横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市都筑区川和台にて高台に建てられたお住まいのスレート屋根を調査、築10年程で.....

    新型コロナウィルス
    対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市都筑区川和台にて高台に建てられたお住まいのスレート屋根を調査、築10年程でも塗膜が劣化し苔が生えてスレートが傷んでしまう事が多い為定期的にメンテナンスを行いましょう

    更新日:2021年7月26日

    横浜市都筑区川和台にお住まいのお客様より、そろそろ築が10年程経過したので普段見えない屋根の点検調査と必要な工事の提案が欲しいとの事で、私たち街の外壁塗装やさんへお問合せを頂きました。お電話では状況が分かりませんでしたが、どうやら高台の上に建っているようでした。さっそく状況確認の為に現地調査に伺わせて頂きました。

    新型コロナウィルス感染拡大防止の為、ソーシャルディスタンスやこまめな消毒、マスク着用の徹底に努めてまいります。

     

    高台に建てられていたお住まいの屋根点検調査

    高台に建てられたお住まい 北側には多く苔で覆われている

     

    こちらが現地到着し、確認できた高台に建てられたお客様宅となります。調査する為には通常三連梯子を地上から屋根の軒先へ架けて上がらせて頂くのですが、塀と外壁との距離が近すぎて梯子を架けるのが不可能だったため、脚立を使いバルコニーから上がらせて頂きました。立地や環境によっては外からだけの調査が出来ない場合がございますので、ご了承ください。

     

    屋根に上がらせて頂き、全体を確認させて頂きます。写真右は北側斜面になりますが、屋根全体が黄色く見えてしまう程苔に覆われてしまっておりました。苔や黒カビなどの汚れがスレート表面に繁殖している原因の多くは、経年劣化によりスレート表面に施してあるコーティング、塗膜が劣化し雨水を弾けなくなった結果による事がほとんどです。雨水を弾けなくなったスレートは表面から雨水を吸い込んでしまい、また日当たりがあまり良くない北面は特にそれを栄養素にし苔や黒カビの繁殖が進みやすいのです。

     

    塗膜が劣化してしまったスレートは美観の回復と防水性能の回復の為塗装が必要です

    苔が生えたスレート

     

    築が浅くても立地や環境によっては、写真の様に屋根表面が黄色く染まって見えるほど苔に覆われてしまう事があります。すぐ雨漏りしてしまうような事にはなりませんが、これが長年続いてしまいますと、本来塗装でのメンテナンスが可能なスレートが傷んでしまい、反りや欠け、クラックの発生が顕著になり塗装ではなく屋根工事が必要になってしまう事も多いのです。

    ですので、スレート屋根の場合は約10年前後で塗装でのメンテナンスが必要です。

     

    屋根の取り合いにある棟板金の釘浮き 雨水を吸いすぎると割れが発生します

     

    また、スレート屋根以外でも屋根には屋根材同士がぶつかる取合いに雨仕舞として棟が取り付けられております。スレート屋根には棟板金が取り付けられておりますがこちらも特に今回のように高台に建てられておりますと強風の影響も受けやすく固定する為に打たれている釘も浮きやすくなり棟板金自体がしっかりと固定できていない可能性もあります。しっかりと固定できていない棟板金には隙間が生じますので、その隙間から降雨時に雨水が建物内へ入り込んでしまい、最悪は雨漏りに繋がる事もあります。

    また、雨水を吸いすぎたスレートは写真右の様にクラックが生じます。もちろん、こちらからも降雨時に雨水がさらにスレートに染み込んでしまったり、屋根裏に回り込んでしまう事もあります。

    今回は調査の結果、割れが酷く進んでいるわけではない為、屋根塗装工事のご提案をさせて頂きました。スレート屋根はセメント瓦とも呼ばれ、防水性能はっ水性能は持っておりません。塗膜により防水性能を持たせておます。雨漏りに繋がる前に定期的に塗装でメンテナンスを行いましょう。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の外壁塗装やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      IMG_8524

      IMG_8524

      2022-01-25
      横浜市港北区新吉田町でスタッコ外壁の調査を行いました

      外壁の調査依頼をいただきました  横浜市港北区小机町にお住まいのお客様より、外壁の汚れが気になってきたので調査をお願いしたいとお声かけいただき、現地にお伺いしてきました。街の外壁塗装やさんでは、調査・見積もりまで無料で対応していますので...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2022-01-23
      横浜市青葉区鉄町にて片流れ屋根の点検調査、スレートの塗膜の経年劣化が始まっており塗装のメンテナンスが必要でした

       横浜市青葉区鉄町にお住まいのお客様より、築10年前後経過した事と訪問業者に屋根の事で指摘を受けたとの事もあり、私たち街の外壁塗装やさんへご相談を頂きました。  まだ築が浅いのですが、お住まいは立地や環境によってメンテナンス時期が変わってまいります。そ...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2022-01-20
      横浜市鶴見区向井町で屋根塗装をご検討中のお住まいを点検してきました

      そろそろ塗装かなと思っている  横浜市鶴見区向井町にお住まいのお客様より、そろそろ屋根の塗装をしようかと思っているので状態を見てほしいとご要望をいただき、現地にお伺いしてきました。屋根材はクボタ(現:ケイミュー)のコロニアルという屋根材...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る
      お問い合わせ