横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • イオン銀行住宅ローン

    HOME > ブログ > モルタル壁の亀裂は雨漏りに繋がるので要注意|横浜市神奈川区

    新型コロナウイルス対策に関して

    新型コロナウイルス対策に関して

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    モルタル壁の亀裂は雨漏りに繋がるので要注意|横浜市神奈川区

    更新日:2017年12月6日

    外壁のモルタル壁に亀裂が発生すると、雨漏りに繋がる危険性がありますので要注意です。横浜市神奈川区S様のお宅では、お部屋の窓枠から雨漏りが発生してしまいました。築25年以上経過した建物ですが、以前行った外壁塗装は14年以上も前になるそうです。横浜市神奈川区S様のお宅より雨漏りのご相談があり、すぐにお伺いさせて頂きました。

     

     

    【雨漏りに繋がるので要注意】

    モルタル壁雨漏り調査① モルタル壁雨漏り調査②

    まずは室内にて、雨漏りが発生しているところを確認いたします。木製の枠のちょうど取り合っている部分から漏れてくるそうです。実際に見てみると、白く塗装された角の部分に塗膜のひび割れがありました。雨水は室内に入り込んだ時に、必ず出口を見つけて滴ってきます。横浜市神奈川区S様のお宅では、窓の木枠でしたが、天井材の継ぎ目やサッシの隙間などからも漏れだしてくることがあります。

     

     

    モルタル壁雨漏り調査③

    室内で雨漏りが発生しているところの確認がとれたら、今度は外に出て雨漏りしている外側を確認します。雨漏りの原因が、室内で雨漏りが発生しているところの位置の外側にあるとは限りませんが、まずはその位置と周囲を確認します。脚立を使用して角の部分を確認してみると、そこには大きな亀裂がありました。これは雨漏りに直結してしまうほどの大きな亀裂です。横浜市神奈川区S様のお宅の雨漏りは、モルタル壁の亀裂から雨漏りが発生しております。

     

     

    モルタル壁雨漏り調査④ モルタル壁雨漏り調査⑤

    また周囲を見渡してみると、色々なところに亀裂が発生しているのが分かりました。すでに雨漏りのしているサッシの角付近は亀裂の発生しやすいところではありますが、サッシの角とは関係のないところにまで亀裂が発生しているところを見ると、塗膜の防水効果が低下して雨水や湿気を含みやすい状態にあることが分かります。モルタルが雨水や湿気を含みすぎると、地震が起こった際に亀裂が発生しやすくなってしまいます。やはり外壁塗装は定期的にメンテナンスとして行った方が良いですね。横浜市神奈川区S様のお宅は、亀裂は全て補修して外壁塗装を行うことをご提案させて頂きます。街の外壁塗装やさん横浜店では、雨漏りでお悩みの外壁や屋根を入念な調査のもと適切なご提案と工事を行います。雨漏りでお悩みの場合は、街の外壁塗装やさん横浜店へお任せください。

    フリーダイヤル0120-948-355まで。

     

     

     

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の外壁塗装やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      の各工程は下の一覧からご覧いただけます。

      の一覧

      2018/01/31 外壁雨漏りの原因は思わぬところにありました|横浜市神奈川区

         室内に流れ出てくる雨漏りは、外部のいろいろなところから発生します。屋根や外壁はもちろんのこと、戸袋やサッシからも発生します。横浜市神奈川区S様のお宅で発生した雨漏りは、室内の出窓に流れ出てきました。何か月か前に他業者で亀裂や部分塗装などを行って再発防止に努めたそうですが、それでも雨漏りが止まることはなかったそうです。その後、街の...続きを読む

      2017/12/6 モルタル壁の亀裂は雨漏りに繋がるので要注意|横浜市神奈川区 【現在閲覧中!】

         外壁のモルタル壁に亀裂が発生すると、雨漏りに繋がる危険性がありますので要注意です。横浜市神奈川区S様のお宅では、お部屋の窓枠から雨漏りが発生してしまいました。築25年以上経過した建物ですが、以前行った外壁塗装は14年以上も前になるそうです。横浜市神奈川区S様のお宅より雨漏りのご相談があり、すぐにお伺いさせて頂きました。 &...続きを読む

      2017/01/5 相模原市中央区モルタル壁の大きな亀裂の下地処理

         相模原市中央区の外壁調査でモルタル壁に大きな亀裂を見つけました。 モルタル壁のお宅では、築年数によってはこのように幅のある大きな亀裂の発生が多く見受けられます。最近の下塗り材は、とても高性能なものが多く、微細な亀裂は下塗り材だけで殆ど埋まってしまいますが、モルタル自体から亀裂が発生していると画像のように塗膜も裂け...続きを読む

      2016/07/23 湘南地区茅ヶ崎市内壁雨漏りの原因は外壁の亀裂にありました

         湘南地区茅ヶ崎市のお宅より雨漏り調査のご依頼がありました。 室内の内壁が雨漏りしてきたそうです。それでは調査に入ります。 こちらから雨漏りしているそうです。確かに雨染みが確認できます。 この下側に取り付けてある木枠だけが艶がなく、触るとザラザラしております。側面と上側の木枠は艶があり...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2020-10-19 11:36:44 三浦市三崎にてお住まいの点検調査、サイディングのシーリングが割れてきたら補修を行いましょう

      IMG_8524

       三浦市三崎にお住まいのH様より、外壁のコーキング補修とお住まい全体の点検のご依頼をいただきました。街の外壁塗装やさんでは、お住まい全体を時間をかけて隅々まで調査いたします。点検からお見積もりの作成まで無料にて行っておりますのでぜひご利用ください(無料点検についてはコチラ)。  現在街の外壁塗装やさんでは、マスクの着用や手指の...続きを読む

      2020-10-16 15:57:38 横浜市泉区下飯田町で外壁調査、破風板の継ぎ目に打たれたコーキングが無くなっておりました

      IMG_8524

         屋根や外壁に使用される材料は、屋根と外壁それぞれにたくさんの種類がございます。その中で屋根や外壁に一番多く使用されているのはコーキングかもしれません。シーリングとも呼ばれるこの材料は、どの屋根材や外壁材を使用していたとしてもどこかに使用されていることが非常に多いと感じます。外壁でいうとサイディングを使用した...続きを読む

      2020-10-14 11:29:49 鎌倉市大船にてお住まいの点検調査、笠木が原因の雨漏りはとても多いので外壁塗装と一緒にコーキング補修を行いましょう

      IMG_8524

       鎌倉市大船にお住まいのI様より、外壁の点検調査のご依頼をいただきました。I様邸は築23年で、今回2度目の外壁塗装をご検討中とのことでした。  街の外壁塗装やさんは、新型コロナウイルス対策を徹底してお客様のお住まいに調査に伺っております。詳しくは「新型コロナウイルス対策について」をご覧ください。 モルタルは性質上クラ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る