横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 川崎市中原区でスレート屋根の塗装と外壁コーキング

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    川崎市中原区でスレート屋根の塗装と外壁コーキング

    更新日:2016年4月1日

    川崎市中原区で建物の調査をおこないました。今年の冬は暖かかったので桜の咲きも早いかと思いましたが、意外と遅めで来週の入学式には丁度良いのではないでしょうか。そんな暖かい中建物の調査をおこないました。屋根と外壁をそろそろ塗装をしようと検討中のお客様です。だんだん風が強くなってきたので早速ハシゴを架けてみてみましょう。

    スレート葺きの屋根は北面にコケが結構生えています。コケが生えるのは、スレートに撥水性が無くなってしまい、雨が降ると雨水を弾かなくなって吸ってしまうので常に濡れているために北面にコケが生えていきます。棟板金の浮き等はありませんが、ジョイントのコーキングが切れています。

    スレート自体の傷みはそれ程酷くありません。傷みが進むと重なり部分の反りが酷くなりますが、ボールペンの先っぽがちょっと刺さるくらいです。表面の傷みが若干出ていますが、まだまだ屋根塗装工事が可能な状態ですね。

    こちらは外壁のサイディングです。目に付いたのは、目地のコーキングの劣化です。繋ぎ部分にコーキングという防水シールを打ちますが、新築の時はこのコーキングが露出した状態になります。屋根材や外壁材もそうですが、紫外線によってどんどん劣化していきます。露出したコーキングも紫外線によって劣化してこの様に切れたり裂けたりします。ここから雨水が入っても直接的に雨漏りに繋がる訳ではありませんが、防水紙に隙間が空いていたりすると、柱などの構造材まで雨水が入ってしまいます。またサイディングも水を吸って劣化が進んでしまいますので、コーキングは重要な部分なんです。

    また、コーキングを打つ厚みも薄いために効果が発揮しづらく、劣化も早くなります。サイディング表面の劣化はそれ程でもなく、チョーキング(白亜化)は少しだけ出ています。これから劣化が進行していきますので、早目に塗装工事で撥水性を取り戻してあげる必要があります。全体的にみて、目地のコーキングは必須工事で、屋根塗装と外壁塗装のご提案です。

    ご質問やご不明な点などございましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にお問い合わせ下さい。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2019-01-13 09:10:31 横浜市南区三春台で外壁塗装の調査、取合いに打たれたコーキングの劣化でサイディングが傷んでおりました

      IMG_8524

      「築年数が結構経ってきたので、そろそろ外壁塗装をしたい」とご相談がございましたのは、横浜市南区三春台に住まいのN様からでした。さっそく調査にお伺いさせていただきました。建物には違う材料との隙間(取合い)にコーキング材が打たれていることが多く、そのコーキング材も築年数の経過とともに劣化していきます。このコーキングが劣化すると外壁に...続きを読む

      2019-01-13 08:06:19 横浜市保土ヶ谷区初音ヶ丘で日本ペイントパーフェクトトップND-503を使用しての外壁塗装

      IMG_8524

      本日は横浜市保土ヶ谷区T様宅で行われました、外壁塗装工事の様子をお伝えいたします。T様宅は築35年、先10年程は安心して暮らせるメンテナンスを、との事で今回屋根・外壁の塗装を行う事になります。もともとは屋根の劣化が顕著になり、屋根のみのメンテナンスをお考えでしたが、足場の有効活用も考慮に入れ、外壁の塗装も併せて行うことになりまし...続きを読む

      2019-01-11 15:02:58 横浜市青葉区美しが丘で行った外壁調査、ALCを使用した外壁は水を吸いやすいので早めに塗装でメンテナンス

      IMG_8524

      近年外壁に使用される材料はいくつか種類があります。大手の住宅メーカーで使用されるケースが多いのはALCという材料です。軽量気泡コンクリートを短縮してALCと呼んでおります。コンクリートなのに軽く、断熱性や耐震性、耐火性、耐久性に優れており、多くの新築建物に使用されております。メリットやデメリットと言ってしまうと「良い」とか「悪い...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る