横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市中区でタイルの目地から染み出したエフロを落とします

    新型コロナウィルス
    対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市中区でタイルの目地から染み出したエフロを落とします

    更新日:2016年10月29日

    横浜市中区で工事中の現場です。雨漏りしているという事で、コーキングやガルバリウム鋼板、ウレタン防水などで雨漏り修理工事をおこなっています。そんななか、今回の雨漏りには関係ないのですが、ちょっと気になる部分がありましたのでその様子をお伝えします。

    みなさんのお宅で写真の様に白くこびり付いた汚れを見たことはありませんか?コンクリートやタイルなどによく現れる症状で、『エフロレッセンス』といいます。白樺現象ともいいますが、コンクリートやタイルの目地などに侵入した雨水が、セメントなどの石灰成分を溶かし出して空気中の炭酸ガスと結合して炭酸カルシウムになったものです。エフロレッセンスが出たからといっても、コンクリートなどの品質が劣化している訳ではありませんが、見た目にあまり綺麗なものではありません。今回は、このエフロレッセンスを除去する工事をおこないました。

    『工事』という程の作業ではありませんが、水拭きだけでは落ちません。成分で言えば貝殻や石灰岩などと同じですので、固くこびりついてしまうからです。そこで今回使用したのは、アルカリ洗浄剤です。ちょっと理科の話になりますが、簡単に言うと『酸』には『アルカリ』という訳です。このアルカリ洗浄剤を水で2~4倍に薄めたものを、こびり付いた炭酸カルシウムに染み込ませて少し時間を置いたあと綺麗に拭き取ります。

    そうすると、この様に見違えるように綺麗になりました。意外と簡単に落とすことが出来ますので、エフロレッセンスの汚れでお困りの方は是非お声かけください。今後この様なエフロレッセンスが出ない様にするには、雨水が浸入しないように撥水する事が必要になります。表面に塗膜を張ったりコンクリートに浸透する撥水剤などもありますので、その様な処理も同時におこなった方が良いでしょう。

    ご質問や御不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問い合わせください。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の外壁塗装やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る
      お問い合わせ