横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • イオン銀行住宅ローン

    HOME > 外壁塗装をする前に知っておきたい塗料のこと

    外壁塗装をする前に知っておきたい塗料のこと

    更新日:2017年11月17日

    外壁塗装を行うきっかけは皆様どのような時でしょうか。「数十年たってお家の外壁が汚れてきたから…」「今の色があせてきてしまって飽きてきたから」…などお家の美観のためでしょうか?
    塗装を行う事には、単に美観の為など、お家の外観の良さを向上するだけではありません。他にも、塗料の機能によっては塗装を行う事で、雨漏りの防止や、外部の気温で室温を左右させにくくさせるなどのメリットもでてきます。
    また、お家の塗装は塗膜の寿命を長くさせます。
    塗料の種類やそれぞれの特徴を知ることで、お家へのメリットがわかるようになります。
    そこで本日は、まず、塗料の油性と水性についてを説明したいと思います。
    外壁塗装

    水性塗料と油性塗料

    塗料には様々の種類の塗料がありますが、どのような塗料でも水性と油性にわけることができます。
    外壁塗装用の塗料はまず水か溶剤で薄めてから、外壁に塗装を行っていきますが、この時に薄める液体(水か溶剤か)によって水性塗料か油性塗料かでわかれていきます。
    油性塗料に使用するシンナーなどの有機溶剤は非常に危険なもので、人間の体にも有害なものです。有機溶剤を取り扱っている仕事をしている人には特殊な健康診断が設けられているほどなのです。
    反対に水性塗料は水を使って塗料を薄めるのでシンナーを使用していません。しかし、シンナーを使用していないからと言って水性塗料は、「臭いがしない」「安全」ということはありませんので注意しましょう。
    塗料
    薄める

    それぞれの特徴

    油性塗料のメリットには、長持ちする、汚れが付きにくい時期が長い、乾燥しやすいなどがあります。反対にデメリットには、臭いが強い他に、価格が少し高くなっています。
    水性塗料のメリットは、臭いが少なく、害が少ないため現場での保管が楽であることや、油性に比べて価格が少し安い点などがあげられます。
    また、デメリットには、油性より少し寿命が短いことや、艶が落ちやすい、雨の時期は施工が難しいなどがあります。
    しかし、最近では雨の日でも雨が直接あたらない所でなければ下塗りから仕上げ塗まで進められる下塗り材と塗料の組み合わせもあります。必ずしも上記のような場合でないこともあるということを知っておきましょう。
    外壁、屋根の塗料は日々進化してきています。
    お家にあった外壁塗料をもっと知りたいなと思ったらお気軽に街の外壁塗装やさん横浜店までご相談ください。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る