横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 下塗り材で傷んだスレートを保護します|横浜市神奈川区

    新型コロナウイルス対策に関して

    新型コロナウイルス対策に関して

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    下塗り材で傷んだスレートを保護します|横浜市神奈川区

    更新日:2018年1月18日

    横浜市神奈川区で塗装工事中の建物は、外壁サイディングの目地のコーキングは打ち換えが終わりましたので、下塗りに取り掛かりました。屋根のスレートは高圧洗浄でしっかりと汚れと古い塗膜を落としたので、下塗りでスレートを保護して仕上げの塗料の付着性を高めていきます。下塗りの前にもまだやる事があって、棟板金をビスで補強したり、金属部分にサビ止めを塗る下地処理をおこなっていきます。見た目では気付きませんがスレート屋根は経年によって意外と傷みが進んでいるので、下塗り材がどんどん浸透していきます。仕上げの塗料は遮熱塗料のサーモアイで、下塗り材と仕上げ材で遮熱性能を発揮しますので丁寧に塗装しました。塗装が完成して色が付くと下地の状態はわかりませんが、塗装工事で重要な下塗り材の施工がしっかりとなされていないと塗膜の耐久性に関係してきます。

    塗装前の下地処理

    今回の塗装工事では元々ある棟板金をそのまま使用しますが、釘で固定されていた部分は下地の貫板がやせてしまうと緩くなって抜けてしまう部分もありますので、塗装の前にビスで補強をおこないます。金属で出来ている棟板金は劣化していくとサビが出てしまいますので、下塗りにはサビ止めを塗ります。

    スレートに傷みが出ていると下塗り材の吸い込みにムラが出てしまいますので、吸い込みが激しい部分は下塗りを2回塗る事も必要です。

     

    屋根には棟板金以外にも金属が使われています。雪止めも金属で出来ていますので、サビ止めを塗ってから屋根と同じ色で仕上げていきます。塗装工事は下塗りなどの下地処理が非常に重要ですので、横浜市神奈川区のこちらの建物は傷んだスレートを下塗り材で保護して仕上げの塗装に進んでいきます。

    ご質問やご不明など御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問合せ下さい。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の外壁塗装やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2020-09-26 13:00:55 横浜市鶴見区上末吉でモルタル壁からクラック、クラック補修をして外壁塗装でメンテナンス

      IMG_8524

       建物の外壁にモルタルを使用したモルタル壁は、築年数が経過して傷んでくると、傷んできている目安になる現象が発生します。それがクラックです。クラックはひび割れや亀裂を総称しております。細い幅のものや太い幅のものなど種類はたくさんございますが、築年数の経過と比例するよう発生する件数も増えていきます。横浜市鶴見区上末吉にお住いにならて...続きを読む

      2020-09-25 11:41:11 座間市東原にてお住まいの点検調査、モルタルのクラックは幅0.3mm以上のものは危険度が高いです

      IMG_8524

       座間市東原にお住まいのO様よりお家の点検調査のご依頼をいただき、ご自宅へ伺いました。街の外壁塗装やさんでは無料点検を行っておりますので、塗装をご検討中の方はお気軽にご連絡ください。  現在街の外壁塗装やさんでは、スタッフの体調管理やこまめな消毒など新型コロナウイルス対策を徹底して点検調査に伺っております。詳しくは「新型コロナ...続きを読む

      2020-09-23 22:35:26 横浜市金沢区能見台でモルタル外壁の点検、ひび割れが増えてきたら外壁塗装でメンテナンスしましょう

      IMG_8524

       横浜市金沢区能見台にお住いになられているH様より「築年数が15年以上で以前よりも色が暗くなってきたので一度外壁を見てほしい」とご自宅の外壁にご不安を抱えていたそうです。建物の外部に使用されている建築資材は、紫外線や雨風の影響よって傷んだり劣化してくものです。築年数の経過に合わせて定期的に点検や調査をしてもらってください。横浜市...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る