横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市瀬谷区築17年傷んできた外壁の調査で塗装のご提案

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市瀬谷区築17年傷んできた外壁の調査で塗装のご提案

    更新日:2017年3月26日

    横浜市瀬谷区のお宅より外壁調査のご依頼がありました。

    外観

    築17年のお宅です。1階部分はサイディング、2階部分はモルタル壁です。周囲のお宅がすでにリフォームを終えているのを見て今回はご依頼したそうです。それでは調査を始めます。

    コーナー コーナー拡大

    玄関前の柱がサイディングで造られておりますが、コーナーに亀裂が発生しております。サイディングのコーナー部分はこのように亀裂が発生しやすいです。

    表面浮き① 表面浮き①拡大

    表面浮き② 表面浮き②拡大

    サイディングの柄かと思いましたが、よく見ると小さくプクプクと表面が浮き出しております。苔は洗浄すれば落とせますが、この表面の浮きは劣化の中でも重度です。このままにしておくと、表面だけが剥がれてきてしまい、剥がれが酷い状態で塗装をしても数年で剥がれてしまうので、サイディン自体を交換したり、カバーしたりとコストのかかる工事を行わなくてならなくなります。

    チョーキング① チョーキング②

    2階部分の外壁表面を指で触ってみます。すると白い粉が付着します。これはチョーキング(白亜化)と言いまして、既存の塗膜が寿命をむかえている証拠です。劣化が始まると出てくる粉です。

    コーキング① コーキング①拡大

    コーキング② コーキング②拡大

    コーキング③ コーキング③拡大

    サイディングの継ぎ目に打たれているコーキングにも劣化の症状が見られます。表面に亀裂が入っていたり、すでに裂けてだしていたり、剥離していたりと全体的に劣化しております。築10年前後ではコーキングの劣化しか見られないこともありますが、17年経過していると外壁材自体にも劣化が出始めてくることが多いです。2階部分のモルタル壁も塗膜の寿命をむかえておりますので、建物をなるべく長く持ちさせたいのなら早めに塗装をするべきです。

     

    ご質問やご不明な点が御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問合せ下さい。

     

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      の各工程は下の一覧からご覧いただけます。

      の一覧

      2017/03/26 横浜市瀬谷区築17年傷んできた外壁の調査で塗装のご提案 【現在閲覧中!】

         横浜市瀬谷区のお宅より外壁調査のご依頼がありました。 築17年のお宅です。1階部分はサイディング、2階部分はモルタル壁です。周囲のお宅がすでにリフォームを終えているのを見て今回はご依頼したそうです。それでは調査を始めます。   玄関前の柱がサイディングで造られておりますが、コーナーに亀裂が発生しておりま...続きを読む

      2017/03/22 横浜市西区破風板や鼻隠しや幕板にもコーキング打ち替えが必要

         外壁塗装を検討したり依頼したりする際に、外壁にサイディングを使用されているお宅ではコーキングの劣化がきっかけとなることが多いようです。 サイディングのお宅では、継ぎ目やサッシまわりに打たれており、築10年くらい経過すると隙間や剥がれが発生してきます。外壁塗装をする際はコーキングの打ち替えや打ち増しを行うのですが、...続きを読む

      2017/03/11 横浜市瀬谷区屋根塗装でMosmaticオールクリーナーを使用した高圧洗浄

         横浜市瀬谷区のお宅で屋根外壁塗装を行いました。 屋根外壁塗装をより良い工事にするために、各工程で工夫をしております。今回は屋根塗装時の高圧洗浄での工夫をお伝えします。屋根を塗装するときは塗る前にスレート表面を高圧洗浄します。汚れを落とすためであり、表面の脆弱な部分をあらかじめ落とすためでもあります。脆弱な部分が残っ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-09-18 07:57:08 川崎市高津区で塗装による外壁リフォーム、色はブラウン系(ND-342)の半艶です

      IMG_8524

      本日は川崎市高津区T様宅で行われました、塗装による外壁リフォームの様子をお伝えいたします。T様宅は築20年、中古で購入したばかりの建物になります。引っ越しを行う前に建物の点検を行ったところ、外壁塗膜の劣化「チョーキング」が窺われたため、塗装にるメンテナンスを行う事になりました。 「高圧洗浄を行う際は塗装とセットで...続きを読む

      2018-09-16 11:45:47 横浜市保土ヶ谷区のモルタル下地の外壁調査、モルタルは築10年前後で亀裂が入ることが多い

      IMG_8524

      近年建てられる住宅の外壁は、モルタル下地を使用した外壁とサイディングボードを使用した外壁が多いのですが、モルタルを下地に使用した外壁は亀裂が入りやすいと言われております。確かに調査にお伺いすると、サッシの四隅から亀裂が出来ていたり、コーナーが割れていたりするのを見かけます。亀裂から雨水が浸入すると、モルタル自体も傷みやすくなりさ...続きを読む

      2018-09-16 08:21:14 横須賀市で築30年の外壁塗装、付帯部分は人気のこげ茶「ファインSi(23-255)」

      IMG_8524

      本日は横須賀市M様宅で行われました外壁塗装工事の様子をお伝えいたします。M様宅は築30年、外壁はラップサイディングで施工されており、塗装によるメンテナンスは今回が初めてになります。色は今までと似た色合いをご希望との事で、外壁には日本ペイント パーフェクトトップからND-105。付帯部分には人気のこげ茶、日本ペイントファインSiよ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る