横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • イオン銀行住宅ローン

    HOME > 施工事例 > 座間市東原で築10年のお家を屋根は遮熱塗料で外壁はラジカル制御塗料でメンテナンス.....

    座間市の施工事例

    座間市東原で築10年のお家を屋根は遮熱塗料で外壁はラジカル制御塗料でメンテナンス

    【施工前】
    屋根塗装前、外壁塗装前の戸建て住宅

    【施工後】
    屋根塗装と外壁塗装でメンテナンスされた戸建て住宅

    【お問い合わせのきっかけ】

    「築10年となるのでお家の点検をしてもらいたい」という座間市東原にお客様からご相談を承りました。築10年というと新築時の保証期間がちょうど切れる時で、建ててもらったハウスメーカーと保証期間の延長を契約するか、もしくはこの先、自分で業者を見つけてメンテナンスを続けていくかを決めなくてはいけない時です。そして最初の大きなメンテナンス、外壁塗装や屋根塗装を行う時期でもあります。詳しいお話はお聞きできませんでしたが、お客様はご自分で業者を見つけてメンテナンスを続けていく決心をなさり、私達にご依頼くださいました。期待に応えられるよう、しっかりと施工していきます。


    担当:新海


    「築10年となるのでお家の点検をしてもらいたい」という座間市東原にお客様からご相談を承りました。築10年というと新築時の保証期間がちょうど切れる時で、建ててもらったハウスメーカーと保証期間の延長を契約するか、もしくはこの先、自分で業者を見つけてメンテナンスを続けていくかを決めなくてはいけない時です。そして最初の大きなメンテナンス、外壁塗装や屋根塗装を行う時期でもあります。詳しいお話はお聞きできませんでしたが、お客様はご自分で業者を見つけてメンテナンスを続けていく決心をなさり、私達にご依頼くださいました。期待に応えられるよう、しっかりと施工していきます。


    担当:新海


    【工事内容】
    外壁塗装 屋根塗装
    【工事詳細】
    使用材料
    サーモアイSi(屋根塗装),パーフェクトトップ(外壁塗装)
    施工期間
    14日間
    築年数
    築10年
    平米数
    屋根49.2㎡,外壁115.7㎡
    施工金額
    詳しくはお尋ねください
    お施主様
    A様邸
    保証
    屋根・外壁8年
    ハウスメーカー
    不明
    足場アイコン外壁塗装屋根塗装

    点検~築10年のスレート屋根と窯業系サイディング外壁の様子

    築10年のスレート屋根 棟板金のチョーキング現象

    環境と立地で大きく異なるのがお家の傷み方です。築12年でピカピカという建物もあれば、築11年で優に15年は超えているのではないかというような建物もありますし、こちらのお住まいは築年数なりなのでせはないでしょうか。棟板金はチョーキングが発生しています。

     

    スレートの屋根材の下端の変色 スレートの下端の欠け

    屋根は色褪せが分かるようになってきたというところでしょうか。水が溜まりやすいスレートの屋根材の下端が変色しています。近づいてみますと表面がが大分、ザラザラしているのが分かります。ちょうど、塗り替え時期なのではないでしょうか。

     

    シーリングの剥がれ シーリングのブリード

    続いては外壁の様子です。窯業系サイディング外壁で石材調の意匠となっています。目地のシーリングは接着力が落ちてきたのか、サイディングの側面に隙間ができつつあります。可塑剤が染み出てきており、そこに汚れが付着しているシーリングもあります。シーリング材と外壁材の隙間や可塑剤のブリーディングはシーリングの打替え時期を表しています。

     

    窓の格子に絡みついた蔦 外壁に付着した藻

    グリーンカーテンでしょうか。窓の格子に植物が絡みついています。植物の茎や根の力は凄く、建物には絡ませない方がいいというのが私達の意見です。外壁の防水性の落ちてきたところには藻が付着していますね。こういった藻は環境に左右されるため、洗い流してもまた同じところに発生する傾向が高いのです。塗装で防水性を高めてあげるのが一番の解決です。

     

    施工の様子~屋根塗装と外壁塗装

    足場の仮設 高圧洗浄

    差し当たり、緊急的にメンテナンスを行わなくてはならない部分はなかったものの、築10年目の節目にお家のお手入れをしたいということで屋根塗装と外壁塗装を行うことになりました。足場を仮設して、高圧洗浄を行います。

     

    外壁の高圧洗浄 バルコニーの高圧洗浄

    外壁はさほど汚れていませんが、四方を壁に囲まれているバルコニーは汚れが溜まりやすい部分です。溜まった汚れが排水口などを詰まらせると雨漏りなどの原因になります。こまめに掃除をしておきたい部分でもあります。

     

    シーリングの打替え 撤去されたシーリング

    剥がれやブリード現象を起こしていたシーリングを打ち換えます。これまでのシーリングを目地から剥がしていくのですが、1軒の家だとかなりの量になります。養生や塗料の空き缶などのゴミを含めると、外壁塗装ではかなりゴミが出ます。私達がしっかりと持ち帰り、処分しますのでご安心ください。

     

    目地にプライマーを塗布 シーリングを充填し、ヘラで均す

    目地にプライマーを塗布して、シーリング材を充填していきます。充填後、ヘラで均してある程度乾いたところで養生テープを剥がせばシーリングの打替えは完了です。今回は可塑剤が染み出てこないノンブリードタイプのシーリング材を使用しました。

     

