。

     

    【ウレタン防水ベース塗装】

     

    ウレタン塗膜防水 ローラーで塗布していきます

     

     プライマー、下地処理をしっかりと行った後に、硬化促進剤を入れたウレタン防水、KFシールテクトベース材をローラーにてたっぷりと塗布していきます。しっかりと厚みが出るように注意しながらローラーで塗り込んでいきます。メーカーや塗料の種類によりこのウレタン防水は二回塗りもあれば一回塗りもあります。今回使用したKFケミカルのKFシールテクト工法では一回塗りでしっかりと厚みをもたせた防水層を形成可能なウレタン防水となります。職人が丁寧に施工致しました。

     

     

    ベース塗布終了

     

     こちらはベースを塗り終えた所で全体を撮影してみた所です。水が張ってあるかのように既存の防水層が全て隠れ新たな防水層を形成しています。トップコートはこちらのベースがしっかりと乾燥してから塗布致します。

     

    【トップコート塗布、仕上げ】

     

    トップコート塗布 トップコート塗布完了

     

     翌日乾燥後、仕上げのトップコートを塗布致します。新しくしっかりとした防水層には、このトップコートを塗布することにより紫外線の影響や風雨などから防水層が割れたりし雨漏りしてしまう事がないように防水層を守ってくれる役割を担っています。きちんと新たなウレタン防水塗膜が硬化しているのを確認してから仕上げを行いますが、中途半端に乾いた状態で行うと数年内にすぐに膨れや剥がれが生じてしまいますので、注意が必要です。トップコートが乾いたら改修ドレン内にゴミや落ち葉が溜まらないように新しくストレーナーと呼ばれるステンレス製のカバーを取り付けて完成となります。

     

    【サッシ廻りシーリング増し打ち】

     

    サッシ廻りシール増し打ち オートンイクシードで増し打ち

     

     こちらは掃き出し窓の廻りに打たれているシーリングが劣化していた為に増し打ち作業を行っている様子です。シーリングは建物が動いてしまう時の緩衝材、また継ぎ目から雨水が入らないように防水性能も担っている為、割れや剥離が見られたらメンテナンスが必要な部分となります。また今回はこの直下に雨染みが生じておりましたので、防水工事を行うと同時に疑わしきこちらも同時にメンテナンスをしておきます。まずは、マスキングを張りプライマーを塗布致します。その後、オート化学工業の超高耐久を誇るオートンイクシードを使って既存のシーリングの上へ増し打ち作業を行います。

     

    均してシール施工完了

     

     たっぷりとマスキングにのるほど厚みをもたせた後、ヘラで均していきます。お住まいは365日、どの箇所も紫外線の影響や車が通った時の振動、地震、風雨により影響を受けます。特にサイディングが使用されている外壁はボードとボードの継ぎ目やサッシ廻りのシーリングの劣化から雨漏りに繋がる事も多くございます。目視で確認できる箇所でもありますので、定期的に目視で確認し、雨漏りに繋がる前にメンテナンスをお勧め致します。街の外壁塗装やさんでは、その際は今回の様に超高耐久で15年超メンテナンスが必要なくなると言われるオート化学工業のオートンイクシードをお勧め致します。標準品よりも予算は上がりますが、長い目で見ますと予算以上にお住まいを守る観点ですとお勧めのシーリング材となります。

     

    【雨漏り改修、防水工事竣工】

     

    新しくストレーナーも設置 竣工確認

     

     竣工確認に伺う予定の早朝、雨が降ってしまいましたが現地に到着する頃は晴れ間に変わっていました。当然雨漏りはなく、ルーフバルコニーを見渡しきちんと防水されている事が確認できました。施工直後と晴れ間が重なってピカピカになっている様子が窺えました。

     一枚目の写真は新しく設置した改修ドレンとストレーナーです。落ち葉や汚れが新しく取り付けた改修ドレン内部に極力入らないようになっております。改修ドレンを取り付ける際はストレーナーとセットで取り付けます。

     

    しっかりとした防水層が復活

     

     横浜市保土ヶ谷区仏向町のとある集会所のルーフバルコニー防水工事が無事に竣工となりました。今回は長年放置していた雨漏りがより顕著に出てしまうようになった為に、ウレタン防水密着工法により施工させて頂きました。しっかり防水面が機能しているのが写真からもはっきりとお分かりいただける仕上がりになったのではないでしょうか。ご担当者様と現地で確認した際にも満足頂ける仕上がりになったとお言葉を頂戴いたしました。今後は建て壊す予定時期までの間に新たに予算を組めたら、ご指摘させて頂いた庇や外壁のメンテナンスも行う予定との事です。

     この度はご利用いただき、誠にありがとうござました。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-06-20
      築10年の横浜市港北区小机町のお住まいのサイディング外壁では、細かいクラックが発生しており、シーリング材も劣化が進んでおりました

       横浜市港北区小机町にお住まいのY様より、築10年が経過したお住まいの外壁塗装をご検討中とのお問い合わせをいただき、現地調査にお伺い致しました。  Y様のお住まいの外壁には窯業系サイディングが使用されておりました。一見すると綺麗な白い外壁には問題...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-06-19
      川崎市多摩区堰にて、オートンイクシードで外壁の雨漏り補修とパーフェクトトップ (ND-460)で外壁塗装

       川崎市多摩区堰のK様邸にて外壁のシーリング補修と塗装を行いました。K様邸では、窓のサッシ周りや外壁からの雨漏りが発生してしまい街の外壁塗装やさんへご連絡くださいました。梅雨入りしましたが、万が一雨漏りが発生してしまった場合は、私たち街の外壁塗装やさんへご連絡...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-06-15
      座間市入谷西にて、パーフェクトトップ 「ND-013」で外壁塗装を行いました

       座間市入谷西のK様邸で外壁塗装とバルコニーのトップコート塗り替えを行いました。K様邸では複数の工事を同時に行ったのですが、工事をまとめることで足場代の節約になりますし一回で工事が終わるのでおすすめです。現在街の外壁塗装やさんでは新型コロナウイルス対策を徹底し...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る
      お問い合わせ