横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

HOME > ブログ > 相模原市 アパート屋根・外壁塗装の現地調査

本日の現場ブログ

     

 日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

相模原市 アパート屋根・外壁塗装の現地調査

更新日:2018年5月16日

相模原市のお客様より、管理物件の屋根塗装及び外回り全体のメンテナンスについて、聞かせて欲しいとのお問い合わせを頂きまして本日お伺い致しました。では、現地調査を屋根より始めていきます。まず目に入ってきたのは、棟板金の右端と接合部2ヵ所、クギが飛び出して抑えがあまくなり浮き上がっています。屋根材はスレートで、全体的に経年劣化によるチョーキング(白亜化)が出ており塗膜性能の低下が見られます。スレートの反りはそれ程みられません。数か所の割れ・ひびは確認できました。縁切りがされていないのは、おそらく以前に屋根塗装をされた際に埋められたものと思われます。向かって左側の雨樋が大きく外側に曲がり出ています。その横の縦樋は留め具から2ヵ所外れています。

次に外壁です。打ち込んだクギ穴部から割れ・ひびが多数あります。デザインのためと思われる白い化粧板の上部のコーキングが劣化しあちこち穴が開いているのと、正面の出窓の上部はサイディングの内側に水が入り込み腐って剥がれていて、触るとズブズブです。平部の目地はコーキングが経年劣化で割れており、各コーナーはL型使用ではなく、切断してのコーキング施工の為、経年劣化により口が開いている状態になっています。サッシ回りもコーキングの劣化で隙間が出来ております。

 

階段は塗装が剥がれ、接合部・裏側に錆びも出ていて、シートは汚れ・苔の付着に隅々大小の剥がれがあります。

お客様に調査結果をご報告し、補修・改修のご提案をさせて頂くのですが、屋根は割れ・ひびがあるのと、屋根材に塗膜性能の低下によるダメージが大きい事から塗装ではなく、屋根履き替え工事を提案させて頂きます。外壁は緊急性の高い症状は正面だけなのですが、サイディングの腐食や膨らみから下地の損傷が予想・懸念されるのと、部分補修ですとこれだけの症状ですと保証も付けられません。賃貸物件ですので美観も考慮して、張り替えを提案をさせて頂ければと思います。階段は、塗り替えやシート張り替えが必要ですが緊急性は低いので、ご予算に余裕が有ればやり、余裕がなければ高圧洗浄での汚れ落としでの対応を提案をさせて頂ければと思います。

 

 

横浜外壁塗装工房

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る