横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > タイル目地のコーキングを打ち換えて雨漏り対策|横浜市瀬谷区

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    タイル目地のコーキングを打ち換えて雨漏り対策|横浜市瀬谷区

    更新日:2018年2月9日

    横浜市瀬谷区で雨漏り修理工事をおこなっている建物です。雨漏りの原因は屋上防水の排水口回りである事がわかりましたので、防水工事をやり直して雨漏りを完全に止める事が出来ました。3階建ての屋上の為足場を架ける必要がありましたので、急勾配のスレート屋根の塗装も同時におこなっています。建物の外装工事をおこなう時に、必ず足場が必要な内容があります。例えば、屋根葺き替え工事、塗装工事、雨樋交換工事などがあり、工事費のうち足場に掛かる費用は建物の大きさによって変わりますが結構な金額になりますので、工事の度に足場を架けるより、足場が必要な工事を一度におこなった方が間違いなくトータルの金額を抑える事が出来ます。また、塗装工事などは下塗りをしたあとに直ぐに仕上げの塗装が出来る訳ではなく、必ず乾燥時間が必要になりますので、屋根を乾燥させている間に外壁の下塗りをおこなったり雨樋を塗装するなど、手を止めることなく作業を進められますので、効率も上がり全体の費用も抑える事に繋がります。以上の事からも、外装工事はなるべく一緒におこなった方がお得なんです。

    タイルの目地はメンテナンスフリーではありません

    タイル貼りの外壁は見た目もすっきりとした印象です。『タイルはメンテナンスが要らないからお薦めです!』と聞いたことはありませんか?確かにタイル自体は瓦と同じでメンテナンスが殆ど必要ありませんが、タイルとタイルの境目の目地は手を掛ける必要があります。セメント素材の目地とコーキングが打ってある目地は経年によって劣化していきます。ヒビ割れたり剥がれたりすればここから雨水が侵入してしまい、雨漏りの原因になってしまいます。画像の様に完全にヒビ割れが出ているコーキングは新しくする必要があります。

    目地のコーキングは打ち換えましょう

    目地のコーキングは基本的に打ち換え工事をおこないます。打ってある場所によっては剥がせない所もあるので、その場合は上から増し打ちをおこないます。長い目で見た時に剥がれてしまう可能性がありますので、出来る限り打ち換えをした方が良いでしょう。古いコーキングを丁寧に剥がしてから新しいコーキングを打っていき、上から空気を抜くように均一にしていきます。

    ボロボロになっていた目地のコーキングが新しくなりました。これで雨水が入り込むことも無くなり安心です。横浜市瀬谷区の建物の様にタイル貼りの外壁は、決してメンテナンスが必要ない訳ではありませんので、タイル目地のコーキングをちゃんと打ち換えて、雨漏り対策をしていきましょう!

    ご質問やご不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問合せください。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る