横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市泉区塗装前に雨漏りで傷んだ外壁の内部を補修します②

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市泉区塗装前に雨漏りで傷んだ外壁の内部を補修します②

    更新日:2017年5月20日

    横浜市泉区で塗装前に雨漏りで傷んだ外壁の内部を補修しております。

    内側に入り込む外壁 外壁開口④

    屋根外壁塗装をする前にクリアにするべく、モルタル壁を開口して内部の確認を行いました。腐食した部分を切り欠いて、切り欠いたところに新しい木材を入れて、開口部に枠状に下地を組むことで、壁を形成するための板が固定できるようにします。

    木下地設置

    腐食した柱を切り欠いて、切り欠いたところに新しい木材を入れます。そこに枠状に木材を組んだ木材を置いて、右の柱と左の間柱に固定します。この後に透湿防水シートを張ってラスカットパネルを張りますが、固定しやすくなりより頑丈になります。

    ラスカットパネル取付け① ラスカットパネル取付け②

    ここからは通常のモルタル壁の造り方と同じ工程になります。透湿防水シートを張ってからラスカットパネルを張ります。開口のサイズに合わせてキレイに隙間なく張っていきます。

    モルタル均し① モルタル均し②

    ラスカットパネルは構造用合板にポリマーセメントはすでに塗ってある板です。ラス(モルタルを固定させるために用いる金属網)や下塗りのモルタルが必要のない非常に便利な材料です。ラスカットパネルを張り終えるとモルタルを塗って金鏝(カナゴテ)で均していきます。右の画像のように乾いて硬化したのを確認したら、このあとは塗装が可能になります。横浜市泉区塗装前に雨漏りで傷んだ外壁の内部を補修します②をお伝えしました。

     

    ご質問やご不明な点が御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問合せ下さい。

     

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      横浜市泉区モルタル壁の塗り替えが遅れると雨漏りに繋がる恐れ,横浜市泉区塗装前に雨漏りで傷んだ外壁の内部を補修しますの各工程は下の一覧からご覧いただけます。

      横浜市泉区モルタル壁の塗り替えが遅れると雨漏りに繋がる恐れ,横浜市泉区塗装前に雨漏りで傷んだ外壁の内部を補修しますの一覧

      2017/10/22 コーキングを打ち替える必要のある幕板もあります|横浜市栄区

         横浜市栄区N様のお宅で外壁塗装をしております。1階がサイディングで、2階がモルタルの外壁を塗装しております。サイディングに関しては、サイディングとサイディングの継ぎ目にコーキングが打たれており、塗装前に打ち替えを行う必要があります。サイディングの外壁にはコーキングの打ち替えが不可欠なのですが、不可欠なのはサイディングだけとは限り...続きを読む

      2017/09/16 横浜市泉区外壁塗装では幕板の継ぎ目もコーキング打ち替え

         横浜市泉区でサイディングのお宅を外壁塗装しております。外壁がサイディングの場合、継ぎ目のコーキングを打ち替えますが、コーキングの打ち替えが必要なのはサイディングだけではありません。 外壁の1階と2階の間に幕板が取り付けてあるお宅では、幕板にも継ぎ目がありコーキングが打たれてあります。外壁塗装の際は、この幕板の継ぎ目...続きを読む

      2017/09/9 横浜市泉区の外壁塗装で出窓の上も鉄部なので塗装が可能

         横浜市泉区で外壁塗装をしております。建物外部には外壁以外にも塗ることが可能なところがします。外壁塗装の際には足場を架けますので、外壁以外のところも同じタイミングで塗ると費用としても効果的です。外壁以外に塗るとところと言えば、主に雨樋や雨戸、水切り、シャッターBOXなどが挙げられますが、本日は出窓の上をお伝えします。出窓の上は鉄部...続きを読む

