横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 塗装前の下地処理|クラック補修

    塗装前の下地処理|クラック補修

    更新日:2015年5月6日

    外壁や屋根を塗装する前には下地の調整が重要です。

    高品質な塗料を使用しても塗装面の下地処理が悪いと塗料本来の性能を十分に発揮できません。

    洗浄後の下地処理に関して、数回に分けてお話していこうと思います。

    高圧洗浄で汚れや古い塗膜を落としたら、下地の状態を改めて確認し、調整に入ります。

    洗浄後は汚れの下に隠れていた傷やクラック(亀裂・ひび割れ)が見つかることもあります。

     

    『モルタル壁のクラック補修』

    モルタル壁は経年変化によって自然とクラックが表れます。

    モルタルは砂(細骨材)とセメントを水で練り合わせたもので出来ていますので、時間の経過とともに乾燥し収縮します。

    この乾燥は、水と練り合わせて作った資材(モルタルやコンクリート)にとって、避けて通れないものです。

    発生してしまったクラックは気温の寒暖差や地震によって少しずつ広がります。

    塗膜の劣化や雨漏りの原因になりかねませんので、塗装前にしっかりと対処します。
    クラックの補修方法は亀裂の深さによって異なります。

     

    【ヘアークラック】

    外壁の表層面に出来た髪の毛のような浅いヒビ割れをヘアークラックと言います。

     

    ヘアークラック
    (一般的に幅0.3mm以下、深さ4mm以下の亀裂)

    ヘアークラックは躯体(建物の構造体)に影響を及ばさない為、弾性のある塗料で対処する事が多いです。

     

    【構造クラック】

    躯体内部より生じた亀裂を構造クラックと言います。
    構造クラック
    こちらは塗装だけでは補修できませんので補修剤等を使用して壁の補強をしていきます。
    構造クラックは、亀裂箇所から雨が入り込み、基礎を腐食させる危険性があります。

    0.3mm以上のクラックは、補修剤が亀裂内部にまで行き渡るようにVカットまたはUカットに溝を掘ります。

     

    Vカット サンダー シーリング クラック補修

    クラック補修完了  下塗り

    大きな亀裂は建物のバランスが崩れ強度が低下するおそれもありますので必ず専門家に見せて補修してもらいましょう。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る