横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

HOME > 施工事例 > 藤沢市でコンクリート打ちっぱなしに撥水塗装

藤沢市の施工事例

藤沢市でコンクリート打ちっぱなしに撥水塗装

【施工前】
施工前

【施工後】
完工

【お問い合わせのきっかけ】

【工事内容】
外壁塗装 擁壁塗装 部分塗装 その他塗装 防水工事 屋根補修工事 雨樋交換 雪止め設置
【工事詳細】
使用材料
木部塗装:キシラデコール 防水:アトレーヌ 撥水塗装:クレストン 雨樋:Σ-90 屋根:後付け雪止め
施工期間
10日間
築年数
20年
平米数
221㎡
お施主様
S様邸
保証
7年
木部
外壁にヒノキの板を使用しるので、数年に一回「キシラデコール」で防腐塗装をしなければなりません。
軒天
軒天も垂木が見えていて、小口が「クマンバチ」に穴をあけられているので、小口は穴をパテで埋めてペンキで塗装した方がいいですね。
屋上
屋上はシート防水となっています。目立った劣化や問題はないのですが、経過年数的にはトップコートをかけて保護しておいた方がいいです。
853c3042c4d4d5ad67fc98b183436b9b
コンクリートの打ちっぱなしの柱や梁はチョーキングが出て汚れやシミが目立ちます。また、何も処理しないと中の鉄筋が錆びて、爆裂を起こしたりするので、綺麗に洗って撥水処理をご提案しました。
雨樋
今回のお問い合わせのメインは、雨樋の不具合でした。
昨年の大雪で、ほぼ、全ての軒樋が金具から歪んでいるので、金具から吊り替える事になりました。幸いにも現行品の「エスロン Σ-90」なので、集水器はそのまま使えます。
瓦
また、今回のように雪害に遭わないように、今回全周に雪止めを設置することになりました。
少し特殊なS瓦ですが、後付け雪止めが、現行品であるので大丈夫です。
パテ埋め
クマンバチに掘られた穴をパテで埋めます。
洗浄
軒裏から、外壁。普段手の届かないところもしっかり洗って汚れを落とします。
洗浄
もちろん、屋上も汚れやほこりが残らないように綺麗に洗浄します。
キシラデ
キシラデコールは、サラサラの塗料なので、軒天などの上の方を塗るときには、垂れてくるのでしっかり養生をして床や屋根を汚さないようにします。
キシラデ
大阪ガスケミカルの「キシラデコール」は、木部の保護塗料としてよく使用します。防腐・防虫・防カビに優れた塗料です。
クレストン
コンクリートは、ミラクの「クレストン」を使用しました。
この塗料は、素材に深く浸透し撥水作用を発揮。
石材の風化・劣化・エフロ(白華)を抑制し長期にわたりコート保護します。
キシラデ
木部を「キシラデコール」で防腐塗装しているところです。
2回目なので、前回よりも少し濃いめの色(バリサンダ)で塗装しました。
クレストン
こちらは、打ちっぱなしのコンクリートに「クレストン」を塗布しているところです。見た目にはあまり変わりませんが、乾くとびっくりするぐらい水をはじきます。
クレストン
こちらは、梁の部分を塗装しているところです。この「クレストン」は、ダムやビルなどの施工に使用されたりしております。
bcb86e7141dab122ad43ad239c8e374b
こちらは、屋上のトップコートを塗装しているところです。
下地のシートがまだしっかりしているので、ウレタンでトップコートのみ施工しました。
トップコート
中塗りが終わって、上塗りをしております。
トップコート
完成しました。
汚れ一つないスケートリンクのような仕上がりです。
完成
木部は色も濃くなって変わりましたが、コンクリートの部分は見た目変わりません。それでもしっかり2回塗装してしっかり水をはじきます。
完成
ポコポコ穴が空いていた軒天もこの通り、かなり手間がかかりましたが、見違えるように仕上がりました。
雨樋
雨樋は、既存の集水器と竪樋を残して、軒樋のみ撤去します。
雨樋は、同じエスロンの「Σ-90」です。
雨樋
今回は、同じ垂木に横打ちする金具ですが、上吊りに変更しました。
雨樋
取り付けて糊を付ける前に勾配をしっかり図ります。
勾配が狂っていると、詰まりの原因になってしまいます。
雨樋
前回は、垂木を1本飛ばしで金具を付けておりましたが
今回は、中央部分は飛ばさないで取り付けて強度を上げています。
雪止め
同じように雪が降った時に壊れてしまわないように、後付けの雪止めを全周に設置しました。
雪止め
富士型のこの瓦専用の雪止めです。

完成
屋根外壁ともに、完璧に仕上がりました。
これで海からの風や、雪までも対策は万全です。
4a9da6127b70ae3d7d21cab51be443de
玄関扉のアルミと、無垢の梁と今回塗装した木製サイディングのコントラストが素晴らしいです。
0053f6ecdd0410c39e493e9b263f99bf
雨樋も全周吊り金具から付け替えました。
前回よりも、勾配は付けてあるので、詰まりも解消されるでしょう。
4c39405002f3d76878629d9ac622c5c6
さらに、屋上もトップコートを塗り直しましたので、建てた時の輝きが戻ってきました。

横浜外壁塗装工房

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2017-10-18 22:14:25 横浜市栄区|傷みすぎたサイディングは部分的な交換が可能です

      IMG_8524

      外壁塗装をご希望されるお宅の中には、傷みすぎた状態の外壁もあります。塗装は、対象物を表面から保護して、対象物の劣化を防ぐために行います。もちろん美観という意味合いもありますが、美観という点で考えても、やはり対象物の劣化を防いでいかなければ維持ができません。そんな塗装でも、対象物の劣化が進行しすぎていれば、塗っても早く剥がれてしま...続きを読む

      2017-10-15 20:17:11 FRP防水の立上りとサッシの取合いは雨漏りしやすい|横浜市栄区

      IMG_8524

      FRP防水は、ガラス繊維などの繊維をプラスチックの中に入れて、強度を向上させた複合材料を使用した防水です。他の防水材を使用したものと比べれば、そのままの状態であれば強度が髙いのですが、1度割れてしまうと元に戻すことができません。特にFRP防水の立上りとサッシの取合いは、亀裂が入り雨漏りしやすいようです。横浜市栄区O様より、「バル...続きを読む

      2017-10-15 00:42:57 ウッドデッキには定期的な塗装工事が必要です|横浜市中区

      IMG_8524

      ウッドデッキの塗装をお考え中の横浜市中区の建物です。ウッドデッキは木目の感じが心を和ませるし温もりを感じますよね。しかし、常に雨に晒されているのでちゃんとメンテナンスをしていかないと、直ぐに木が腐ってしまいます。メンテナンスの方法とは、簡単にいうと塗装工事です。無垢の木は床材などに製材されていても『呼吸』をしています。塗装をした...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る