横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

  • HOME > ブログ > 横浜市磯子区築10年のビルALC外壁調査で塗膜の劣化

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市磯子区築10年のビルALC外壁調査で塗膜の劣化

    更新日:2017年1月20日

    横浜市磯子区で築10年のビルのALC外壁調査を行いました。

    外観

    6年前に1度塗り替え塗装を行っているそうですが、最近表面の汚れが目立ってきたということで調査のご依頼がありました。

    塗膜剥がれ 塗膜剥がれ拡大

    ビルは4階建てで3階と4階は陸屋根になっており屋上として使用しております。正面以外の3面は隣の建物と近いため雨風に晒されることが少ない環境です。4階はほぼ陸屋根で建物は屋上への出入口として造られた塔屋しかありません。塔屋は階段分の広さしかありませんので、建物の大きさとしては小さく雨風の影響を行けやすい環境にあります。こちらのビルでは塔屋の外壁が一番傷んでいる可能性が高いです。見てみると塗膜がすでに剥がれているところがありました。

    塗膜剥がれ② 塗膜剥がれ③

    ALCの継ぎ目の部分には塗膜の剥がれが発生しており、水を吸いやすい状態になっているようです。ALCは他の外壁材と比べて水を吸いやすい材質です。あまり露出している期間長いと塗装しても長く持たないことがありますので、見かけた場合はすぐに塗装が必要となります。

    ALC亀裂 塗膜の劣化

    3階の陸屋根部分ですが、ALC自体の亀裂と塗膜の亀裂がありました。塗膜の劣化だけではなく、ALC自体が地震の揺れなどの影響を受けているようです。

    チョーキング① チョーキング②

    塗膜を指で触ってみると白い粉が付着します。これはチョーキング(白亜化)と言い、塗膜が寿命を迎えている証拠です。撥水性が無くなっておりますので、雨水が浸透してしまう状態です。

    ALC爆裂① ALC爆裂②

    雨水が浸透するとALC自体にも影響がでます。すでに爆裂しているところがありました。塗装する際は、塗装する前に補修してから塗らなくてはなりません。爆裂は塗膜が劣化したことで発生しております。全体的に調査させて頂きましたが、塗膜はすでに寿命です。早急に塗り替えが必要な状態です。しかし築10年ですでに1度塗り替えているにもかかわらず、6年でチョーキングとはいささか早すぎる気がします。6年前ということは築4年で塗り替えたことになります。築4年でメンテナンスするのはかなり早いタイミングです。6年で塗膜が寿命を迎えていては、早めにメンテナンスをした意味がほとんどありません。ALCは他の外壁材と比べて継ぎ目が多く、ビルなどの大きめな建物に使用されることが多いので、メンテナンスをするにしてもコーキングの長さが長かったり、塗らなくてはならない壁の広さが広かったりと費用がかかります。なので耐用年数がもともと低い塗料で仕上がっていることが多いです。低い塗料にしてしまうと次に塗り替える期間がすぐにやってきてしまうので、メンテナンスをする際は耐用年数を考えた塗料選びをして計画的に行いましょう。

     

    ご質問やご不明な点が御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にお問合せ下さい。

    横浜外壁塗装工房

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      の各工程は下の一覧からご覧いただけます。

      の一覧

      2017/06/7 横浜市鶴見区ALCは水が浸透しやすいので塗装は早め

         ALCのメンテナンスは他の外壁材と比べても早めの方が良いです。横浜市鶴見区で外壁にALCを使用している住宅やビルを所有されている方にお伝えします。 ALCはコンクリートなのに軽量で高断熱な材料で、またサイディングだとALCパネルなどと言い、工期も短く経済的に特徴のある外壁材です。大型小売店や複合型商業施設にもよく...続きを読む

      2017/04/29 横浜市西区ビルメンテナンスが必要な防水層や塗膜の膨れ

         横浜市西区でビルの調査を行いました。 横浜市西区は横浜駅を中心としてビルが建ち並ぶ地域です。今回はこちらのビルの調査を行いました。離れて見ていると何ともなさそうに見えますがいったいどのような状態なのでしょうか。 屋上は陸屋根で床や立上りは防水仕上げになっております。緑色の部分は防水層が造られておりま...続きを読む

      2017/01/20 横浜市磯子区築10年のビルALC外壁調査で塗膜の劣化 【現在閲覧中!】

         横浜市磯子区で築10年のビルのALC外壁調査を行いました。 6年前に1度塗り替え塗装を行っているそうですが、最近表面の汚れが目立ってきたということで調査のご依頼がありました。 ビルは4階建てで3階と4階は陸屋根になっており屋上として使用しております。正面以外の3面は隣の建物と近いため雨風に晒されるこ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-06-22 07:45:20 横浜市戸塚区|外壁塗装・色はシンプルに白調「ND-370」

      IMG_8524

      本日は横浜市戸塚区S様宅で行われました外壁塗装工事の様子をお伝えいたします。S様宅は築20年、今回が初めての塗装メンテナンスになります。約20年間メンテナンスを行ってこなかったこともあり、外壁の汚れや黒ずみは目立ち、所々で外壁自体に亀裂が入っているところも見受けられます。 こびりついた汚れや黒ずみに関しては、塗装...続きを読む

      2018-06-17 11:58:29 幕板や付柱が傷み放置すると交換が必要になる|横浜市港南区

      IMG_8524

      ご自宅の外壁に、幕板や付柱といった装飾が取り付けられているところも多いと思います。幕板は建物に対して横方向に帯状に取付けられている装飾で、主に1階と2階の中間に取付けられております。付柱は縦方向にコーナーや窓と窓の間に取付けられております。幕板も付柱も造られている材質は同じことが多く、繊維混入セメントケイ酸カルシウム板を使用して...続きを読む

      2018-06-13 18:23:16 屋根調査で普段あまり見ることのないドーマーも調査|横浜市都筑区

      IMG_8524

      横浜市都筑区のF様より、「屋根の色が以前と比べて変わってきた」とのことで調査にお伺いしました。以前に屋根塗装をしている横浜市都筑区F様のお宅の屋根は、塗膜が剥がれておりメンテナンスが必要な状態でしたが、屋根にはドーマーが造られている屋根でした。ドーマーは採光やデザインの目的で造られることが多く、外から見ると「屋根に設けられた小さ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る