横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市港北区篠原町のマンションにてALCパネルの外壁塗装の為の点検調査

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市港北区篠原町のマンションにてALCパネルの外壁塗装の為の点検調査

    更新日:2019年6月7日

    本日は横浜市港北区篠原町のマンションにて、ALCパネルの外壁塗装の為の調査にうかがってまいりました。

    マンションの外壁調査

    こちらの建物は築15年程で今回が初めてのメンテナンスになります。ALCは軽量気泡コンクリートと呼ばれる建材で住宅やマンションなどの外壁に広く用いられております。サイディングやモルタルを使用した外壁よりも断熱性や耐火性に優れており安全性が高い素材と言われております。パネル自体の強度はありますが、表面は衝撃に弱いので、メンテナンス時には注意が必要です。

    コーキングの劣化・外壁材のひび割れ

    コーキングの劣化 外壁のひび割れ

    ALCパネルのメンテナンスで重要なのは目地に打たれているコーキングの打ち換えです。パネルの表面が弱いこともあり、コーキングの打ち換えは既存のシール材の撤去を行わず、上から新たなコーキングを打つ「増し打ち」を進める業者さんもおります。しかし、ひびや割れが見受けられる古いコーキングの上からの増し打ちは、新たに打ち換えるよりも密着性や防水性が劣るのも確かです。表面が弱いパネルでも時間をかけ、丁寧に古いシール材を撤去した後に新たにコーキングを打ち換えるのが最善です。

    外壁の汚れ・チョーキングの確認

    ALCパネルの外壁 外壁の汚れ

    外壁全体は築年数相応の汚れと言えますでしょうか。所々での黒ずみやコケの発生なども見受けられます。また、外壁に触れて際に手に白いチョークの様な痕が付く「チョーキング」の確認も見られます。チョーキングは外壁の塗膜の劣化を示す、塗装のサインです。ALCパネルは水分を吸いやすく乾燥しやすいという特徴を持っており、塗装による防水性が失われると雨水が内部に浸入しやすくなり、パネルの劣化や雨漏りにつながるリスクが拡がります。

    マンションの改修工事は規模が大きければそれだけの費用が掛かりますが、一般住宅同様、定期的なメンテナンスは欠かせません。雨漏りなどの不具合が起きてからでは余計にコストも掛かり、住人の方にも迷惑を掛けることにつながります。こちらのマンションではこれからしっかりとしたメンテナンスのご提案を行いたいと思います。

     

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2019-09-18 16:31:06 大井町金子にて外壁塗装の調査、築30年が経過し破風や戸袋など木部の塗膜が剥離してきています

      IMG_8524

      ...続きを読む

      2019-09-17 16:30:02 中井町北田にて外壁メンテナンス調査、台風の影響で外壁にひび割れが発生!雨樋も破損していました

      IMG_8524

      ...続きを読む

      2019-09-15 08:51:53 横浜市青葉区大場町にて汚れ目立つ外壁は高圧洗浄後に低汚染塗料で外壁塗装

      IMG_8524

      本日は横浜市青葉区大場町A様宅にて行いました、外壁調査の様子をお伝えいたします。A様宅では外壁の汚れやコケの拡がりが目立つようになり、今回、メンテナンスにあたるにつれてのご相談をいただきました。 A様宅、外壁の様子 築は18年ほど、気になる汚れに関してはご自身で洗浄などを行っていたそうですが、年々手に負えないくらいに...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る