横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 相模原市南区築25年で11年前に塗り替えた外壁を調査

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    相模原市南区築25年で11年前に塗り替えた外壁を調査

    更新日:2016年9月24日

    相模原市南区にあるお宅より外壁塗り替え調査のご依頼がありました。

    外観

    築25年目のお宅です。外壁材はサイディングで11年前に塗り替えを行った外壁です。それでは調査に入ります。

    ショーキング① チョーキング②

    まずはサイディングの表面を指で触ってみます。すると指には粉状のものが付着します。これはチョーキング(白亜化)と言いまして、既存の塗膜が劣化していること表しております。塗り替えの時期に差し掛かっている証拠であります。

    サイディング継ぎ目コーキング劣化 サイディング継ぎ目コーキング劣化拡大

    サイディング亀裂 サイディング亀裂拡大

    サイディングの継ぎ目に打たれているコーキングに劣化が伺えます。塗膜が剥がれてコーキングが露出しているのが判ります。また前回の塗り替え時にサイディングが浮いていたのでしょうか。釘が至近距離で2発打たれております。おそらくその影響でサイディングに亀裂が発生したのでしょう。継ぎ目のコーキングは塗る前に打ち替えが必要です。亀裂に関してはコーキングで補修してから塗ることになります。このような亀裂は塗った後にまた浮き出てきやすいです。

    サイディング入隅コーキング劣化① サイディング入隅コーキング劣化②

    窓の周囲が出っ張っているので、入隅が非常に多いお宅です。入隅に打たれているコーキングも塗膜の塗膜の奥で劣化しているが判ります。入隅のコーキングも打ち替えが必要です。

    サイディング塗膜膨れ① サイディング塗膜膨れ②

    既存の塗膜にはプツプツとして細かい膨れがあちこちに見られます。このような膨れは落としてから塗り替えなければなりません。このまま塗ってしまうと早期に剥がれる可能性が非常に高いです。前回から11年経過したサイディングでしたが、塗膜やコーキングに劣化していることが判りました。これから先も建物を大切にしていくためには早めの塗り替えが必要となります。前回はサイディングにそのまま塗布できましたが、今回はその塗膜に対して塗布することになります。前回以上にしっかりと塗料選びを行う必要があります。適切な塗料をご提案致します。

     

    ご質問やご不明な点が御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談。お問合せ下さい。

     

     

    横浜外壁塗装工房

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-07-22 08:27:43 調査でわかった縦に大きく入ったクラック|横浜市都筑区

      IMG_8524

      そろそろ素人目でも汚れが目立つようになってきたためと、築年数15年目ということもあり、塗装をしたいとのお問合せを受け調査にお伺いいたしました。 本日はその様子をお伝えいたします。今回は外壁を見ていきますが、モルタル外壁でコテ仕上げということもあり、デザイン性が高い外壁になっておりました。 さっそく見ていきます。 ...続きを読む

      2018-07-21 09:46:52 相模原市中央区|モルタル外壁の劣化症状とメンテナンス

      IMG_8524

      ...続きを読む

      2018-07-19 10:23:50 窯業系サイディングのメンテナンスについて|相模原市南区

      IMG_8524

      ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る