横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 横浜市金沢区|下屋瓦棒(トタン)をファインルーフSiで屋根塗装!

    横浜市金沢区の施工事例

    横浜市金沢区|下屋瓦棒(トタン)をファインルーフSiで屋根塗装!

    【施工前】
    金属屋根,塗装施工前

    【施工後】
    トタン屋根塗装,完了

    【お問い合わせのきっかけ】

    築40年の横浜市金沢区の住宅からのお問い合わせです。下屋のトタン屋根の塗り替えをご検討中とのことで、今の状態を確認した上で、最適な工事内容をご提案させて頂きます。
    また今後のメンテナンス方法についてもご説明させて頂きたいと思います。


    担当:富田


    築40年の横浜市金沢区の住宅からのお問い合わせです。下屋のトタン屋根の塗り替えをご検討中とのことで、今の状態を確認した上で、最適な工事内容をご提案させて頂きます。
    また今後のメンテナンス方法についてもご説明させて頂きたいと思います。


    担当:富田


    【工事内容】
    屋根塗装
    【工事詳細】
    使用材料
    日本ペイント ファインルーフSi(コーヒーブラウン)
    築年数
    築40年
    お施主様
    Y様
    足場アイコン屋根塗装 headlinesbyline columns
    瓦棒
    瓦棒
    texts
    築40年の2階建て住宅です。大屋根はセキスイのかわらU、下屋が瓦棒(トタン)のようです。
    大屋根はメンテナンスをするとしても、多くの住宅ではノンアスベストが使用されており、選択肢は葺き替え工事のみです。
    今現在雨漏りも起きていないようですので、大屋根には触れず下屋の金属屋根を塗装していきます。

    金属屋根は表面塗膜が劣化することにより、屋根材が錆び腐食を起こしていきます。
    点検時に屋根材に足跡が残る場合、塗膜がチョーキング現象を起こし粉状に蓄積している事が分かります。
    columns
    天窓
    塗膜,色褪せ
    texts
    金属屋根の劣化状況を判断するには全体的な色褪せと塗膜の剥がれと錆の発生状況です。
    全体的に見て艶が無い、塗膜の剥がれがあるように見える場合はまずは点検をする必要があります。
    下地の赤褐色に見える部分は錆びが発生してしまっています。
    この段階では穴あきは起こしていないようですが、放置してしまうと錆が進行し雨漏りの原因になります。
    columns
    塗膜浮き
    釘浮き
    texts
    こちらはまだ錆びすら発生していませんが、塗膜が剥がれたことにより、屋根材が露出してしまっています。
    紫外線や雨水によって錆が発生しやすい状況ですので、早めの塗装メンテナンスが必要となります。
    塗装のほかにも、瓦棒の釘浮きを発見しました。瓦棒は緩勾配屋根でも雨水の排水がスムーズにでき、雨仕舞に優れていますが、釘が抜けキャップが外れてしまえば雨漏りを起こしても不思議ではありません。
    columns
    ベランダ
    錆び
    texts
    金属屋根を丈夫な状態に保つ条件は、錆びさせない・隙間を作らない事ですが、屋根の上にはベランダが設置しております。
    隙間なく塗装をするにはベランダの床材を剥がす必要がありますが、当然費用も掛かります。
    全体をしっかりと塗装することが理想ですが、紫外線に日々当たる場所を補修することも重要です。

    屋根メンテナンスは今後の方向性によって、今回の補修から内容が変わります。
    今の段階で十数年の耐久性をご希望する場合は今回は塗装でも十分です。但し、次回のメンテナンスでは下地の傷みの蓄積を考え、葺き替え工事が必要となります。

