横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 外壁モルタル補修|塗替え時にクラック補修|横浜市磯子区

    新型コロナウィルス
    対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    外壁モルタル補修|塗替え時にクラック補修|横浜市磯子区

    更新日:2014年9月4日

    先日お問い合わせを頂きました、横浜市磯子区にて現地調査を行って参りました。

    築15年経過し、外壁の劣化も目立ち始め塗装の時期かなと思いインターネットで調べた所、弊社が目に留まりお問い合わせ頂きました。

    早速お伺いし、打ち合わせを行わさせていただくと屋根は5年程前に塗装されているので今回は外壁のみを塗装したい。

    シリコン以上での塗料を考えているとのことでした。

    それでは点検スタートです!

    IMG_1806_R IMG_1808_R

    外壁の点検を行いますとクラックが多数出ており、またモルタル破損箇所も発見されました。

    モルタル破損箇所は運よく、雨など吹き込みにくい場所にあり、新しい破損でしたので中に、水分が入り込むという被害は出ておりませんでしたがこのままでは、被害が拡大し雨漏りに繋がりますので早急に補修が必要です。

    IMG_1812_R IMG_1813_R

    クラックに関しては、水分が染み込み変色してしまっている箇所も御座いましたので、クラック補修も下地補修として必須の状態でした。

    構造クラックまで進行はしていませんが、このままただ塗装するだけではクラック被害は拡大していくだけですので、しっかりとした補修作業が必要となります。

    具体的なクラック補修のご説明として以前、クラック補修した物件の施工写真をご紹介致します。

    IMG_1775 IMG_1764

    IMG_1763 IMG_1768

    こちらの物件では、構造クラックが多数発生してお通常のコーキング剤での補修ですと補修跡が大きく目立ってしまいます。

    しかし、こちらのセメントフィラーを使用し補修を行いますと傷跡が目立たない補修が可能です。

    PC091723

    こちらは、クラック補修をセメントフィラーに施工し塗装を行った状態です。全然目立たず綺麗に仕上がっております。

    お客様もあまり補修跡を残さない施工方法が良いとの事でしたので、こちらの方法をご提案させて頂きました。

    お客様のご納得のいく内容のお見積りに仕上げていきたいと思います。

    詳細ご質問は街の外壁塗装やさん横浜店へお気軽にお問い合わせ下さい。

     

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の外壁塗装やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る
      お問い合わせ