横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 塗装工事の良し悪しは下地処理で決まります!|横浜市港北区

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    塗装工事の良し悪しは下地処理で決まります!|横浜市港北区

    更新日:2017年10月28日

    横浜市港北区で塗装工事が始まりました。今回が2回目の塗装工事で外壁以外を塗装していきます。前回の塗装工事の際に外壁には非常に耐久性の高い塗料をつかったので、塗装の必要なし!と判断して屋根と霧除けなどの塗装をおこなう事になりました。塗装のタイミングって皆さんどの様に考えてますか?コケなどの汚れが目立ってきた、屋根材のスレートが反ってきた、御近所が塗装を始めたのでそろそろ、などなど色々な理由があると思います。目安にしていただきたいのが『チョーキング(白亜化)』です。外壁を触ると手が白くなった事ありませんか?これは、塗装に色をつける為に使われている顔料が劣化したもので、塗装の目安になる症状です。この様になると雨が降っても雨水を弾かなくなり吸ってしまいどんどん劣化が進行してしまいます。塗装工事の目的は屋根や外壁の撥水性を戻してあげる事ですので、劣化した部分を高圧洗浄で綺麗に洗い流し、適切に下塗りを塗装していけば塗料がもっている性能を遺憾無く発揮出来る事でしょう。

    下地処理が重要なんです

    こびり付いた汚れや古い塗料は、高圧洗浄で落とします。この洗浄がちゃんとしていないと塗装をしても剥がれてしまう可能性がありますので、念入りに落としていきます。汚れた水がどんどん雨樋に流れ込んでいました。

    写真用に離れた場所から撮影しました。実際は上の画像のようにノズルを屋根ち近付けておこなっていきます。

    傷んだスレートを保護する下塗り剤、『ベスコロフィラーHG』

    スレート同士の重なり部分は雨水の流れにとって取ても大切な部分で、塗装した時に塗膜で穴が開くのを防ぐために『タスペーサー』を差し込んでから塗装をします。タスペーサーの厚み分だけスレートが浮いた状態になりますので、このやり方で塗装をすれば隙間をキッチリ開けた状態になり、雨漏りの危険性も低くなります。

    下塗り剤に使用したのは、スズカファイン社の製品で『ベスコトフィラーHG』という下塗り専用材です。傷んだスレートにどんどん吸い込まれてしまいますが、厚塗りの下塗り剤ですので傷んだスレートの表面を保護してくれます。下塗りがちゃんと施工されていれば仕上げの塗装もちゃんと付着しれくれます。

    今回塗装している横浜市港北区の建物はまだ下塗りの段階ですが、下地処理が如何に重要かをご理解頂けたかとおもいます。

    ご質問やご不明な点などございました、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問い合わせください。

    横浜外壁塗装工房

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る