横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ウッドデッキなどの木材に使用する塗料をご紹介

    ウッドデッキなどの木材に使用する塗料をご紹介

    更新日:2018年1月6日

    お家のウッドデッキやテーブルなど、木材で出来ている部分の傷みや汚れがひどくなってきたから塗装しようかな…色を変えてみようかな…とお考えの方はいらっしゃるでしょうか?
    しかし、木材部分の塗装はどのようにすれば良いのかわからない方も多いかと思います。
    そこで本日は、木材部分に使用する塗料など、木部の塗装についてのご紹介をしたいと思います。
    ウッドデッキ

    木材におすすめの塗料

    木材の塗料は一般的な外壁や屋根に使用する塗料とは異なります。
    防カビや防腐、防虫など木材の呼吸を防がないような機能がある塗料を使用します。
    木材用の塗料には、木目を生かす塗料と生かさない塗料の2種類があります。
    木目を生かす塗料の特徴は、木材にしみこむタイプや透明の為、木材特有の雰囲気を損なう事がありません。しかし、塗り替えのサイクルが約2、3年と短く、長持ちしないことがデメリットにあります。
    また、木目を生かさない塗料とは、木材の上に塗膜を作る塗料で、木目を消すという特徴があります。木の質感、雰囲気は無くなってしまいますが、塗り替えサイクルは約5年ほどと先ほどの塗料よりは長くなります。
    木部塗装
    木部

    DIY?業者依頼?どちらがおすすめか

    DIYで塗装するか、プロの方にお願いするか、悩むこともあるかと思います。
    そういった場合は以下の基準で判断することがおすすめです。

    ・足場の必要性
    ・木材に塗装がされているかどうか
    ・塗装する面積

    塗装す箇所が高所で足場を必要とする場合は、やはり業者に依頼することがおすすめです。また、木材に塗装がされている場合は、ご自身でいざ塗装を行おうとする際に、はじかれて塗装がうまくできないということもありますので、そういった場合は、サンドペーパーなどで研磨してからの塗装になります。塗装をする面積が小さい場合にはDIYでも可能かもしれませんが、面積が広い場合は大変な作業になるため、業者に依頼しましょう。
    ちなみに、木材に塗装されているかどうかの判断は、水をかけてはじくかはじかないかで分かります。塗装をする前に、一度試してみましょう。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る