横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 瓦屋根に塗装は必要?塗装が必要なケースと不要なケース

         

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    瓦屋根に塗装は必要?塗装が必要なケースと不要なケース

    更新日:2024年02月08日

    こんにちは!街の外壁塗装やさん横浜店です!(^^)/


    屋根のメンテナンス方法の一つである屋根塗装には、屋根の耐久性・美観性を高める効果があります。


    ただし、瓦屋根の場合には屋根塗装は必ずしも必要ではなく、ケースによって塗装すべき場合とそうでない場合に分かれます。


    そこで本日は、瓦屋根に塗装が必要なケースと不要なケースについて解説をしていきます!

    瓦屋根に塗装は必要

    屋根塗装が不要なケース

    一般的な瓦屋根では塗装が不要となるため、まずは不要なケースからご紹介したいと思います。


    瓦屋根に塗装が必要かどうかは、粘度瓦なのか、セメント系の瓦なのかによって決まります。


    もしご自宅の瓦屋根が粘度瓦であれば、塗装は不要です!

    粘土瓦とは

    粘土瓦は日本瓦や和瓦とも言われ、その名の通り粘土を焼き固めて作られた瓦を指します。


    粘土瓦は焼き上げ方や釉薬の有無などによって様々な種類に分別され、以下の種類は全て粘土瓦の一種で、塗装メンテナンスが必要ありません!


    ・釉薬瓦(陶器瓦)
    ・いぶし瓦
    ・練込瓦
    ・窯変瓦



    *釉薬を使用していない粘土瓦を総じて、無釉瓦や素焼き瓦と呼ぶ場合もあります。

    釉薬瓦
    無釉瓦

    屋根塗装の目的は防水性の向上

    屋根塗装は屋根の表面の防水性を高め、屋根材の吸水による劣化を防ぐために行われます。


    釉薬瓦は瓦に塗られた釉薬によって防水性や光沢性を高めているため塗装が必要なく、
    無釉瓦であっても焼成時に含水率が低くなるよう作られるため防水性を高める必要がありません!


    また、塗装によって無釉瓦の持つ風合いを損ねてしまうことも考えられます。

    そのため上記のような理由から、ご自宅の瓦屋根が粘土瓦であるという場合は塗装が不要になります!


    ただし、粘土瓦であっても漆喰や防水紙などは10年ほどで劣化しますので、定期的なメンテナンスは欠かさないようにしましょう!

    劣化して剥がれた漆喰

    屋根塗装が必要なケース

    反対に、粘土瓦ではなくセメント系の瓦であるという場合には塗装が必要になります


    セメント系の瓦とは、セメント・砂・水を混ぜ合わせて成形された瓦屋根のことです。


    セメントは吸水性が高いため、セメント系の瓦は屋根塗装による保護がされていない場合雨水を吸い込んでしまい、ひび割れなどの劣化が起こりやすいです!


    以下でご紹介する2種類はセメント系の瓦となりますので、耐久性を高めるため屋根塗装メンテナンスが有効となります!

    セメント瓦

    セメント瓦は、粘土瓦に代わって一時期流行した瓦の一種です。


    粘土瓦と比較して安価で見た目も近いため重宝されていましたが、セメントを使用していることで通常の粘土瓦よりも重量が増えてしまうという難点があります。

    セメント瓦

    屋根は軽量であるほど耐震性が高まるため、耐震性が重要視されるようになったことで現在ではほとんど使用されなくなりました。


    そのため、現在もセメント瓦が使用されているという場合は施工から40年以上が経過している可能性が高いです。


    セメント瓦は屋根塗装が有効な瓦屋根ではあるのですが、築年数や耐震性を考慮すると屋根塗装よりも屋根葺き替え工事で屋根を新しくしていただくことをオススメします!

    モニエル瓦(乾式コンクリート瓦)

    モニエル瓦もセメントを主成分にしてつくられた瓦屋根です。


    モニエル瓦は流行したタイミングや特徴もセメント瓦と似ていますが、
    表面にスラリー層と呼ばれる着色層が存在することが異なります。

    モニエル瓦

    モニエル瓦はスラリー層によって着色がされていますが、日々の紫外線や風雨の影響を受け剥がれたり、色褪せたりするようになります。


    また、セメント系の瓦であるため吸水によるひび割れ等も発生しやすく、塗装メンテナンスによる保護が有効です!


    ただしスラリー層には塗料が密着しないため、塗装時には確実に除去してから塗装をしなければならないということに注意しなければいけません。


    スラリー層の除去が不十分なまま屋根塗装をしてしまうと塗膜がすぐに剥がれてしまうことになりかねませんので、モニエル瓦の塗装は必ず十分な知識をもった業者に依頼をするようにしましょう!

    瓦屋根のメンテナンスも街の外壁塗装やさんにお任せください

    瓦屋根は種類によって塗装の必要性が異なり、さらにお住まいの状態によっても最適なメンテナンス方法は異なります


    私たち、街の外壁塗装やさんでは工事前に入念な現地調査を実施し、お客様のご要望や、お住まいの状態に沿ったメンテナンス方法をご提案させていただいております。


    調査・お見積りは無料で承っておりますので、瓦屋根のメンテナンスをご検討の際はぜひお気軽にご相談ください!


     記事内に記載されている金額は2024年02月08日時点での費用となります。
     街の外壁塗装やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
     そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

    関連動画をチェック!

    最低限知っておきたい!塗装工事のポイント【街の外壁塗装やさん】

     今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


     こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
     お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の外壁塗装やさん横浜支店

      街の外壁塗装やさんは日本全国へ展開中です!

       街の外壁塗装やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも外装リフォームを承っております。お住まいのエリアをお選びいただくと、各エリアの街の外壁塗装やさんサイトへ移動します。

      街の外壁塗装やさんは日本全国へ展開中です!

       街の外壁塗装やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも外装リフォームを承っております。バナーをタップすると街の外壁塗装やさん全国版サイトへ移動します。

      お近くの施工店を探す 千葉県 東京都 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 福岡県

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る
      お問い合わせ