横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 三浦郡葉山町長柄で築12年目のメンテナンス、外壁塗装と屋根塗装でイメージチェンジ.....

    三浦郡葉山町の施工事例

    三浦郡葉山町長柄で築12年目のメンテナンス、外壁塗装と屋根塗装でイメージチェンジ

    【施工前】
    築12年、屋根塗装前のスレート屋根

    【施工後】
    屋根塗装後のスレート屋根

    【お問い合わせのきっかけ】

    現在、築12年という三浦郡葉山町長柄にお住まいのお客様です。「お家を長持ちさせるにはそろそろ屋根塗装と外壁塗装をしておいた方がいいのではないか」とご相談を承りました。屋根も、外壁も、新築から10年を過ぎたら、メンテナンスをしておいた方がいいと言われています。新築から10年というと、ちょうど保証期間を終える時であり、「まだ保証期間が終わったばかりだから」という気持ちも強いでしょうが、築12年となると話は変わってきますよね。お住まいの傷み具合は環境や立地によって大きく異なりますが、早い時期にメンテナンスをしておけば、それだけお家の寿命を延ばすこと可能です。屋根塗装と外壁塗装はメンテナンスだけでなく、お家のイメージチェンジにもなります。築12年、メンテナンスをするにはとてもいい時期でしょう。お客様の「お家を長持ちさせたい」という希望をお力になるため、頑張ります。


    ITS事業部:魚住


    現在、築12年という三浦郡葉山町長柄にお住まいのお客様です。「お家を長持ちさせるにはそろそろ屋根塗装と外壁塗装をしておいた方がいいのではないか」とご相談を承りました。屋根も、外壁も、新築から10年を過ぎたら、メンテナンスをしておいた方がいいと言われています。新築から10年というと、ちょうど保証期間を終える時であり、「まだ保証期間が終わったばかりだから」という気持ちも強いでしょうが、築12年となると話は変わってきますよね。お住まいの傷み具合は環境や立地によって大きく異なりますが、早い時期にメンテナンスをしておけば、それだけお家の寿命を延ばすこと可能です。屋根塗装と外壁塗装はメンテナンスだけでなく、お家のイメージチェンジにもなります。築12年、メンテナンスをするにはとてもいい時期でしょう。お客様の「お家を長持ちさせたい」という希望をお力になるため、頑張ります。


    ITS事業部:魚住


    【工事内容】
    外壁塗装 屋根塗装 防水工事
    【工事詳細】
    使用材料
    パーフェクトトップ(外壁),ファインパーフェクトベスト(屋根)
    施工期間
    11日間
    築年数
    築12年
    平米数
    134.6㎡(外壁)
    施工金額
    詳しくはお尋ねください
    お施主様
    A様邸
    保証
    外壁塗装10年,屋根塗装8年
    足場アイコン外壁塗装屋根塗装防水工事

    点検の様子~築12年が経過した外壁と屋根の現状

    藻が発生した外壁 コーキングの裂け

    画像では分かりづらいのですが、外壁には藻がうっすらと発生しており、それが汚れとなり、白い外壁をくすませています。防水性が落ちていることは間違いありません。また、既にシーリングは寿命が尽きており、裂けたり、欠けたりして、奥のバックアップ材が目視できる状態です。

     

    バルコニーの床面が荒れている 軒天は綺麗

    バルコニーをよくご利用されているのでしょうか。その床の色褪せが始まっており、かなりザラザラしていることが分かります。この辺りでトップコートを塗布しておいた方がいいでしょう。そのバルコニー下やその他の軒天は染みなどもなく健全な状態です。健全な状態を末永くキープするため、軒天も塗り替えます。

     

    棟板金の釘の浮き 錆が屋根に流れてきている

    屋根はスレート屋根でした。防水性が落ちたスレート屋根には藻が付きもので、こちらの屋根にも発生しています。棟板金を見てみますと、釘の浮いている部分もあります。棟板金を固定している中の貫板はしっかりしていそうなので、ビスの増し打ちで固定力を高めておきます。テレビアンテナの足が凄く錆びており、それが屋根を汚しています。こちらはサービスで塗装させていただくことになりました。

