横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

HOME > ブログ > 横浜市青葉区で屋根と外壁塗装の定期点検

本日の現場ブログ

 日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

横浜市青葉区で屋根と外壁塗装の定期点検

更新日:2017年7月23日

横浜市青葉区で塗装工事をおこなった建物です。塗装してから一年での定期点検を実施しました。

サーモアイ4F エラストコート

使用した塗料は、スレート屋根には日本ペイントのサーモアイ4F、ジョリパッドの外壁にはブライトンのエラストコートです。サーモアイはフッ素樹脂で耐久性を高めてエラストコートは非常に弾力性が高い塗料で、下地のエアークラックにも追従するので、建物の動きによってヒビ割れが出やすいモルタル下地の外壁には最適な塗料です。

屋根塗装完成時 屋根塗装完成時2

上の画像は塗装した直後の写真です。一年経過してどんな風に変化があったのか見てみましょう。

一年後の状態

日の当たり方で色の見え方が変わってきますが、一年たっても全く変化がみられません。塗膜に浮きや剥がれが出ているところも無く、表面の劣化もありません。高圧洗浄と下塗りを丁寧におこなえば、塗料が持つ耐久性を最大限に発揮してくれます。

縁切りタスペーサー 定期点検中

縁切りの為に差し込んだタスペーサーも抜けたりしているところはありません。スレートの反りなどが進行している様子も無いので屋根は全く問題ありませんね。

ジョリパッド 外壁の状態

外壁のエラストコートの状態です。元々ツヤ消しの仕上げ塗料で下地のパターンをそのままに色を変えることが出来ます。画像では分からないかもしれませんが仕上げは薄い黄色なんですが、色あせも汚れの付着も無く非常に良い状態です。横浜市青葉区のこちらの建物は、屋根と外壁にはそれぞれ12年の施工保証を付けていて、このあとの定期点検は完成してから3年後になるので再来年です。

屋根塗装・外壁塗装についてご質問やご不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問い合わせください。

横浜外壁塗装工房

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-01-18 23:45:05 下塗り材で傷んだスレートを保護します|横浜市神奈川区

      IMG_8524

      横浜市神奈川区で塗装工事中の建物は、外壁サイディングの目地のコーキングは打ち換えが終わりましたので、下塗りに取り掛かりました。屋根のスレートは高圧洗浄でしっかりと汚れと古い塗膜を落としたので、下塗りでスレートを保護して仕上げの塗料の付着性を高めていきます。下塗りの前にもまだやる事があって、棟板金をビスで補強したり、金属部分にサビ...続きを読む

      2018-01-15 21:34:07 サイディングの目地はワーキングジョイントといいます|横浜市神奈川区

      IMG_8524

      横浜市神奈川区で塗装工事中の建物です。屋根と外壁の塗装工事をおこなうのですが、先日高圧洗浄が終わり外壁目地のコーキングの打ち換え工事をおこなっています。スレートは小さなヒビ割れが大分出ていますので、色を付ける前におこなう補修工事で問題ありません。このスレートはスリットが深くまで入っているのでヒビ割れが入りやすくなってしまう材料で...続きを読む

      2018-01-14 15:30:39 モルタルに亀裂が入ってきたら外壁塗装を行う目安|横浜市保土ヶ谷区

      IMG_8524

      「そろそろ外壁のメンテナンスを考えたい」とのことで、横浜市保土ヶ谷区A様より調査のご依頼がありました。築10年が経過した横浜市保土ヶ谷区A様のお宅の外壁は、モルタルで造られた外壁です。モルタルの場合は、築年数の経過により亀裂が入るようになります。外壁は定期的なメンテナンスとして塗装が必要になりますが、モルタルで造られた外壁の場合...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る