横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 外壁洗浄、苔落としで汚れを落として外壁の綺麗を蘇らせましょう

    新型コロナウィルス
    対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について

    外壁洗浄、苔落としで汚れを落として外壁の綺麗を蘇らせましょう

    外壁洗浄で苔や藻、汚れを洗い流し外壁のきれいを蘇らせましょう

     生活していて「10年も経過していないのに、なんだか家が汚くなった気がする」「北面だけコケや藻の付着がひどい」と感じることがありませんか?風や雨に晒され続ける屋根や外壁が汚れないという事は考えられませんが、それでも汚れるには早くない?と不安を感じる方もいらっしゃると思います。洗浄で汚れが落ちさえすれば塗装までは検討していないけれど、ホースを引きずりながら洗って回るのは大変…。そのような方は外壁洗浄いかがでしょうか?
     外壁材の特徴や注意点を知り、何件もの塗装施工を行っているプロが外壁洗浄を行うことで、頑固についている苔や藻、室内からは掃除しにくい窓も洗い流し綺麗な住宅が蘇ります。
     外壁洗浄時には施工面・安全面から足場仮設工事がセットとなりますが、「せっかくだから塗装工事も行おう!」と考えられる方がほとんどです。しかし少し待ってください!実は外壁材の中でも塗装に向いていない外壁材が存在していることご存じでしょうか?もしかすると外壁塗装工事ではなく、外壁洗浄の方が最適というケースもあります。

     

     そこで今回は外壁が汚れるメカニズムから外壁洗浄の方法、塗装が向いていない外壁材について簡単にご紹介します。汚れは放置していくと徐々に落としにくく、シミのように染みつき美観性を損ねてしまいます。生活の節目、季節の変わり目等に一度外壁洗浄をご検討されてみてはいかがでしょうか?

    【動画で確認「外壁洗浄」】
    長い文章のページとなっていますので、内容を動画でもまとめています。

    動画で見たいという方は是非ご覧ください!

    外壁が汚れるメカニズム

     建築後、塗装後しばらくは綺麗な外壁ですが、気づかないうちに汚れや苔が目につくようになりますよね?これは外壁材を保護する塗膜が劣化していることが主な原因です。
    塗膜が劣化していること
    塗膜が劣化し汚れや苔が発生
     通常建築後も塗装後も外壁材が塗料でコーティングされています。そのため汚れが多少付着しても雨が降れば洗い流してくれます。しかしその塗膜は太陽光や雨に晒されることで徐々に効果をなくしていきます。
    徐々に劣化する家のイラスト
     塗膜の寿命である年数が耐用年数で示され、シリコンであれば約10~12年、フッ素であれば約15年と紹介されているのですが、これは毎日毎日効果が薄れていき限界を迎える年数です。つまり耐用年数10年の塗料であれば2~5年で汚れが付着し、8年程度で落ちにくい汚れとなり、10年で塗料本来の効果はほとんどないという事です。毎日過ごしていれば外壁のわずかな変化に気づかれる方はいらっしゃいません。そのため建築後でも外壁塗装後でも《次回の塗装時期》をチェックしておくべきなのです。
    耐用年数10年の塗料の場合
     外壁に苔等が付着するもう一つの原因はお住まい周辺の環境も影響しています。風通しが悪い・日中も日が当たらない・庭に草木が生い茂っている等の状態は苔や藻が外壁に付着しやすくしてしまいますのでより一層定期的な洗浄が必要です。
    お住まい周辺の環境
    外壁に汚れが付着する環境の例
     外壁に付着する汚れの中でも最も厄介なのは「苔」です。苔は塗膜を突き破り外壁に付着し根を張ります。しぶとく付着する苔を放置すると塗膜内部で浸蝕し更に被害を拡大していきます。

     水洗いで落ちないからとブラシでこすると外壁が傷んでしまい、強い洗剤を使用すると周囲の板金へも悪影響を及ぼします。付着したばかりの苔は簡単に洗い落とせますが、繁殖してしまった際には外壁に適した洗剤を使用してのバイオ洗浄を行いましょう。
    外壁に苔が繁殖してしまった場合、適した洗剤でバイオ洗浄を行いましょう
    バイオ洗浄前後
     ちなみに塗膜が劣化してきたかを確認する方法は
    ① 外壁を手で触り粉(チョーキング(白亜化))が発生していないか?
    ② 洗い落としにくい汚れが増えたか?
    ですが、チョーキング(白亜化)現象も発生してから時間が経過すると、雨水で洗い流され確認できにくくなってしまいます。
    塗膜の劣化を確認する方法
    粉(チョーキング(白亜化))が発生していないか
    洗い落としにくい汚れが増えたか?