     

    施工の様子~スレート屋根塗装と窯業系サイディングの外壁塗装

    足場を仮設中 足場にメッシュシート

    まず最初の工程は足場の仮設です。今回は屋根塗装も行うので、高圧洗浄時の水や塗料が飛散しないようにその高さも高くして対応します。足場にはメッシュシートを設置して近隣へ埃や塗料の飛散を防止し、こちらへ風に乗って運ばれてくる砂や埃が建物につくことも同時に防止します。

     

    高圧洗浄機 屋根を高圧洗浄

    塗装の次の工程は高圧洗浄です。使うのはただの水道水なのですがガソリンエンジンによる加圧により、15Mpaという非常に高い水圧をかけることができるます。そのため、汚れや剥がれやすくなっている塗膜がどんどん落ちていきます。場所によっては水圧を落とさないと屋根や壁、その他の場所が破損してしまうので、調整しながら高圧洗浄を進めていきます。

     

    コーキング撤去 目地にシーラーを塗布

    塗る前にコーキングを打替えます。まずは目地からコーキングを全て撤去します。そして、養生テープを貼り、接着力を増すためにプライマーを塗布していきます。コーキングは2面接着なので、窯業系サイディングの側面に塗っていきます。奥に見える青い部分はバックアップ材で、コーキング材が奥の面に直接、接着してしまうことを防止しています。

     

    コーキング充填 コーキング打替え、完了

    コーキング材を充填していきます。充填したらヘラで均して平らにします。コーキング材はオートンイクシードを使用しました。オートンイクシードは耐用年数が20年とも、30年とも言われています。長期間に渡って窯業系サイディングなどを守るお勧めのコーキング材です。通常の塗料であれば、次の塗り替え時の打替えが不要となります。

     

    スレート屋根への塗装

    棟板金をビス止め 棟板金をビス止め

    屋根塗装前に棟板金の釘が浮いていたところは打ち込み、その周辺にビスの増し打ちをします。たまに浮いている釘がそのまま塗装されていることがありますが、街の外壁塗装やさんではそういった部分もしっかりと対応し、きちんと処理してから屋根塗装を行います。さほど手間がかかるものではないのでサービスで行いました。

     

    屋根塗装下塗り タスペーサー設置

    シーラーで屋根の下塗りを行います。下塗りはこれから塗る仕上げ用塗料の接着力や密着力を上げるのが主な目的です。今回は使用していませんが、傷んだ屋根材を強化し、これからの使用に耐えられるようするシーラーも存在します。下塗りが終わり、乾燥しましたら、スレートの重なり部分にタスペーサーを入れていきます。スレートの重なり部分には屋根材の下に浸入した雨水やその蒸気を逃がすために適切な隙間が必要なのでタスペーサーを挟み込んで確保します。

     

    屋根塗装、中塗り工程 屋根塗装、上塗り工程

    タスペーサーの設置が終わりましたら、仕上げ塗りの1回目、中塗りを行います。中塗りが乾きましたら、上塗りを行います。今回、塗料はファインパーフェクトベストを使用しました。塗料には紫外線に当たると塗膜を破壊するラジカルが発生します。そのラジカルの発生を制御するのがファインパーフェクトベストです。

     

     

    屋根塗装完了

    屋根塗装が完了しました。屋根を汚していた錆もこれで分からなくなりました。棟板金にもビスの増し打ちをしましたので、長く安心して過ごせると思います。その棟板金も塗膜が色褪せていたり、薄くなっている部分があったのですが、しっかりと塗装を行いました。時刻はすっかり夕方です。

     

    外壁塗装でイメージチェンジ

    屋根塗装と外壁塗装の塗料 下塗り

    窯業系サイディングをパーフェクトトップで外壁塗装していきます。下塗りはパーフェクトトップ専用で窯業系サイディング用の下塗り材「パーフェクトサーフ」を使用しました。パーフェクトサーフの色は白です。おそらく、仕上げ塗りの発色効果を高めるために白が使われているのでしょう。

     

