横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

HOME > ブログ > 金属屋根塗装の耐久性はサビ止めで変わります|川崎市多摩区

本日の現場ブログ

     

 日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

金属屋根塗装の耐久性はサビ止めで変わります|川崎市多摩区

更新日:2017年12月8日

12月に入って雨が降らないので順調に工事が進んでいます。川崎市多摩区で着工中の建物も予定通り順調です。トタン葺きの屋根は大分サビが出ていました。サビは放っておくとどんどん広がっていって、最悪の場合トタンに穴が開いてしまう事もあります。塗装がしてあった場合は、塗膜の下でサビが広がっていって知らず知らずのうちに傷みが進んでいることもあります。ちょっとでもサビが出てきたらしっかりとメンテナンスをおこなって、穴が開く前に対処していきましょう。金属屋根の場合は、サビ止めの耐久性によって仕上げの塗装の耐久性に繋がりますので、適切な選択が必要です。

どんなサビ止めを使うか

今回使用したのは、日本ペイントのハイポンファインプライマーⅡです。トタン屋根のサビ止めでは標準的な耐久性の塗料で、比較的傷みが進んでいる場合でも耐久性を発揮してくれます。仕上げの塗料は金属屋根専用の日本ペイントのファインルーフSiです。

ツヤが蘇ります

サビ止めを全体に塗装して屋根全体が一旦真っ白にしていきます。しっかりと付着している古い塗膜はそのままで、ケレンで剥がした部分と塗膜で一体になる様に塗装していきます。

仕上げの塗装を2回塗って屋根の塗装は完成です。仕上げの塗装が持つ性能を最大限に発揮する為にはサビ止めの選択と施工方法が重要になります。下地処理からサビ止めをしっかりと施工しましたので、川崎市多摩区の金属屋根は耐久性もツヤも元に戻りました。

ご質問やご不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問合せください。

横浜外壁塗装工房

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る