横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市保土ケ谷区で汚れの目立ったお住まいの外壁塗装前点検

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市保土ケ谷区で汚れの目立ったお住まいの外壁塗装前点検

    更新日:2016年11月9日

    本日ご紹介いたしますのは横浜市保土ケ谷区で行った外壁塗装前の点検の様子。家が汚れているのが気になっていることと、塗装も剥がれてきたのでどうにかしたいという話です。家の汚れは見た目が悪いだけでなく、外壁の塗膜が劣化してきている証拠でもあります。まずは現地を確認し、下地の劣化具合や他にも傷んだ箇所がないかといったお住まい全体を見た上で最適なご提案をさせていただきたいと思います。

    横浜市保土ケ谷区 擁壁が汚れている 横浜市保土ケ谷区 外壁が汚れている

    現地に訪問して最初に気になったのは擁壁です(右写真)。あまりお手入れをすることもない擁壁ですが、経年によって汚れが付着しているのは気になる所です。横浜外壁塗装工房では外壁だけでなく擁壁の塗装も承っておりますので、建物の塗装に合わせて擁壁の塗装も検討してみるのも良いでしょう。
    外壁のほうも当初に話を聞いた通りうっすらと汚れています(右写真)。

    横浜市保土ケ谷区 帯板の塗膜が剥がれている 横浜市保土ケ谷区 雨樋が汚れている

    帯板あたりは塗膜が剥がれていました(左写真)。下地が露出しているので、早めに塗装で保護しないと材がダメになってしまうでしょう。この塗膜剥がれは随所で見られましたので、お住まい全体が塗り替え時期であることは間違いありません。
    雨樋も外壁同様に汚れています。汚れの付着は周辺の環境にもよりますが、塗膜に撥水効果がなくなっていることも原因です。塗装をすれば撥水性も戻りますし、太陽からの紫外線からも守ってくれるので、塗り替え時期を迎えたら早めに塗装をするようにしましょう。

    横浜市保土ケ谷区 縁側が傷んでいる 横浜市保土ケ谷区 ガーデンテーブルも傷んでいる

    他にも縁側(左写真)やガーデンテーブルのセット(右写真)も木でできていることから傷んでしまっていました。このような箇所もご希望であれば塗装が可能ですので、お気軽にご相談ください。

    今回の点検から外壁塗装と雨樋などの付帯部の塗装をご提案いたしました。お住まいをリフォームするきっかけは様々ですが、家を長持ちさせることを考えるとメンテナンス時期を見極める必要があります。その一つが汚れの付着です。それ以外にもチョーキング(白亜化)(塗料が古くなって粉状になった状態)が見られたり目地の劣化など様々なポイントがあります。ご自身でも確認するこができるので、お住まいが教えてくれる塗り替えのサインのページもご覧になってみてはいかがでしょうか。

    横浜外壁塗装工房

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-07-22 08:27:43 調査でわかった縦に大きく入ったクラック|横浜市都筑区

      IMG_8524

      そろそろ素人目でも汚れが目立つようになってきたためと、築年数15年目ということもあり、塗装をしたいとのお問合せを受け調査にお伺いいたしました。 本日はその様子をお伝えいたします。今回は外壁を見ていきますが、モルタル外壁でコテ仕上げということもあり、デザイン性が高い外壁になっておりました。 さっそく見ていきます。 ...続きを読む

      2018-07-21 09:46:52 相模原市中央区|モルタル外壁の劣化症状とメンテナンス

      IMG_8524

      ...続きを読む

      2018-07-19 10:23:50 窯業系サイディングのメンテナンスについて|相模原市南区

      IMG_8524

      ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る