    今回しっかり補修を行いしばらくなにもしたくないと言った場合は、今回屋根葺き替え工事をご提案致します。
    その際に天窓からの雨漏りも考えられますので、天窓(トップライト)の交換もご提案いたします。
    どのようにメンテナンスをしていくかというのは、お客様がどのように住宅を利用していきたいかにかかっています。
    ぜひ長い目でのご意見をお聞かせください。
    headlinesbyline columns
    洗浄
    ケレン
    texts
    今回は十数年の耐久性を求め、塗装工事を施工していきます。
    塗装工事の場合は洗浄を行い下地処理を進めますが、金属屋根の場合は洗浄だけでは旧塗膜がしつこく残る可能性があります。
    その為、必ずケレン処理が必要です。浮いた塗膜をしっかりと剥がし、素地を露出させます。
    columns
    ケレン
    錆止め
    texts
    細かい部分の旧塗膜を落とすことで新たに塗る塗膜がしっかりと密着することが出来ます。
    ケレン処理を怠ってしまうと、旧塗膜毎剥がれ塗装が台無しになってしまいます。

    ケレン後は錆の発生と拡大を防ぐために下塗りをしていきます。使用しているのは日本ペイントのハイポンファインデクロです。色はグレー・ホワイト・赤錆・クリームの4色ですが、錆止めというと赤錆の印象が強いですよね。
    実は鉛系を原料にしていたことから原料の赤茶色が出ていたようです。公害問題から鉛系の原料をしない塗料が普及しましたが、色のみが名残で残っているようです。
    columns
    防水テープ
    中塗り
    texts
    部分的に錆の腐食が酷い箇所がありましたので、下塗り後にアルミテープで雨水の浸入を防ぎ今度は中塗り塗装を行います。
    使用している日本ペイントのファインルーフSiはトタン屋根用の塗料です。高光沢のギラ艶感で仕上げるファインルーフは、色褪せたトタンも新品の様に蘇らせます。
    高耐久のシリコン系ですので、紫外線に強く長期間に渡って塗膜を維持します。
    columns
    中塗り
    上塗り
    texts
    中塗りの乾燥後に再度上塗りを行っていきます。
    色はコーヒーブラウンです。一度でも十分な光沢感ですが、2回塗りを行う事で、塗装のムラなく綺麗な光沢感を出すことが出来ます。

    columns
    上塗り
    取り合い
    texts
    ケレン+錆止め+塗装2回塗りでのトタン屋根塗装工事完了です。
    積雪や結露に対しても高い効果を発揮する為、綺麗が長続きします。
    金属屋根の塗装方法、塗料の選定、錆止めの効果等ご不明な点はお気軽に街の外壁塗装やさん横浜店へお問い合わせくださいませ。
    点検からお見積りまで無料にて作成させて頂きます。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-08-03
      横浜市鶴見区安善町にて築20年のお住まいの点検、スレート屋根の塗装と台風で被害が出やすい棟板金交換工事をご提案

       横浜市鶴見区安善町のN様より、お問い合わせをいただき現地調査に伺いました。N様は、近所で点検を行っていた業者様にご指摘を受け、棟板金の補修と屋根塗装をご検討されたとのことでした。  街の外壁塗装やさんでは、新型コロナウイルス対策をしっかりと行って点検...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-07-31
      横須賀市小原台にて築10年程のスレート屋根調査、日当たりが悪い面は黒カビや藻の繁殖がしやすい傾向にあります

       横須賀市小原台にお住まいのお客様より、築10年が経過し、普段見えにくい屋根の状態が気になっているとの事で、私たち街の外壁塗装やさんへ点検調査のご依頼を頂きました。  図面を見ると、カラーベストとあるとの事でしたので塗装でのメンテナンスが必要なスレート...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-07-26
      横浜市港南区港南台にて屋根塗装の為に点検調査、スレート屋根の中には塗装ができない商品も存在します

      横浜市港南区港南台にお住まいのお客様より、「屋根のメンテナンスをしたい。スレートなので塗装ができると思うので、一度現地を見て欲しい。」と屋根塗装工事の為に事前点検調査のご依頼を頂きました。まだ築12年程と、スレートを塗り替えるには問題がなさそうな築年数ですが実...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る
      お問い合わせ