横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市港北区下田町で外壁の木部塗装!木目を隠さずに塗装するには?

    新型コロナウィルス
    対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市港北区下田町で外壁の木部塗装!木目を隠さずに塗装するには?

    更新日:2022年11月10日

     横浜市港北区下田町にて、お客様より屋根外壁塗装のご依頼をいただきました。玄関のある正面の外壁には木材が使用されており、数年前にお客様ご自身で塗装をされたそうです。ただ、その際塗料によって木目等が隠れてしまい塗膜もすぐに剥がれてしまったため、以来そのままにされていたということでした。
     そこで今回は、木目を活かすことのできる浸透型塗料など、木材の塗装についても触れながら工事の様子をご紹介してまいります!

     

    塗装時の様子

    現地調査

    塗膜が色褪せていました
    現地調査の様子

     お住まいの状態を正確に把握し、詳細なお見積り作成や適切な工事内容のご提案のためまずは無料にて現地調査を行っています。
     2階まで続いている緑色の部材が木部となっておりますが、塗膜が薄れてしまい全体的に白く霞んでいました。既存の塗膜は丁寧に除去し、新しい塗料を塗りこんでいきましょう!

    使用塗料はキシラデコール

     今回使用する塗料は浸透型塗料である「キシラデコール」のです。
     キシラデコールは実績50年以上と古い歴史があり、防腐・防カビ・防虫効果に優れ長期間木材を保護してくれます。カラーにはタンネングリーンをお選びいただきました。

    造膜型塗料と浸透型塗料とは

     お客様より、以前自身で塗装をした際に木目が塗料によって隠れてしまったとご相談をいただいておりました。木部に使用する塗料には「浸透型塗料」と「造膜型塗料」の2種類があるのですが、これは造膜型塗料の特徴によるものです。

     「造膜型塗料」は木材の表面に塗膜を形成する塗料なのですが、形成された塗膜によって木目が隠れてしまい、触れた際も木材の感触は残りません。ただ、塗膜を形成することによって耐久性・耐水性が高いというメリットがあり紫外線や雨風の影響を受けやすい箇所での塗装に適しています。艶を表現できることや、カラーバリエーションが豊富であることも利点ですね。

     

     一方の、今回使用させていただく「浸透型塗料」は塗膜を形成せず、木材に塗料を染み込ませることによって内側から耐久性を高めます。木の木目をそのまま活かすことが可能で、手触り・風合いもそのままです。さらに塗膜を形成しないため塗膜が剥がれてしまったり、膨れてくるといった心配もありません。耐久性こそ造膜型塗料に劣ってしまいますが、お住まいの目に入りやすい箇所などでご使用いただくことで木材の風合いをより楽しむことができます。

    工事の様子

    刷毛で丁寧に塗装します
    木部塗装竣工です

     木部へ塗装を行う際には下地処理(ケレン作業)が重要になります。下地処理を施さないと、汚れや旧塗膜によって新しい塗料の密着性が損なわれ、塗料の耐久性が低下してしまうためです。
     下地処理を終えたら、キシラデコールを丁寧に塗り込んでいきます。ローラーで塗装できない箇所は刷毛を使用して塗装していきましょう。また、玄関ドアも一部塗膜が剥がれておりましたので、同様にケレン作業を行ったあと調色し塗装いたしました。

    木部塗装の必要性・タイミング

     木材は日頃、雨風や紫外線の影響を受け劣化していきます。そのため塗料によって保護し、腐食やカビの発生から守ってあげることが大切です。
     木材は一般的に使用されることの多い外壁材と比較すると傷みやすく、使用塗料や環境によっても異なるのですが3~5年程度で塗り替えを検討していきましょう。
     まだ経過していない場合でも、色褪せや塗膜の剥がれ、表面の毛羽立ちなどが確認できる場合は塗装のサインとなりますので同様に塗装をご検討いただくことをオススメいたします。

     

     塗装すべきかどうか判断が難しいという場合は、街の外壁塗装やさんの無料点検をご活用ください。お住まいの状態や次回のメンテナンス時期などについてご説明させていただきます。新型コロナウイルス対策にも万全に取り組んでおりますのでご安心ください。
     また、外壁塗装工事をご検討中の方はWeb限定の外壁塗装プランがオススメです。費用は税込657,800円から承っております。木部へ適切なタイミングで塗装を行い、長く綺麗な状態を維持していきましょう!


     記事内に記載されている金額は2022年11月10日時点での費用となります。
     街の外壁塗装やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
     そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の外壁塗装やさん横浜支店

      街の外壁塗装やさんは日本全国へ展開中です!

       街の外壁塗装やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも外装リフォームを承っております。お住まいのエリアをお選びいただくと、各エリアの街の外壁塗装やさんサイト へ移動します。

      街の外壁塗装やさんは日本全国へ展開中です!

       街の外壁塗装やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも外装リフォームを承っております。バナーをタップすると街の外壁塗装やさん全国版サイトへ移動します。

      お近くの施工店を探す 千葉県 東京都 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 福岡県

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      IMG_8524

      IMG_8524

      2022-11-28
      横浜市青葉区大場町にてモルタル外壁の調査を行いました

      モルタル外壁  横浜市青葉区大場町にお住まいのお客様より、築10年以上が経過して外壁の状態が気になってきたので、点検と必要なメンテナンスの見積もりをお願いしたいとお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしてきました。外壁はモルタル外壁の...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2022-11-27
      横浜市都筑区茅ケ崎東にて外壁から雨漏りが発生しているお住いの調査に伺いました

      築20年で5年程前にリフォームを行っているようです  横浜市丸々区丸々町にて雨漏りが発生しているとお問合せをいただきました。お住いの外壁材は窯業系サイディング外壁でした。詳しくお話しを伺いますと築20年程度で5年ほど前にリフォームを一部...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2022-11-22
      逗子市桜山にて外壁調査!裂けたコーキングの中にある青いテープの正体は?

       逗子市桜山にお住まいのお客様より外壁塗装のご依頼をいただき、現地調査にお伺いいたしました。築13年ということでサイディング外壁の目地に充填されたコーキングの劣化が著しく、裂けてしまって内部にある青いテープが露出している状態でした。この青いテープについて、調...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る
      お問い合わせ