     また築年数が経過するほどに新築時の綺麗な外壁の記憶は薄れていきます。汚れを見ても「この程度であれば大丈夫か」と感覚がマヒしてしまうと、尚更メンテナンスを先延ばしにしてしまう可能性があります。目視確認は最も手軽な方法でご紹介されていますが、ご自身の感覚ほど当てにはならないという事も覚えておきましょう。

    工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
    外壁塗装よりも外壁洗浄が向いている外壁材
     外壁塗膜が劣化してしまえば行うべきメンテナンスは外壁塗装です。しかし中には外壁塗装よりも外壁洗浄の方が効果的なケースもございますので、しっかり確認してから適切なメンテナンスを検討していきましょう。
    外壁塗装よりも外壁洗浄の方が効果的なケースがある
    外壁塗装ではなく外壁洗浄が向いているケース
    外壁洗浄が効果的な時期
    外壁塗膜の剥がれ
     外壁塗装が外壁保護に有効なのは事実です。しかし頻繁な外壁塗装はかえって外壁の見栄えを損ねてしまう恐れがあります。というのも、塗膜は汚れが付きにくい仕上がりになりますので総じて新たな塗膜も付着しにくくなってしまいます。

     次回の外壁塗装を行う時期が耐用年数ギリギリに提案されるのは塗膜の効果が薄れた時期に外壁塗装を行うためでもあります。
     綺麗を維持するための頻繁な塗り替えは、かえって塗膜の剥がれを起こす危険性があるということを覚えておきましょう。この場合は塗装よりも定期的な洗浄の方が効果的です。
     光触媒・無機・フッ素等高耐久で知られるコーティングですが、これらが製造段階で施されているサイディングは「難付着サイディング」と呼ばれており、塗料が密着しにくい仕様になっています。
    難付着サイディングは塗料が密着しにくい
    alt=
     難付着サイディングは全く塗装できないというわけではありませんが、施工後10年経過しても汚れが付きにくく綺麗な状態を維持することができますので尚更塗装の時期を慎重に検討する必要があります。
     これらのコーティングが施されている外壁は艶があることが多く、また塗膜の劣化を示すチョーキング(白亜化)現象が築10年程度では確認できないことがあるため外壁塗装ではなく外壁洗浄で綺麗を維持しましょう。
    直貼り図解
    通気工法図解
     サイディングの施工方法は「直貼り」「通気工法」に分かれ、近年施工された住宅は通気工法で張り付けられています。直貼りとはサイディングとその下地である透湿防水シートの上にそのまま施工する方法ですが、室内・屋内の温度差で発生する熱や結露が逃げにくい仕上がりになっています。
    直貼りは塗膜の膨れ・剥がれのリスクが高く外壁塗装をお奨めできない
     この状態で外壁塗装を行うと結露等を含んだ外壁で塗膜の膨れや剥がれを起こすリスクが高いため、外壁塗装をお奨めしておりません。