    養生中、敷地の近くに植物が多いので落葉が多い 出窓のなどもしっかりと養生が可能です

    シーリングの打替えが終わったら、養生を行います。敷地の隣に樹木が多いので、すぐに落葉が侵入してきます。こちらは毎日、しっかりと掃除しますので工事中もご安心ください。窓もビニールなどでしっかりと包み、塗料が付かないようにします。

     

    棟板金をケレン タスペーサー挿入

    屋根塗装から行っていきます。ケレンで棟板金の表面を目荒らしします。表面をザラザラにすることによって塗料が流れ出さないようにするのとともに、表面積を拡げて密着しやすくします。その後、タスペーサーで縁切りを行います。スレートの各屋根材の下端には雨水を排出したり、毛細管現象を起こさないように適切な隙間が費用なので、タスペーサーを設置してその隙間を確保します。

     

    サーモアイ専用シーラーを塗布 サーモアイとその専用シーラー

    スレート屋根に下塗りを行っていきます。今回は遮熱塗料サーモアイを使用するので、専用のサーモアイシーラーを使用します。サーモアイシーラーは中塗り層や上塗り層だけでなく、この下塗り層でも日光を反射し、屋根の温度情報を抑えます。

     

    屋根塗装の色はクールピンクローズ 屋根上塗り

    今回、屋根塗装の色はクールビィンテージローズを選びました。全日射反射率は52.3%です。シーラーの上には2回重ね塗りを行います。現在の塗料はほとんどのものが1日も経てば触れても問題ありませんが、完全に乾くまでは1年かかると言われています。塗膜が厚い方が何かと有利そうですが、あまり塗り重ねすぎると完全に乾かないということも起こりえるのです。

     

    スレート屋根塗装、完成

    屋根塗装、完成

    スレート屋根の塗装が完了しました。これまでは黒い屋根だったので、色がこのクールビンテージローズになっただけでも、大きなイメージチェンジです。夏にお部屋の温度低下も期待できるので、夏を迎えるのが楽しみですね。

     

    庇のケレン 錆止めを塗布してから上塗りへ

    塗装は高いところから行っていくことが基本です。下から上に塗っていって、高い位置から塗料が垂れて下の既に塗ってしまった位置に垂れてしまったら、直すという手間が発生します。というわけで、庇を塗ってしまいましょう。マジックロンでケレンして下地を調整してから、錆止めを塗り、この後、中塗りと上塗りを行います。

     

    外壁をパーフェクトサーフで下塗り 外壁はパーフェクトトップで仕上げます

    パーフェクトトップで外壁を塗っていきます。パーフェクトトップには塗る外壁によってさまざまな専用の下塗り材が用意されています。今回は窯業系サイディングなので、パーフェクトサーフを使用します。中塗りからは仕上げ用塗料のパーフェクトトップを使用していきます。

     

    外壁塗装中塗り 外壁塗装上塗り

    中塗りからご依頼いただいた色で塗っていきます。足場にメッシュシートを掛けた状態で撮影すると、自然光が遮られるため、正確な色に見えないのが残念です。ミストベージュと呼ばれる色に近い薄い黄赤の色なのですが、画像ではオフホワイトのように見えますが、ご安心ください。

     

    軒天塗装 鼻隠しの塗装

    軒天などの付帯部の塗装を行います。軒天に使った塗料はケンエースを使用しました。鼻隠しの塗装も行いました。付帯部などの塗装は他の部分の塗料の乾燥を待つ間などにも行われるため多少、順番が前後します。

     

    竣工、築10年目の外壁塗装の屋根塗装

    竣工、屋根塗装と外壁塗装

    屋根と外壁塗装が完成し、お施主様にもご確認いただき、足場の撤去と近隣を含めた清掃も完了しました。良い天気に晒されてミストベージュの外壁も良い表情を見せております。屋根塗装にも、外壁塗装にも8年間の保証をお付けしましたので、長く安心してお過ごしできると思います。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2020-11-27 11:38:17 大和市代官にてスレート屋根の点検調査、屋根材を守るために10年前後での塗り替えをおすすめします

      IMG_8524

       大和市代官のお客様より「北側の屋根に苔がが目立つようになった」とのご相談をいただき、点検調査に伺いました。  街の外壁塗装やさんではマスクの着用など新型コロナウイルス対策を行なって、無料点検に伺っております。お住まいの塗装をお考えの方はぜひご利用ください。 屋根に苔が見られたら塗り替え時期です  お客様のお住...続きを読む

      2020-11-26 11:31:48 横浜市磯子区森にてお住まいの点検調査、塗装している部分にチョーキングが見られたら塗り替えの時期です

      IMG_8524

       横浜市磯子区森にお住まいのK様よりお問い合わせをいただき、現地調査に伺いました。K様はご近所で工事をされていた業者様から屋根を指摘され、ご心配になり街の外壁塗装やさんへご連絡くださいました。  私たち街の外壁塗装やさんでは無料点検を行なっておりますので、お住まいのお悩みがございましたらぜひご活用ください。現在はマスクの着用な...続きを読む

      2020-11-25 11:22:12 横浜市緑区長津田にて、クラックが多数発生しているモルタルのエラストコートでの塗装をご提案させていただきました

      IMG_8524

       横浜市緑区長津田にお住まいのN様より、「屋根と外壁のを検討している」とのご相談をいただきました。N様は今回初めて塗装をご検討されたそうです。現在のお住まいの状態を確認するために点検調査に伺いましたので、その様子をご紹介いたします。  現在街の外壁塗装やさんでは新型コロナウイルス対策を徹底して点検調査に伺っております。詳しくは...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る