横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

HOME > 施工事例 > 港北区の戸建て、モノトーンの塗装でシックにイメージチェンジ

横浜市港北区の施工事例

港北区の戸建て、モノトーンの塗装でシックにイメージチェンジ

【施工前】
施工前

【施工後】
施工後

【お問い合わせのきっかけ】
サイディングが爆裂してボロボロ剥がれてしまうという状況でお困りの港北区のお客様。 サイディングの補修も兼ねて、屋根・外壁塗装工事を施工する事になりました。 折角なのでメリハリの効いたモノトーンの配色でシックにイメージチェンジに成功!!

【工事内容】
外壁塗装 屋根塗装 部分塗装 防水工事
【工事詳細】
使用材料
ヤネMシリコン、パーフェクトトップ
施工期間
10日
築年数
25年
平米数
123㎡
お施主様
I様邸
保証
8年
852fb9adc50fbcca17d1acb79b41cdb7
北側のサイディングが、全体的に爆裂して剥がれています。
原因は、塗膜がチョーキングを起こして撥水効果がなくなって水を吸った為に、サイディング自体に水を含んだところに、寒さで凍結したことによる「凍結爆裂」です。
点検
塗装も剥がれて、すっかり下地が見えています。
サイディングもボソボソになっていて、この上から普通に塗っても、直ぐ剥がれてしまうでしょう。
点検
南側には塗膜の剥がれは、あまり見受けられないのですが
同じようにチョーキングが出ているので、じきに北側のようになってしまうでしょう。
点検
あと、サイディングの目地が剥離し始めていますので
コーキングの打ち替えが必要です。
e38f9cf770dc031321064b6f61a79c42
上下ではなく、面で塗り分けをしてみました。今風?な感じでしょうか?娘さんにはウケがよかったのですが。
86bdee3dd2b3d678ec82d2432631fcab
シンプルに上下でモノトーンに塗り分け。明度でメリハリを出しています。
63a1fdb7f64768bb9444b71671e80646
グレーに合う色といえば、薄いピンクなんか合いますね。かなりかわいい感じになってしまいますが・・・。
7767dd520efd5d3ccca3779110d0cf1d
オレンジをベースに少し明るい感じにしてみました。下段のタイル調のサイディングが雰囲気出してます。
1bc44d71dbdfd709e92ff88d82fd6351
まずは、高圧洗浄機で綺麗に苔やカビ汚れを洗い流します。
下塗り
綺麗になったところで、シーラーで下塗りをします。
タスペーサー
これは、タスペーサーと言って、「縁切り工事」に使用する物です。
塗装する際に、スレートとスレートがくっつかないようにする為のプラスチックのパーツです。
タスペーサー
そのタスペーサーを設置しているところです。
9708054e6dc1c110b34021a0465a822d
屋根も雪止めなど、鉄部には錆び止めを塗ってから塗装します。
f1b3a9d641e9c72335bb6de1b2b36563
中塗り、上塗りと都合3回塗装して完成です。
ヤネMシリコン
こちらが屋根の塗装に使用した、関西ペイントの「ヤネMシリコン」です。色は、「カーボングレー」で塗装しました。
カーボングレー
真っ黒ではない濃いグレーは、水に濡れたように鈍い艶があって、品のある仕上がりです。
752a226fb7195513024eb3fe8f544683
今回のお問い合わせのメイン。サイディングですが、洗浄機で洗っただけで塗膜と一緒に、ボロボロ剥がれてしまいました。
下地も露出して、このままでは塗装できません。
8d12f47be78b7fc512a159c7c3c43fd1
本来は、この状況であれば、サイディングの交換となるのですが、施主様のご意向もあり、補修をして塗装する事になりました。
まずは、ボロボロのサイディングをカチオンで扱いて固めます。
カチオン
表面を成形してサイディングの柄をつけます。
この時、細かい埃も取り除いておきます。
下塗り
やっと下塗りです。シーラーで塗装します。
コーキング
続いて、コーキングの打ち替えを行います。
既存のコーキングを剥がして、プライマーを塗布します。
コーキング
目地にコーキングを打って、綺麗に成形します。
中塗り
今回は、上下に塗り分けをします。下は濃いグレーで、幕板は黒。
幕板より上は、オフホワイトの仕様です。
上塗り
上塗りをして、水切り雨樋など細部を塗って完成です。
76eaca848ea8618ee2e0dc3d6017d428
細部の塗装は、霧除けなど鉄部は、目荒らしにケレンをして、錆び止めで下塗りをします。
128084c8541f19556808ede04182aaa3
ウレタンで、2度塗装して仕上げます。
bcfe6192561f3e7fd5421fcd46849932
雨樋も同様にケレンをして、目荒らしします。
塩ビなので錆び止めは塗りません。
31b54eb4fb81e0dc5e10405b2895bb79
鉄部と同様にウレタン塗料で、2度塗りします。
ebc162e4aa67d2b435484d14d32cfdd2
雨戸も施工は、霧除けと同じです。
錆び止めを入れて、2度塗りします。
1e5ad90639d946b8e9298f1bdb40fa36
新品の輝きを取り戻しました。
27a1d380b298039ad65d8f67e566a6b6
使用している色は、全て白・グレー・黒と無彩色のコントラストでコーディネートしました。
9cc630473dfacdddd4e7213cdf3a635b
また、素材によって、艶を付けたり落としたりしながら、メリハリを付けて、立体感を出しています。
54daa79046b4ffd2542c95b2aeadb265
幕板や、雨樋、屋根は艶を出し。サイディングは艶を落として、素材感を出しました。
c4be833d1bc983a9463117c3b40271251
今風な仕上がりで、お客様も気に入っていただけたご様子です。あまり色数を使わず、色の濃淡と、艶のあるなしで建物の奥行きを表現し、地味ではなくクールなイメージで仕上がりました。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

ページの先頭へ戻る