     通気工法は2000年前後から周知されている施工方法ですが、サイディングと下地の間に胴縁と呼ばれる木材でわずかな隙間を設けることで空気の通り道を確保しているため、塗膜の膨れ・剥がれを起こす心配がありません。
    漆喰の外壁を使用した家
     外壁材にはモルタルやサイディング等、様々な種類があります。その中でも工務店独自の外壁材の一部や漆喰は塗り直し等、塗装ではないメンテナンスが求められることがあります。この場合は工務店や建材メーカーに確認し、どのようなメンテナンスが適しているのかを確認してからメンテナンスを行いましょう。
    外壁洗浄の施工方法
     上記に当てはまるお住まい、塗装をするほどではないが汚れが気になるお住まいには外壁洗浄がお薦めです。施工としては外壁塗装前の高圧洗浄なのですが、専用薬剤を併用するバイオ洗浄を行うことで頑固にこびりついたコケや藻を綺麗に取り除くことも可能です。簡単に施工方法と注意点をご紹介したいと思います。
    外壁洗浄の様子
    施工工程
    足場
    メッシュシート
     外壁洗浄は住宅全体に行いますので外壁塗装同様、足場仮設とメッシュシートの設置が欠かせません。もちろんここまでの工程が必要なことから近隣挨拶も行ってからの施工となります。
    構造クラック
    サイディングの欠け
     構造クラックやサイディングの欠け等の雨漏りを起こす恐れのある箇所は洗浄前に確認しておかなければなりません。ここでの注意点は外壁洗浄では補修箇所を隠すことができないという事です。外壁洗浄はあくまで付着している汚れを落とすための作業ですので、シーリング補修やサイディングの張替等で色差が発生する場合は、外壁洗浄ではなく外壁塗装工事をご提案させていただきます。
    高圧洗浄の様子
     外壁に付着している汚れ・苔・藻を一掃するため、水圧の高い水を一気に外壁に当て洗浄していきます。外壁洗浄のメリットは現状の色を変えることなく綺麗な外壁に仕上げることです。もちろん経年劣化で多少の色あせは感じられるかもしれませんが、塗り替えで失敗したくない、支出は抑えたいという方に外壁洗浄は非常にオススメな施工方法です。

     またこのタイミングで雨樋に溜まった汚れを流したり、手の届かない天窓や突き出し窓、滑り出し窓の外側を綺麗に洗浄することもできますので、室内が明るく感じられるかもしれません。
    窓を洗浄
    雨樋を洗浄
     苔や藻の繁殖が著しい場合はバイオ洗浄で根絶ちを行うのですが、ガーデニングや植栽を楽しまれているお住まいですと、流れた洗浄水で枯れてしまう可能性がありますので十分注意しましょう。
    適切な施工方法を提案する塗装業者を選びましょう
     外壁の比較的安価でイメージチェンジができるメンテナンスとして外壁塗装が挙げられます。もちろん外壁材の劣化を防ぐためにも、私たち街の外壁塗装やさんも定期的な塗り替えをご提案しております。
    お住まい全てが外壁塗装に向いているわけではない
     しかしお住まいすべてが外壁塗装に向いているわけではありません。塗膜が劣化していなければ塗膜は密着しませんし、劣化が著しい場合は外壁塗装でもカバーしきれず、外壁の張替や外壁カバー工事を行う必要があります。

     また外壁塗装を行ったことで気に入っていた外壁のテクスチャー(色味・明るさ・質感等)が損なわれてしまい、「塗装前の状態が良かった…」という後悔に至っては元も子もありません。
    街の屋根やさんではお住まいにとって最適な施工方法をご提案いたします!
     お住まいにとって最適なメンテナンス方法は建売住宅が5軒並んでいても全く一緒ではありません。北面の苔がひどい・色褪せが目立つ・はたまた自動車をぶつけ外壁材が割れてしまった等、様々なことがあります。

     これらをしっかり見極め適切なメンテナンスをご提案するのは外壁塗装・補修の経験実績が多いリフォーム会社の腕の見せ所です。
    お気軽にお住まい無料調査をご利用ください!
     私たち街の外壁塗装やさんは日本で一番親切なリフォーム会社を目指しています。お住まいの状態をしっかり確認させていただき、どのメンテナンス方法がお住まいを綺麗に維持できるのかを考えたうえでご提案させていただきます。外壁塗装はもちろん、外壁の張替補修や外壁洗浄のみといったケースにも柔軟に対応させていただいておりますので、お気軽にお住まい無料調査をご利用ください。
    外壁洗浄に関するまとめ

    お住まいの塗装 ここがポイント

    外壁塗装料金プラン
    施工事例
    7つの約束
    5つのルール
    後悔しない色選び
    会社概要

    お問い合わせページへのリンク

    ページの先頭へ戻る
    お問い合わせ