    中塗り パーフェクトトップの白で塗装

    仕上げ塗りも白で行います。これまで1階部分のサイディングは赤みがかったグレーでしたので、大幅なイメージチェンジになりますね。パーフェクトトップはラジカル制御形塗料で紫外線が塗膜に当たることによって発生するラジカルを抑制します。ラジカルは強烈なアルカリ性なので、塗膜を容赦なく破壊していきます。それを発生しにくくしているから、耐用年数も長くなるのです。

     

    バルコニーを青で塗装 白とブルーのツートンに

    バルコニーは鮮やかなブルーです。これまではほぼグレー1色でしたが、白と青のシートンのお家となりました。かなり大きなイメージチェンジです。明るく、スポーティで元気な感じのカラーリングで、しかもさわやかにもなりました。

     

    付帯部塗装

    破風板塗装 雨樋を塗装

    付帯部の塗装を行います。付帯部は目立たない部分ですが、外壁や屋根よりも傷みやすい部分も多く、メンテナンスが必要な部分です。鼻隠しは外壁のブルーよりも濃く深いウルトラマリンブルーで仕上げます。雨樋は外壁に合わせてホワイトです。

     

    雨樋塗装完了

    付帯部の塗装が完了しました。築12年ということもあって、軒先が短いお家のようです。鼻隠しの濃く黒いウルトラマリンブルーが全体を引き締めているように見えます。これで外壁塗装は完了しました。

     

    バルコニーのトップコート塗り替え

    バルコニー床をアセトン葺き トップコート塗布

    色褪せてザラザラとしていたバルコニーの床面のトップコートを塗り替えます。塗り替え前の下地処理としてアセトン拭きを行います。アセトン拭きは表面の油分を拭き取るために行う脱脂作業と呼ばれるものです。脱脂作業を終えましたら、トップコートを塗布していきます。

     

    竣工、屋根塗装と外壁塗装、バルコニーのトップコート塗り替え

    バルコニーへのトップコート完了

    バルコニーの床面もすっかり綺麗になりました。これで屋根、外壁、バルコニーの外装の全て塗り替えメンテナンスが完了しました。外壁塗装には10年、屋根塗装8年の保証をお付けしました。長い間、安心してお過ごしできると思います。白い壁がまぶしいですね。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2020-07-06 12:12:05 逗子市桜山にて葺き替えをして20年経過したお家の点検調査、屋根は定期的に塗装をすることで耐用年数を伸ばすことができます

      IMG_8524

       逗子市桜山にお住まいのK様より、屋根葺き替えから20年経過したお家の点検調査のご依頼をいただきました。  現在もコロナウイルスの感染が広がる中、街の外壁塗装やさんではお客様に安心してご依頼いただけるよう対策を講じて点検調査を行っております。詳しくは「新型コロナウイルスについて」をご覧ください。   ...続きを読む

      2020-07-05 17:25:28 横浜市保土ヶ谷区上菅田町にて築20年以上経過した折板屋根、塗膜が剥がれ錆が屋根全体にまわる前に塗装工事をしておきましょう

      IMG_8524

       横浜市保土ヶ谷区上菅田町にお住まいのU様より、外壁塗装を以前やった時に屋根塗装を同時にしなかった。屋根だけ10年以上何もしていない状態なので心配との事でご相談がございました。折板屋根は金属ですので、錆が回ってしまったら雨漏りにも繋がりますし、錆が回りすぎ腐食が進んだ折板屋根は塗装ができなくなる事もございます。さっそく現地調査に...続きを読む

      2020-07-02 11:48:53 横浜市金沢区長浜にて築18年の屋根と外壁の点検調査、美観と防水性を保つために約7~8年で塗装がおすすめです

      IMG_8524

       横浜市金沢区長浜にお住まいのK様より、築18年のお住まいの屋根外壁塗装を考えているとご相談をいただきました。今回K様はお家を建ててから初めて塗装を検討されたそうです。大切なお住まいの工事を検討する際にはわからないことがたくさんあり不安かと思います。塗装工事を初めてお考えの方はこちらをご覧ください。   ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る

      質問してね!

      私は街の屋根やさんの人工知能、AIコンシェルジュ!
      何を知りたい?

      9:03

      質問してね!