横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市戸塚区柏尾町にてモルタル外壁調査、定期的に外壁塗装を行い経年劣化を防ぐこと.....

    新型コロナウィルス
    対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市戸塚区柏尾町にてモルタル外壁調査、定期的に外壁塗装を行い経年劣化を防ぐことが大切です

    更新日:2021年8月7日

     横浜市戸塚区柏尾町にお住まいのお客様より、築10年近くになるので外壁のメンテナンスを検討している。現状に合うメンテナンスが知りたいとの事でしたのでさっそく現地調査にお伺いさせて頂きました。

     新型コロナウィルス感染拡大防止の為に、私たち街の外壁塗装やさんでは引き続きソーシャルディスタンスやこまめな消毒、マスク着用の徹底に努めてまいります。

    モルタル外壁はクラックが発生しやすく定期的にメンテナンスが必要です


     現地調査を始めます。パッとみた外観はまだ綺麗に見えましたが、近くで細かくリシン仕上げのモルタル外壁を見てみますと、写真右の丸で囲んでいる箇所のように、笠木やサッシ廻りから枝が伸びているかのようにクラック(ひび割れ)が発生してしまっておりました。モルタル外壁は窯業系サイディングの外壁等と比べお住まいにかかる負荷を分散させるシーリング目地のような物がない為に、経年劣化としてどうしてもクラックが発生してしまうのです。

     クラックが大きく拡がってしまいますと、そこから建物内部へ雨水が入り込んでしまい、モルタル外壁自体が傷んでしまいます。

    構造クラックになる前に修繕をしておきましょう

    構造クラックになる前にモルタルは塗装でメンテナンスをしておきましょう

     こちらはクラックスケールと呼ばれる道具で、クラックの幅を確認している所です。基礎の上にある水切り役物付近から伸びるクラックです。通常ヘアークラックと呼ばれる0.3ミリ以下の幅のクラックは特に気にする必要はありませんが、写真の様に大きく拡がり始めた箇所は構造クラックと呼び、お住まいの安全性に関わり基礎の強度にも影響致しますので、ここまで拡がっているクラックがある場合は早急に修繕をする必要があります。塗装でのメンテナンスだけでは納まらなくなる事があります。

    ヘアークラック
    クラックが多い外壁は、外壁からの雨漏りが心配です

     築10年程ですので、藻や苔などの繁殖はそこまで多くはありませんでしたがクラックが多い状態です。もちろん構造クラックと呼ばれる程拡がっている箇所も多く見受けられた為に、今回は早めに外壁のメンテナンスが必要です。

     今回はクラック補修を行いつつ、クラックが起きにくい、起きたとしても追従してくれる様な弾性塗料を使った外壁塗装のご提案をさせて頂きました。

    モルタル壁の外壁塗装におすすめ!弾性塗料のエラストコート

     モルタル壁で一番多いお悩みと言えば外壁のクラック(ひび割れ)ではないでしょうか。外壁にさまざまな表情をつけられるのがモルタルの特徴ですが、乾燥して収縮するという性質上、経年や振動によってどうしてもクラック(ひびや亀裂)が発生してしまうといったデメリットがあります。
     そこでモルタル外壁を外壁塗装する際にエラストコートを使用することで外壁にもしもクラックが発生していも塗膜がその隙間に追従し、表面に隙間を発生させないようにするのです。
    ちなみにこのエラストコート外壁塗装だけでなく室内の内壁塗装も可能です。お店の内壁がモルタルと言った場合にも対応が出来ます。

     私たち、街の外壁塗装やさんでは弾性塗料を使用した外壁塗装の実勢も多くございます。下塗りには何が適切かなど、現地調査時にご説明もさせて頂きます。塗装で失敗したくない時は街の外壁塗装やさんへご相談ください。


     記事内に記載されている金額は2021年09月17日時点での費用となります。
     街の外壁塗装やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
     そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

    関連動画をチェック!

    鉄部の塗装で錆を防ぐ!仕上がりを左右するケレン作業とは【プロが解説!街の外壁塗装やさん】

     今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


     こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
     お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の外壁塗装やさん横浜支店

      街の外壁塗装やさんは日本全国へ展開中です!

       街の外壁塗装やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも外装リフォームを承っております。お住まいのエリアをお選びいただくと、各エリアの街の外壁塗装やさんサイトへ移動します。

      街の外壁塗装やさんは日本全国へ展開中です!

       街の外壁塗装やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも外装リフォームを承っております。バナーをタップすると街の外壁塗装やさん全国版サイトへ移動します。

      お近くの施工店を探す 千葉県 東京都 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 福岡県

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      IMG_8524

      IMG_8524

      2023-02-06
      タイル外壁へのクリア塗装で汚れに強くツヤのある綺麗な外観にしませんか?

       タイルが色褪せていたり、汚れが目立つようになってしまったという方はいらっしゃいませんか?モルタル外壁や窯業系サイディング外壁などと違い、塗装が必須ではないと言われるタイル外壁。しかし、もしも綺麗な状態を長く維持したいとお考えならタイル外壁へのクリア塗装が有...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2023-02-04
      パーフェクトトップの白色(75-85A)と青色(70-20D)の2色で外壁塗装!塗装の様子や2色塗装の注意点をご紹介

       横浜市緑区中山で、お客様より外壁塗装のご依頼をいただきました。使用されていた外壁は窯業系サイディング外壁で、調査にお伺いすると剥がれや汚れが目立つ状態となっていることがわかりました。塗膜による保護が弱まっており、塗装が必要な状態です。 ...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2023-02-02
      バルコニーの壁と壁の間にできた黒い染み。修理の方法や雨漏りの危険性は?

       ご自宅のバルコニーの壁と壁の間が黒ずんでいる、雨染みのようなものができているということがありませんか?そのような状態は、もしかすると雨漏りが起こる兆候かもしれません。 もしバルコニーの壁から雨漏りが起きている、黒い雨染みがあるという場合、どのような修理が必...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る
      お問い合わせ