横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市旭区白根で防水工事前の下地調整工事

    工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
    新型コロナウィルス対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市旭区白根で防水工事前の下地調整工事

    更新日:2021年4月22日

     

     横浜市旭区白根で防水工事をおこなっています。

     マンションの斜壁部分のALC板の表面が大分劣化していて雨漏りの原因になっていました。斜壁は『壁』と書きますが実際には屋根として考えなければならない部分ですので、外壁とお同じ様な塗装では駄目なのです。今回は斜壁に使用されているALC板が大分劣化していましたので、下地調整をおこなってから防水工事をおこなう事になりました。

    斜壁には防水工事をおこないます

    ウレタン塗膜防水材 下地を平らにします

     斜壁の仕上げにはウレタン防水材を使用します。塗料型の防水材ですが今のまま塗布しても下地のALC板の傷みが酷いので、材料が余計に吸い込んでしまいます。仕上がりもガタガタな状態になってしまいますので、左官の薄塗りで下地を平らな状態にしていきます。

    斜壁の劣化が顕著です

     大きな割れが何か所もありましたので、クラックや穴などは事前に穴埋めしておきました。目地のシールも大分劣化していて無くなっているところもありましたので、シールの打ち換え工事もおこなっています。元々塗装で仕上げてありましたが、経年劣化によって塗膜が剥がれてALC板が剥き出しの状態になっています。ALC自体は塗装工事などで撥水性を持つ様にしなければ雨水を吸い込んで雨漏りの原因になりますので、今回の防水工事をおこなえば雨漏りを止める事が出来ます。

    傷んだALCを平らにします

    ガタついた下地を平らにします 左官の薄塗りで下地調整

     大きなクラックは穴埋めしてありますので、全体を平らにする作業です。ガサガサになっているALC板の表面を補修材を薄塗りして平らにしていきます。この様にする事で防水材もしっかりと未着して雨漏りの心配が解消されます。

     横浜市旭区白根でおこなっている防水工事は、傷んだ下地を平らにしましたので次はウレタン塗膜防水を開始します。

     私たち街の外壁塗装やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の外壁塗装やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る
      お問い合わせ