      2017/06/18 横浜市泉区で屋根塗装調査で気づいた傷んだ棟板金を交換

         横浜市泉区で屋根塗装の調査で気づいた傷んだ棟板金を塗装前に交換しました。 屋根を塗装する場合には高圧洗浄を行います。水しぶきが舞うことと作業上の安全面もあり足場を架けることが多いです。こちらのお宅では作業をするときに材料を屋根に上げたりするスペースが地上で確保できない理由もあり、足場を架ける必要性がありました。現在...続きを読む

      2017/05/20 横浜市泉区塗装前に雨漏りで傷んだ外壁の内部を補修します② 【現在閲覧中!】

         横浜市泉区で塗装前に雨漏りで傷んだ外壁の内部を補修しております。 屋根外壁塗装をする前にクリアにするべく、モルタル壁を開口して内部の確認を行いました。腐食した部分を切り欠いて、切り欠いたところに新しい木材を入れて、開口部に枠状に下地を組むことで、壁を形成するための板が固定できるようにします。 腐食し...続きを読む

      2017/05/17 横浜市泉区塗装前に雨漏りで傷んだ外壁の内部を補修します

         横浜市泉区で塗装前に雨漏りで傷んだ外壁の内部を補修します。 屋根や外壁を塗装する際は、対象物に問題がないことが前提です。問題がある場合はその部分をクリアにしなければなりません。手で押すと内側に入り込む状態の外壁を開口して、まずは外壁の内部状態を確認します。 内側に入り込む状態の外壁は、バルコニーの...続きを読む

      2017/04/24 横浜市泉区屋根外壁塗装の調査で初めて気づく棟板金釘抜け

         横浜市泉区の皆様にお伝えします。屋根外壁塗装のご依頼の際には、まず建物の調査を行います。 屋根や外壁、付帯部の調査を進めていくなかで、塗装以外のメンテナンスが必要な箇所に遭遇することがあります。棟板金の釘抜けです。 屋根外壁塗装を行う前の建物調査では、屋根に上って屋根材が塗装の出来る状態なのかを確...続きを読む

      2017/04/15 横浜市泉区モルタル壁の塗り替えが遅れると雨漏りに繋がる恐れ

         横浜市泉区で屋根外壁塗装の調査をしておりました。雨漏りも発生しているようなので原因の究明も行いました。 1階部分が窯業系サイディングで、2階部分がモルタル壁のお宅です。室内から見るとこのように染みが出来ており、外から見るとちょうどこの染みの真上あたりに亀裂がありましたので、この亀裂が原因と思いました。亀裂に関して...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-10-13 07:46:15 横浜市旭区で築11年のコンクリート(RC)造の外壁調査を行いました

      IMG_8524

      本日は横浜市旭区T様宅にて、塗装の為の点検調査に伺ってまいりました。T様宅は築11年、コンクリート(RC)造の外壁です。屋根は陸屋根になっており、去年太陽光パネルの設置を行った際にウレタン防水の処置を施したそうです。そこで今回は外壁のメンテナンスを行うためにどの様な処置が必要かなどのアドバイスをいただきたいとの事で、ご相談を頂き...続きを読む

      2018-10-04 08:20:07 横浜市青葉区にて築15年のモルタル壁とサイディング壁の外壁調査

      IMG_8524

      本日は横浜市青葉区M様より、外装リフォームの為の点検調査のご依頼を頂きました。M様宅は築15年、今回が初めての外装リフォーム(メンテナンス)工事になります。工事を行うに伴って、現時点での建物の状況を確認する必要がございます。塗装でのメンテナンスを希望されていたとしても、雨漏りを起こしていたり、下地に腐食や劣化が見受けられる場合な...続きを読む

      2018-09-28 21:47:41 横浜市鶴見区にて築30年で2回目の外壁塗装、気になるコーキングの劣化を調査

      IMG_8524

      本日は約15年程前に中古物件を購入し、その時にリフォームして以来の2回目になる外壁塗装をご検討とのことで、どれぐらい劣化しているのかの点検をしてほしいとの事でお伺い致しました。2回目にはなりますが既に築30年以上経っているとのことですので、現状の傷みをしっかり調査し最適なご提案ができるよう調査致します。 【全てのコーキングに見...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る