横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

HOME > ブログ > 横浜市瀬谷区で屋根と外壁塗装工事が始まります

本日の現場ブログ

 日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

横浜市瀬谷区で屋根と外壁塗装工事が始まります

更新日:2017年8月17日

横浜市瀬谷区で塗装工事が始まります。今回が初めてのメンテナンスで屋根と外壁の塗装工事をおこなう事になりました。

コケの付着した屋根 調査開始

8月に入って毎日の様に雨が降っていて、梅雨時よりも雨が続いています。雨模様だと塗装工事が出来ないのでとても嫌な天気ですが、建物の調査をおこなった時は天気が回復したので良かったです。屋根と外壁の塗り替えをそろそろ考えられているという事で、建物の傷み具合を調査に伺いました。

屋根面

スレート屋根は表面が劣化していて、コケなどの付着が全面に見られます。しかし、反りや割れは殆ど無いので経年劣化していますが、状態は比較的良い方のスレート屋根だといえます。

コーキングの補修跡 傷んだ目地のコーキング

外壁のサイディングは目地のコーキングが切れていた様で補修した跡がありました。サイディングは板状になっていて外壁に張る材料です。隙間なくぴったりと張っていると建物が動いた時に無理が生じてしまい割れや歪みが出てしまったり、酷くなれば柱などの構造材に影響が出てしまいます。建物に影響が出ないようにサイディング同士を隙間を開けて張っていき、これを目地といいます。ただ隙間を開けただけでは雨水が入り込んでしまいますので、コーキングを打って防水と動きの緩衝に対応出来る様にしています。ですので、目地のコーキングにヒビ割れなどが出ている場合は補修工事が必要になります。サイディングの裏には透湿防水シートが貼ってありますので、直ぐに雨漏りしてしまう訳ではありませんが、放置出来る傷みではありません。

バルコニーの腰壁 コケが付着した外壁

バルコニーの腰壁の目地も傷みが出ていたので補修してありました。このコーキングも補修をしてから大分年数が経過しているので、塗装工事の前に打ち換えが必要です。また、経年によって表面の撥水性が落ちているので、日が当たらない北面にはコケが結構付着していました。塗装工事をする理由は、屋根や外壁を保護する事と撥水性を戻してあげる事にあります。こちらの横浜市瀬谷区の建物も屋根と外壁を塗装して、これ以上傷みが進まないようにしていきます。

塗装工事についてご質問やご不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問い合わせください。

このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

2017-09-22 23:25:10 横浜市南区|付け出隅がある場合は隙間にシーリングをして外壁塗装

IMG_8524

近年で使用されている外壁の材質は絞られてきております。そこにもともとの柄や仕上りなどを含めるとたくさんの種類になります。外壁塗装と言うくらいなので、メインは外壁塗装なんですけれども、どのお宅でも「外壁塗装の際に外壁塗装以外でやっておかなくてはならないところ」があり、お宅によってそれはそれぞれ違います。   ...続きを読む

2017-09-22 00:44:01 横浜市神奈川区で傷んだスレート屋根に最適な下塗り材を使います

IMG_8524

横浜市神奈川区で塗装工事中の建物です。木造二階建て住宅の屋根と外壁の塗装工事をおこなっています。 高台に位置しているので見晴らしが良く、窓からみなとみらいが一望出来るなんとも羨ましい立地です!しかし、見晴らしが良い反面非常に風当たりが強いので、建物が傷みやすいというデメリットもあります。建物は紫外線や風雨によって年...続きを読む

2017-09-20 23:29:02 横浜市瀬谷区で傷みが出てきたスレートのメンテナンスはどうするか

IMG_8524

横浜市瀬谷区で屋根の調査をおこないました。建物は定期的にメンテナンスをおこなわないと建物の構造材に傷みが進行してしまい大規模な修繕工事をおこなわなければならなくなる事もあります。メンテナンスは早目におこなうのが建物にとって一番良い方法です。 今回伺ったのは、築20年で二回目のメンテナンスをお考えのお客様です。3階...続きを読む

このページと共通する工事内容の新着施工事例

ページの先頭へ戻る