横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 雪や雨でも外壁塗装は平気なの?外壁塗装の適した条件をご紹介

    雪や雨でも外壁塗装は平気なの?外壁塗装の適した条件をご紹介

    更新日:2018年1月22日

    先週から天気予報で発表されている雪。
    皆様の地域の天候はどのような状態でしょうか?
    雪が降ると困る、という方は多くいます。弊社にとっても、塗装工事を行う上で雪や雨は天敵です。
    そもそも、雪や雨が降ってても外壁塗装はできるのか、という疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。
    本日は、外壁塗装を行う条件についてご紹介したいと思います。
    c4fccd8dd11f976ecc6c1e574569794a

    外壁塗装の条件

    外壁塗装は雨や雪が天敵ではありますが、雨のよく降る梅雨の時期や雪や寒さが強い冬の時期だからといって塗装工事を行えないということはありません。しかし、外壁塗装に適したまたは、適さない条件というのがあるのをご存知でしたでしょうか?

    外壁塗装に適した条件
    ・気温が15℃~30℃
    ・湿度が高すぎない、75%以下

    外壁塗装に適さない条件
    ・気温が5℃以下である
    ・外壁に結露などが発生している
    ・湿度が高く、85%以上
    ・雨や雪が降っている

    上記のような条件があります。
    先ほど述べたように、雨の降る梅雨の時期や、雪の降る冬の時期に外壁塗装を行う場合には、上記の条件をクリアしなければなりません。
    しかし、近年では、湿度が高いといった場合や、雨天でも雨に直接かからなければ塗装ができる添加剤も販売されています。

    9ba65feb4565167a7eed717ea88e28b6
    181f2742e64390aaf0e85d9e860388bf

    冬の外壁塗装は大変

    冬の時期でも外壁塗装は可能ですが、やはり難しい問題も何点かあります。
    まず、気温や湿度。
    気温が5℃未満になってしまうと、水性塗料を使用した外壁塗装の場合、塗料の乾きが悪く、凍結にも繋がるため、塗装を行っても密着不良をおこし、塗膜の剥がれの原因にもなります。
    湿度についても、あまりにも湿度が高すぎてしまうと、結露や雨水などの不純物が加わり、変色や塗膜の形成不良が起こりやすいです。
    ちなみに、外壁塗装中に気温が下がってしまい5℃以下になってしまうと、凍結などの心配が出てきてしまいますので、塗装作業は、日没の時間などのしっかりと確認し逆算して作業時間を決めてもらいましょう。
    やはり、冬場の塗装は出来なくはないですが、問題点が多く大変です。
    外壁塗装を行う上で、季節は結構重要なポイントです。
    街の外壁塗装やさん横浜店では、さらに詳しく外壁塗装と季節の関係をご紹介していますので、詳しく知りたいという方はこちらをのぞいてみてください。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る